スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

給食導入に反対する微量放射線の怖い親達へ

 (お玉)娘の中学校は給食導入の試験校に選ばれて市内でいち早く実施して頂いた・・母子家庭や共稼ぎの多くなっている今、中学校の給食は親にとってどれほど有りがたいか・・ずぼらな私、身にしみておりまする。
地元近郊でもまだお弁当の地域も多く、給食導入を公約に入れて闘う知事候補や市長候補もおられます・・党ぐるみで給食について勉強会するところもあると聞いてる。
その、この期に及んで…・

 先日来、ちょっとしたイベント先や、ネット上で???な意見を目にしてとても違和感を感じた。
うちの地域は給食導入しようとしている。でも、子どもによってはアレルギーがあって給食がダメな子もいる。危ない食品を使ってるのではないかと疑って給食を食べさせたくない親もいる。なのに、なんで完全給食にしなければならないのか????というご意見。
 はあ・・・・はっきりはおっしゃらなかったけど、明らかに微量放射線が怖いから、検査していない食材を使って給食つくるな、そんなものはうちの子に食べさせません…というお話ですよね。

 何が子どもにとってリスクなのだろうか。微量放射線やら化学物質やらを「うちの子には食べさせたくない、だからお弁当」といえるご家庭ってすごいなとおもう。手作りがすごいんじゃないよ。そういう危ないらしいものを排除した食材を「高く」買うことが出来るわけでしょ。
 そういう事が出来ないであろう大多数の子供たちの悩みは「きちんと食べる」を実践できているのか?ではないのでしょうか・・

 これだけ子どもの貧困が問題になっている今、はっきり言えば脱原発運動や避難者応援の立場にいるであろう一部のお母さんたちが「微量放射線」怖さに給食に異議を申し立てる・それを政党や候補者にクレームとしてあげる・・・

ああ〜〜〜うまくいえないけど、「あかんやんか!!」

 微量放射線や化学物質気にする余裕のない、母子家庭やら共稼ぎの親をもつ子のために、給食は絶対に必要・・一日一食はきちんと取れる。子どもの成長にこれほど大事なこと無いんだと思うよ。

 どうしても給食が心配なら、子どもにお弁当をもたせれば良いだけのこと・・すると今度はお弁当をもたせたらうちの子だけ違うからって、いじめられるかも・・ってそういう論らしい。

 いじめられるかもと思うなら、いじめられないように、我が子を守ってあげなきゃ。それってけっして、給食制度を反対することではないと思うな。
 私自身無農薬や家庭菜園が嫌いじゃないだけに、なんか鼻につく、「手作りが安全で、わたしって いい親よね~」的な思考回路・・・我が子の為の無農薬もノンベクレルも敢えて言わせて頂けるとすれば、それは「親の自己満足」。せめて他の子までもを巻き込むのは勘弁してやって下さい。

給食に反対する、その同じ口で貧困家庭の現状を心配だと語らないで下さい・・ごめん、ちょっと今日の私は怒ってます・・


良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ
コメント

学校給食プログラム

>手作りが安全で、わたしって いい親よね~」的な思考回路

給食に限らず、他の問題でもこのての人はいらっしゃいますよね。

最近私も理解しだしたのですが、
『現状を把握し、問題点を洗い出し、複数の原因と複数の対策を並べて、改善目標とそこへ至る行程を想定する』
ことには一切興味がなく、自分がどんな人間であるかを演出できれば、現状も問題点もどうでも良い人は、いらっしゃるみたいですね。
えてして、良くも悪くも苦労していない・安定されている方に多いかと思われます。
そのような方々へは、どんなふうに説明するのが良いのか…悩んだことは多々あり、今だいい方法が解りませんが、なんとなく「言葉よりも図やチャートかな?」「Eテレ的なフリップ作るか…」くらいに感じています。

大阪方面の給食問題に関しては、WFPのビスケットと水でも配ればいいんじゃないかな?とは思いますけどね。
http://ja.wfp.org/activities/hunger/school-meals

アレルギーは別途用意するにしても、安全安心で貧困対策と教育にもなる訳ですから。

 手作りって、どうよって、思ってるので、いろんな人がいるなぁ…といっても、工場の安全管理なんて、あてになるかよとも思ってるけど…

 昔々学生の頃…わかるよね、何十年前か…ハム工場で深夜バイトしてた…今じゃ、ぜったいアウトな事をしてた…当時も今も、ハムには、賞味期限なるものが貼ってあったけど…そのバイトは大手スーパーから返品された品を賞味期限…つう名前じゃなかったと思う…ステッカーを張り替えて、ギフト用に梱包しなおす←ぎゃーーー…他には、いったん、きちんとパックされたハム類を全部開いて、なんかのプールみたいなんに放り込むと、別のラインでそれらが新たに梱包され、あらたに…ぎゃーーー…なので、雪印のミルクの再利用ってのも、「そりゃあるでしょ?」って、驚く事もなかった…
 昔々学生の頃、旅館でバイトしてた…老人会とか、会社とか団体客しか相手にしない旅館だったが、送迎用の白ナンバーのバスがあった…もちろん、今はダメ…私らの仕事は、団体客の宴会の準備…それは、荒っぽい…団体客をあつかうホテルや旅館には絶対泊まらなくなったのは、そのときの記憶が鮮明だから…
 そんなんは、ここ十年くらいで整備された話なので、昔といっても、何十年前くらいだったら、この程度だったつうこと…暫時、色々改善されてるとは思うよ…

 それにしても、最近の万年筆ブームは、目に余るものがあると、相変わらず、ヤフオク連敗中のsv400s_dracinでした
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。