スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットで子どもを預かってもらわねばならない


 預けられた男の子がなんらかの原因で死亡し、ベビーシッターの男性が逮捕されました。
 私は、ニュースを見るまで、インターネットでベビーシッターを見つけて預けることができるとは、知りませんでした。この件に関して、乙武さんと鈴木宗男さんが激論を交わしていますが、お二人とも保育制度の充実を図らねばという部分で同じことを言いつつ、母親に対しての思いがまるで違うのですね。
鈴木さんは、危険を冒してまで子どもを預ける母親に対して、辛辣に批判しています。一方乙武さんはどうしてもそこへ預けなければならなかった母親への心情を思いやり、鈴木さんを非難しています。
また、乙武さん自身も追いつめられて、頼れる人間がいなければ、この制度を使ったかもしれないとおっしゃっていますね。

私も同じことを思いました。だから決して母親を責める気持になれません。

私の子どもが0歳の娘と小1の息子の子育てまっただ中の折、母と祖母が同時に末期癌になって、入院したことがありました。親戚の少ない環境で、私以外の介護者がいなかったもので、京都と神戸の病院を行ったり来たりしておりました。
 先ず困ったのは小1の息子を学童保育に預かってもらえなかったこと。まだ小学校へ入学して間もなく、一人で家に置いておくのもかわいそうでしたが、どんな理由であれ、学童保育は途中からは入れなかったのです。これは下校時間に合わせていったん私が帰ってくることでなんとかのりきれました。 

 さて続いて、この息子までもが喘息で入院してしまい・・一時的に私は三つの病院をかけ持ちするようになりました。娘を連れ回すわけにはいかず、でも公的な保育園には預かってもらえない・・二日に一度はどこかに預かってもらわねばならなくて、困り果てました。
 無認可の保育園は値段もピンキリですが、結局、少しこましな、でも安いところに比べて倍以上の値段の保育園に預かってもらいました。正直、お金のやりくりがとても大変でした。娘一人だけだったから何とかなったと思います。
 また、介護生活と共に私の気持ちの中で、子どものことを考えてあげる余裕が、疲れと共にどんどん失われていきました・・あのとき、ネットでベビーシッターを見つける制度を知っていたら、利用していたかもしれないのが、私の正直な気持ちです。

いまのお母さんたちは、あの頃の私よりももっと深刻だと思います。母子家庭の貧困率は上がっていますし、共稼ぎ家庭であっても、保育園に入園できない子どもも大勢います。

 娘が幼稚園に入園するまでの保育時間を、お金で買っていた私は、普通の公的な保育園のことをあまりよく知りませんでした。以前ふと「なぜお母さんたちは、家事とご飯作りをすませてから子どもを迎えに行かないの?そうすればお母さんにも余裕ができて、子どもとゆっくり過ごせるのに・・」と超左翼おじさんにいったら、そういう事はそもそもしてはいけないンだと教えてもらいました。仕事が終われば直行で迎えにいく・・これが決まりなのですね。

子どもを育てることがどんどん大変な時代になっています。近所にお友だちや親戚、自分達の両親が住んでいなければ、親はどんどん追い込まれてしまう。

 保育園には入れない、数が足りない・・無認可だと高額になる・・
今回の事件で、ネットを利用して子どもを預ける人が増えるのではないかとわたしは思うのです。 
 国も自治体も箱物作りが進まないんだったら、いっそ、協力して、ネットの保育ビジネスをもっと充実させて、安心して預けることのできるシステム作りに取り組んだ方が、いまのお母さんのニーズにはかなっているのではないでしょうか・・



良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。