スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘイトスピーチにはかばえるところはないよね。

 超左翼おじさんはいまだお忙しく、週末の講演会や左派びっくりの本の執筆にも取り組んでおり、このまま年末まで突入するのかなあ・・と思います。(身体が資本やで。ちょっとは仕事減らそうね・・・)
ふと気になったので、書いておきます。

 右派ではなく、左派こそがが朝日新聞やサヨク的過激な行動、間違ってる論を正さねばならないのと同じく、在特会のヘイトスピーチは右派に正して頂きたいですね。いろいろコメント欄でうちの記事について批判的な論考を書きながら、「在特会ヘイトスピーチにも理がある」とかばう姿(私にはそう見えますが)を見ると、なんだサヨクと同じじゃん・・って読んでいる人に思われる事ではないのかな? ダイスさんの書く内容ではなく、書き方が、左翼で頭のいい人がやってることに似てる気がしてきてます。
 ・・と言うことを遠慮がちに、でも一貫して右派の一般人さんややじうまさんはおっしゃってるのかなあと思うんですが。どっかなあ

 表にはまだ出てないけど、超左翼おじさんの朝日新聞批判って、かなり厳しいんだよね。まあ、たかがうちのブログ程度で批判する分には全然影響なんて無いけどさ、超左翼おじさんは実名出して本にするんだもの、しかも大手から・・・・大変だろうなあと思ってます。(いろいろ、影響あるかも知れない。)でも、やらねばならないって、大事なことだからって。左翼再生のために頑張ってるんだとおもう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。