スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

集団的自衛権の反対運動もええけど、私らが一般人がすべきは憲法九条をノーベル賞に!!ではないでしょうか・・

集団的自衛権について、うちら護憲派がどのような活動をすれば効果的なのかが、見えてこないです。街頭で反対署名を集めるとか、チラシを配るとか、そりゃやれることはいろいろあるわけですが、各社新聞の世論調査が概ね安倍さんの思っている集団的自衛権に対して「やだ」と言っている中で、何をすればいいのやら。
はっきり言って、安倍さんはたとえ国民の9割が反対しても「やる」と思う。

いま、私ら反対派にこれほど風が吹いてきててもやるわけで、選挙もしばらくない中、何をしたら効果的に訴えられるのか。先日も書いたけど、それは集団的自衛権を懇切丁寧に説明することではないなあと思えてならないのです。

そんなゆき詰まった気持の中、ちょっとうれしい情報が…・

「憲法九条」をノーベル賞に

おお〜〜これどうよ!!
なんだか、具体的に「平和」を語る運動につなげること出来そうな気がしてきました。

うちらは素朴に「平和ってええよあな」を訴えていたい。先進国にもかかわらず、戦後七〇年もの間、一回もよその国に鉄砲打ったことのない国です。こんな国、よそにないよ。これってすごい事なんだよって、今こそ、みなさんに語りかけるチャンスじゃあないですか?
難しい政治自体に働きかけるようなことは、超左翼おじさん系列の人たちにお任せして、私たちはもともとの気持に立ち返った運動を展開させた方が、良いようなそんな気持でいっぱいになったニュースでした。

良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ

コメント

私も集団的自衛権はその意義はともかく、いくら解釈を重ねても違憲であることは避けられないと思います。安倍首相は集団的自衛権をうたうのであれば改憲すべきですね。またこの問題は国防軍とセットで議論すべきだと思います。
憲法9条をノーベル平和賞にというのは一見いいアイデアですが受賞者はアメリカ政府になるのではありませんか?
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。