スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポストちゃんって、あそこの病院以外を想像できないよね。

一話を見ていた娘チェリーへの私の一言は、
「なにオカルト見てるの?あんた怖がりのくせに。」
パッと見、そのくらい、画面がおどろおどろしてて、こわかったです。読売テレビの「明日ママがいない」

見る気になれず、私はそのままリビングから離れましたが・・・その時点ではポストちゃんの件やら児童福祉施設の描き方が変とか、気がつかなかったけれど、翌日から、いろんな方面から批判が出ているそうですね。

今までも、学園ドラマや医療系ドラマで「今時、そんな学校ないで。」という話はたくさんあったけど、暴力教師や悪徳医師の話だったらそれはまだ、面白おかしく、そして怖くても、OKだったと思う。批判されても、「表現の自由」で無視して放映しても構わなかったんだろうなと理解できます。

でも今回はかなりあかんように思います。

「ポストちゃん」というだけで、誰でも慈恵病院の赤ちゃんポストをイメージしてしまうわけで(それしか想像できない)、里親制度や養子縁組制度がやっと、軌道に乗りつつある今、なんで敢えてそういう表現しなきゃならんのか???理解できない。

でもさ、こうやって、話題になれば、やっぱ、そこそこ視聴率とるんだよね。CMで流すのを自粛する企業も出てきているみたいだけど、業界的には視聴率取れれば「勝ち」なんでしょうねえ。

でも、これでいい方向に向かうかもしれない。これほど、里親のことや児童養護施設のことを注目してもらえることはなかった。間違った捉え方をしているドラマに対して、はっきり「違う、本当はこんなところだよ」と発信することで、以前から偏見を持っていた人達も考え方を変えてくれるかもしれない。

わたしは、施設出身だと公表している有名人の方々や、関係者の方々を応援しています。
そして、ドラマが中止が無理でも、せめて、子供たちを傷つけたかもしれないという点にたって、謝罪はしてあげてほしいな。



にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。