スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「美味しんぼ」を「赤旗」がとりあげない理由

 (超左翼)先日、放射線防護学などの専門家数名が集まる場所にいって、いろいろ議論してきた。そこで話題になったことのひとつが、「美味しんぼ」のいわゆる鼻血問題について、報道機関がどうとりあげてきたかという問題だった。

 「美味しんぼ」の立場に賛成するにせよ反対するにせよ、きわめてホットな問題で、報道機関なら絶対に無視できない問題である。ところが、共産党の機関紙「赤旗」がこれをとりあげていないということで、その場でいろいろ議論になったのである。

 集まったなかには「赤旗」と親しい人もいて、記者が弁明する理由を開陳してくれた。内部に「美味しんぼ」の立場に賛成する人と反対する人がいるので、統一的な見解をもてないため、報道そのものを控えるというのが、その理由であった。

 しかし一方で、同じ放射線被曝の問題で、賛成と反対が分かれるような問題であっても、「赤旗」が報道していることもある。放射線被曝はすごいことになっているというような内容だと、その真偽があまり問われることはなく、チェックがあまりされないらしいのだ。「この報道はおかしいだろう」と意見を出したところ、「すみません。あまりチェックしないまま報道しました。これからは大丈夫です」という弁解があったそうだ。

 こういう問題について、議論になった。「政党だから、意見の分かれる問題で、「こっちが正しい」と言ってしまうと、別の立場の人の支持が離れるので、仕方ないよね」という意見もあった。他方で、科学を標榜する政党なのだから、たとえ一部を敵にまわすことがあっても、「真理」を追及すべきだという意見もあった。

 実際、意見が分かれる問題ではどちらの側にも与しないということになると、変なことになるんだよね。たとえば、安保条約なんか意見が分かれるのに(というか、最近は、支持する人が圧倒しているが)、共産党は「廃棄」一本槍である。

 自分のアイデンティティを貫くということと、政党だから政権を獲得するためにアイデンティティを脇におくということと、そのバランスは難しい問題だよね。

 でもこれは、共産党だけの問題ではない。私だって、自分のアイデンティティはあるけれど、そのアイデンティティは、国民多数の支持をえなければ実現できないということもあるから、バランスを考えなければならないしね。

 こういうことで悩むこと自体が楽しいことでもある。未踏への挑戦だから。


良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ



コメント

複数掲載すれば?

何故、一種類の意見しか載せないのでしょうか?

更に言えば、賛成か反対だけじゃないでしょ。
出版物として、ウソや憶測を描いていいのか?
登場人物に実在の人を登場させて、現実世界として描くのでなく、別の設定ならばいいのか?(某、長島県の様に)
美味しんぼの過去の主張を含め、原発以外も並列して評価したり、不安をあおつて部数を伸ばすテクニックについて評価したり。
たかだかマンガにあれこれ言う必要があるのか? ならば、エッチな作品は青少年に悪影響があるとかいう主張はおかしくないか?

など、一本槍どころかファランクス位に、槍を並べても良いのでは?

しかし、美味しんぼがホットな話題・・・かどうかは悩みます。
紙面のさきかたは、どのくらいが妥当かは、ちよつとわかりません。
別の何かと関連づけて、紹介するのがベターですかね

No title

報道機関であるなら、美味しんぼの内容が正しいかどうか取材して結果を書けば良いだけでは?

党員向けの機関紙だから反原発の姿勢を明確にしなければならない、けど美味しんぼの内容を反原発として利用するのは難しい、と言ったところですか。
まあ赤旗なんて党員くらいしか読まないんだから、好きに書けば良いと思います。

No title

放射線障害の問題は解明してない部分が多く、諸説紛々。総じて原発推進の立場にあるIAEAやICRP(国際放射線防護委員会)などは軽めに見積もり、それを国がいかにも国際標準だとして福島の基準にしています。そのあたりの歴史的経緯は中川保雄著「放射線防護の歴史」に詳しく書かれてあり一読をお勧めします。
ICRPを批判する医学者や科学者もたくさん存在するわけで、NHKで放映されたように、原爆の黒い雨問題―いわゆる内部被曝の影響もICRPは恣意的な低評価をしていたというような真相がメディアで明らかになりつつあります。
また、ECRR(ヨーロッパ放射線防護委員会)とICRPの評価も原爆や原発の放射性物質による推定死者数もECRRのほうが数十倍も多く見積もっています。どちらが正しく思うかはそれぞれでしょうが、国が援用するICRPでさえ180万人も犠牲になったという数字をどう考えればいいのでしょう。

鼻血問題も医学的な定説があるわけでもなく、実際のところ因果関係がわからないということしか言えないが、まったく鼻血に関し問題がないとも言えないのが現状です。わかないは問題がないと同義語ではない。
実際、チェルノブイリでも問題になっているし、福島でも鼻血が出て心配だと言う人も各種の調査で存在しています。さらに言えば鼻血のことを言う雰囲気にないというほうが大問題でしょう。この問題を風評被害として押さえつける国や一部の医療関係者(山下某など)の存在のほうが問題だと、私は思っています。

長年反原発の運動をしてきたものとしては、内部被曝(ガンマー線による低線量被曝とは違う)の問題点は福島原発事故以前から指摘しており、チラシ等を配布したりしてきましたが顧みられることはなく、事故が起きなかったら今でもこの問題は一部の跳ね上がりモンが騒いでいるとしか国民の大多数が思っていなかったでしょう。

No title

>  自分のアイデンティティを貫くということと、政党だから政権を獲得するため
> にアイデンティティを脇におくということと、そのバランスは難しい問題だよね。
>
>  でもこれは、共産党だけの問題ではない。私だって、自分のアイデンティティ
> はあるけれど、そのアイデンティティは、国民多数の支持をえなければ実現でき
> ないということもあるから、バランスを考えなければならないしね。
>
>  こういうことで悩むこと自体が楽しいことでもある。未踏への挑戦だから。
あぁ、サヨクな方の言葉に全面的に同意する日が来るとは!
松竹さんの発言に、この様な傾向を感じることは何度かありましたが、やはりだったのですね。
もっとも、バランスに関しては、未だに「反日MAX!」であり、一般の方々の支持を得るには遠いのではありませんか。
しかしながら、コメント欄のサヨクな方々の様に汚い言葉を使ったりせず、論理を(できるだけ)飛躍させたりしないで意見を述べる姿勢には、危険を感じています。

松竹さんの様な方が、9条教から目を覚ませば(反日は9条教義の源泉ですからね)、日本の左翼として有意義な存在になれるのにと感じる故に、大変残念に思うしだいです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。