スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍さん、慰安婦問題で逆襲か!?

(超左翼)

 河野談話の見直しをしないと表明したのは、もちろん、世論と運動の反映である。だけど、安倍さん、その追い詰められたコーナーから、一発逆転をねらっているのではないか。そんな感触がする。それは談話の検証という話とくっついているからだ。

 この検証というのも、当初は、見直しのための検証という文脈で使われていた。慰安婦の証言の裏をとるという意味での検証である。そして、その証言にいろいろな矛盾があることを検証し、河野談話が依って立つ事実そのものがないというようにしようと思ったのだろう。

 だけど、ここにきて、検証するのは、談話の作成にあたって韓国側とのすりあわせがあったかどうかという一点だということになってきた。そうなると、安倍さんの意図は、別のところにあるように思えてきた。

 当初、そういう言い方が浮上してきたとき、これも河野談話批判の材料にするのかなと私は思っていたのだ。日本政府の談話なのに、韓国側と文面をすりあわせて発表するなんて、自主性を欠いたやり方だという批判材料である。

 しかし、違うみたいだね、いまは。河野談話は、発表前に文面をすりあわせたものであって、韓国側と了解と合意を得たものだということを強調したいようだ。

 なぜそこを強調したいのか。それは、韓国政府もそれに合意したのに、それ以降、河野談話を越えるものを要求しているとして、韓国側の理不尽さを明らかにしたいからではないだろうか。

 実際、日本側は、河野談話を発表し、その水準でアジア女性基金をつくり、慰安婦に総理大臣名のお詫びの言葉をおくり、一定のお金も渡してきた。そして、韓国をのぞいては、それを受け容れてきた。

 ところが、韓国政府は、その受け容れを拒否したわけだ。この韓国政府の態度は事実上、河野談話の否定につながるものなのである。

 安倍さんがねらっているのは、河野談話は韓国側の了解を得たものだということを明らかにすることによって、慰安婦問題は決着したのだということを強調するためだと感じる。内閣として河野談話は見直さず、継承すると表明しさえすれば、韓国側からこれ以上なにか言われる筋合いはないと主張したいのだ。

 河野談話は、日韓両国政府の合意したものなのに、韓国側が(あるいは日本の左翼が)その水準ではダメだと主張しているという構図になると、「相手が満足するまで謝ったのに、また蒸し返している」という現在の世論が、あらたな材料を得て加速することになるのだ。これは悪夢である。

 だから、河野談話以上の水準でなにかを求める人、アジア女性基金を超える水準のなにかを求める人は、この談話を単純に賛美するなんてことをしてはならないのだと思う。その水準でいいなら、構わないのだけれど。

良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。