スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暴力と実力」再論

 (超左翼)お玉おばさんからのリクエストがあるので書きます。その前に、「男組」全員が釈放されたそうで、うれしいです。

 この問題では、一般論が通用する範囲と、それが通用しない範囲があると思います。だから難しい問題なんですけど。

 民主主義社会では、言論に対しては言論で対抗するというのが、一般的なやり方だと思います。ヘイトスピーチなどに対して法規制を求めるという気持ちは理解しますが、権力(法をつくる権力とそれを執行する権力)を強化し、それに頼って問題を解決しようとすることは、つねにその強化された権力がこんどは誰に向かうのかという問題になってきます。

 権力に対する信頼性がそれなりに確立されている社会では、そういう方向がめざされるべきでしょう。だけど、日本がそれほどのところに到達しているとは、私には思えません。秘密保護法やら集団的自衛権やらがこれほど問題になっているわけですから、ヘイトスピーチの問題では権力がいい動きをするとは考えられない。

 そして、そういう程度の権力になっているのは、私たち国民が権力を監視し、コントロールする力が弱いことの証でもあります。だから、言論の自由や民主主義が脅かされたとき、法規制を強化するという方向ではなく、国民自身の言論の力で解決するという経験を積み重ね、強めていくことが大事なのだと思います。

 その国民の力は、合法的なものであることによって、世論の支持が広がり、力が強くなるというのが一般的な方向でしょう。言論の自由のない社会のことを考えても、一般人を巻き込むようなテロに訴えていては、めだちはするけれど支持が減っていって結局は力を失うわけですから、ましてや言論の自由が保障されている日本で、非合法な暴力を正当化することはできません。

 ただ、すべて合法的なものでないとダメかというと、そういうわけでもないと思われます。たとえば、沖縄の辺野古に新基地を建設するため、反対派の妨害を排除しようとして立ち入り禁止区域を拡大するということがやられています。そういう場合、禁止区域に入ることは違法なこととされるわけですが、あえてごぼう抜きされるような場面をカメラにおさめ、世界中で放映されることなんかは、アメリカ世論を動揺させ(基地建設への支持をへらし)、基地建設を断念させることにつながると思います。もちろん、こちらが暴力をふるったりしては逆効果でしょうけどね。

 ということで、やはりこの問題は難しい。だけど、考えるべきカナメとなるのは、世論の支持を得て力を強めることができるかどうか、ということではないでしょうか。


良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ
コメント

No title

この件に関して、永遠に平行線を辿りそうだったので追加でコメントはしなかったのですが
>世論の支持を得て力を強めることができるかどうか

自分がコメントしてきた中の主軸はこれで、目的達成の為の実力行使の正当性の有無だとか、在特会がいかに酷い団体で男組が義がある団体だとか、そういう事を突き詰めた話を書いたつもりはないんですけどね・・・。
「どっちもどっち」は本当に私だけが思ってる感覚なの?って事なんです。みんな「どっちもどっち」って思ってるよ?世の中の人に聞いてみなよ?と書いたんですけどね。
これに関してもし「どっちもどっち」がズレてるというのならば、それを分かりやすく、かつ実際に世論を納得させなければ理屈・理論で「正しい」と思われてる事を連呼されても「あ、はい・・・」「でもどっちもどっちって感覚なくならないんですけど」としか言えない訳で、それで「ふぁーすとさんあんた間違ってるで!」というのは・・・
別に自分が国民の代表だ!とは言いませんが、自分のこの件に関する感覚は世論とそこまでズレた意見ではないと思ってます。
これで「世論がミスリードされてる。世の中アホばっかしだな!」だと相変わらずリベラルの方は理屈だけの方々だなという感想で落ち着きます。

No title

他のトピで書きましたがこれに尽きるでしょ。

A君とB君が喧嘩をしていて横でC君がブルブル震えている。
理由を聞いたらA君が出生に関わる問題でC君に殺害予告を訴えながら執拗に排除を迫って、それを見かねたB君がA君と喧嘩になった、と。

A君=糞在特
B君=カウンター勢力
C君=在日

こういうのは「どっちもどっち」とは言わない。
出生に関わる問題で殺害予告を訴えながら執拗に排除を迫ることを何とも思わない人以外は。
「いや、そんなこと無いよ。皆どっちもどっちと思っているよ」なんて意見は、日本人への侮辱以外のなにものでも無い。

暴力をふるったりしては逆効果ってわかっているなら

キャンプシュワブで警察の制止を振り切ってまで一般車両に襲いかかる連中にも抗議しないとおかしいですね。

実際の動画を見たい方は「自称市民団体が市民を襲う」で検索かければたくさんヒットします。

No title

あらら

「工事車両専用出口からキャンプ
シュワブを出る」って言ってん
だから一般車両じゃないのは明白
じゃん。
よくもぬけぬけとデマを流せる
もんだ。
そういう事していると、また同じ
   思想の人からも邪魔者扱いされ
   ちゃうよ。

   また、絶景を見せてくれるのかな

No title

>キンピーさん

いや、まったく・・・話が通じていない・・・。
以前もまったく同じ話を書いて全然違う話に繋げられてしまいましたが、日本人の侮辱でもなんでもいいですけど、俗に言う「お綺麗な都市」で「在特会のヘイトスピーチや殺人予告のような行動と男組のここ最近の一連の行動、どう思う?」と聞いてみてくださいと。これも前書きましたが前提条件で「在特会はこういう酷い活動をやっていて、男組の行動にはこういう意図があったんだよ」なんて説明を前もってした上で聞いたって一般の人の認識なんてものは掴めないのでもちろん前提情報は無しで、です。
まあそこで得られる結果が、一般国民の認識不足と繋げるのか右傾化が進んでいると危惧するのか、それはその後どういった対策をしていくか考えるのかどうか、それは分かりませんが「いやぁ、男組の今回の行動と在特会のヘイトスピーチはまったく異質なもので、明らかに在特会側のほうが問題あるでしょ」と、大多数の人が思ってる・・・という認識の方が甘いかと。

これまた前も書きましたが「じゃあお前がキチンとアンケートなり何なりして統計出せ」と言われたら「あ、はい出せません」としか言えませんけどね。

これを読んで「ああ、ふぁーすとはマジョリティの皮を被ってコメントしてるんだなwwww」と思うなら、それで結構ですが・・・。

さすが思想が違えば平然と排除する共産党員

共産党員の感覚だと、気に食わない工事車両は襲っていいんだ。
良い勉強させていただきました。
ありがとうございました(^_^)

風が吹けば桶屋が儲かる

>秘密保護法やら集団的自衛権やらがこれほど問題になっているわけですから、ヘイトスピーチの問題では権力がいい動きをするとは考えられない

秘密保護法や集団的自衛権と、街で騒いでいる人をとりしまるのに、関係は無いと思います。
暴走族やヤンキー集団を取り締まると、秘密保護法や集団的自衛権と関係があるのでしょうか?
最近は小規模ですが、峠で公道レースしたり、正月に箱根方面で騒いでいる集団を取り締まると、やはり秘密保護法や集団的自衛権と関係あるのでしょうか?

秘密保護法や集団的自衛権から、ヘイト問題に繋がる流れを、風が吹けば桶屋が儲かる的な流れで、説明して頂けますでしょうか?

No title

結局のところ、これですよね。

> その国民の力は、合法的なものであることによって、世論の支持が広がり、力が強くなるというのが一般的な方向でしょう。言論の自由のない社会のことを考えても、一般人を巻き込むようなテロに訴えていては、めだちはするけれど支持が減っていって結局は力を失うわけですから、ましてや言論の自由が保障されている日本で、非合法な暴力を正当化することはできません。

左翼全体が衰退したのは、過激派の暴力によって世間に見放されたからですしね。
一部の過激派が全体のイメージを損ねる。
・・・それだけなんですけどねぇ。

No title

  ん。
  無知もここまでくれば、、
  
  共産党は民衆のための軍隊で
  あって、必要とあらば「血の
  日曜日」のように民衆の楯になり
  民主主義が機能しなければ
  民衆の利益のために議会すら
  排除することも厭わない
  組織なの。  

  なんだか君を見ていると
  淀川でアザラシを発見した
  ようなホッコリした気分
  になるね。

No title

ふぁーすと さん

糞在特のメディアでの露出は多く、そのデモの内容に多くの人が嫌悪感とショックを受けます。
そういった情報が共有されている中で「どっちもどっち」というのは、在特に嫌悪感も無ければショックも受けないような人なのでしょう。
見解の違いは糞在特のデモに対する評価の違いです。
少なくとも貴方は、貴方が描く空想の中の「認識不足の一般国民」ではなく、糞在特のデモの内容を知っているわけでしょう。
知った上で「どっちもどっち」と思うのですから、そうせざるを得ない思想が貴方にあるということです。


憂う者さん

暴力を背景にしたキューバ革命は成功し、民主主義を重んじたチリのアジェンデ政権は滅ぼされた。
しかしキューバ革命に尽力したゲバラもコンゴ・ボリビアでは失敗する。
またハマスはテロ組織と認定される場合もありますが、民衆の支持を得ています。
暴力の有無で評価が決まるような単純な問題ではありません。
そして民主主義は、為政者も民衆も民主主義を守ろうという意識が希薄になれば、いつでも流産する危機を孕んでいます。

No title

キンピーさんの頭の中の「空想の一般国民」はデモの内容を見て衝撃を受け、その情報が共有されてる中でどっちもどっちなどという結論は出ないという事ですね。

自分はそうせざるかどうかは分かりませんが、在日朝鮮人の多くの人に対していい印象を持っていないのは確かです。
ただ、これは完全に個人的な情報ですが、在日(3世。母親は帰化しなかったけどその方は帰化してました)と恋人付き合いした事があり(汗)、それで多少、以前より見る目が変わったつもりではあります。

以前から似たような返答は頂いてますけど結局キンピーさんの中で「日本国民は糞在特のデモのに嫌悪感とショックを受けて、どっちもどっちなんて答えは絶対に出ない」という性善説とは少し違いますが、思い込み・思想の偏りによる結論ありきですね。
何度も書いたように街で聞いてみたら分かる事だと思いますが。

ちなみに周りの割と左寄りの人間から保守よりの人間まで暇つぶしに聞いてみましたけど、割とどっちもどっちでしたよ。もちろん私の「偏った思想」の中で選んだ人間かもしれないし、加えて数が少ないので当然、統計上の価値はないですけどね。

辺野古沖の闘争について

見かけ上は違法だが、権力の暴力あるいはヘイトスピーチのように一見合法的に見えるような暴力に対して民衆が採りうる手段は非暴力直接行動(実力)しかありません。
つまり、法には上下関係があり、上位の法に反する下位法はもちろん、権力の命令も規則も、あるいはヘイトスピーチも無効であり、国家が恣意的に上位の法を守らない、暴徒の暴力を取り締まらない場合、民衆が直接行動をとることは当然許されるべきものです。
真に法を守るということは、上位の法に忠実であること、つまり下位の法を破ってもなんら咎められるべきではありません。反対に上位の法に違反する下位の法を破るということは真に法を守るということ。これが法治国家としてのあるべき姿でしょう。「悪法も法なり」は俗論に過ぎません。

その一例が辺野古沖の埋め立てに対する反対行動であり、私自身も参加した山口県上関原発建設予定地の田ノ浦海岸埋め立てに体を張って阻止した行動でしょう。
これらの行動は下位法によれば違法行動になり、逮捕の対象ですが、国家権力(海の埋立の場合は海上保安庁)は自らも正義に反すると思っているのか世論を恐れてそう簡単に手は出さない。

沖縄・辺野古沖も、上関原発建設予定地の田ノ浦も絶滅危惧種がたくさんいる貴重な自然が残されている海だが、いったん埋め立てられると自然はもう元には戻りません。
埋立の根拠となる公有水面埋立法だが、その上に何が作られるかほとんど考慮されていません。この法は大正10年に制定されたままいまでも改正なく生き続けている欠陥法です。
それをいいことに、国家権力は「粛々と法に従って進めていきます」と埋立を強行しようとしているのです。
裁判に訴えればいいのではないかという意見もあるでしょうが、裁判所は国家権力の一翼、国家に都合の悪い判決は期待できないでしょう。
だから、国家の悪行を阻止するには直接行動(実力)しかありません。

「どっちもどっち」論でいけば違法行為だからダメだということになるのでしょうが、こういった態度は権力側あるいは権力に寄生する輩が好んでとる態度で批判されるべきものです。

No title

ふぁーすとさん

国際問題にもなっているアノ糞在特のヘイトを見ても何も感じない感性の持ち主で、もともと嫌韓だったら「どっちもどっち」ということになるでようね。
しかしそれが一般的なのですか?
日本ってそんなに国際常識から外れた国だったのですか?

国際問題にもなっているヘイトスピーチをおそらく国際的には理解されない理屈で法規制に反対してたら、それこそ日本人はヘイトを撒き散らすものも表向き反対しているものも国際的にはどっちもどっちに見えませんかね?
国内的にどうであれ国際的には法や契約は大きなウェイトを占めてますから法による何らかの規制なしにはどっちもどっち扱いされても仕方ないと思いますけど。

No title

やじうまさん

天下の法度、あるいは天下の大法という言葉を聞いたことはないでしょうか。
いまでいう一般的な法習慣ですが、少なくとも法と道徳の概念を区別しながら近代国家となっていた国々や、コモンローへの理解がある欧州では、十分理解されると思います。

No title

キンピーさん>
>暴力の有無で評価が決まるような単純な問題ではありません。

ここは日本なので。キューバでもチリでもありません。
日本じゃあ暴力は受け入れられなかったし、今でも受け入れられていませんね。
共産党?今どうなってますかねぇ?多数の支持得られてます?現実見ましょうよ。

熊毛太郎さん>
>見かけ上は違法だが、権力の暴力あるいはヘイトスピーチのように一見合法的に見えるような暴力に対して民衆が採りうる手段は非暴力直接行動(実力)しかありません。

見かけ上も何も完全に暴力だったんですが。
良い記事があったんで貼っておきますね。

反レイシズム団体のダメさ加減が在特会、ネトウヨを生き返らせている!?
http://n-knuckles.com/serialization/series/news001508.html

> こうした愚策に次ぐ愚策を「反差別なんだから仕方ない」と自己弁護し続けた結果が今である。今回在特会のデモ参加者を骨折させた人間達は、悪びれる事もなくこう言うだろう。「反差別なんだから仕方ない」と。 様々な運動の失敗フラグである "カルト化" や"原理主義者化"が、ここまで早く進んだ例も珍しい。
> 反レイシズム運動の中枢にいる人間らに言っておくが、お前達がしゃしゃり出て来た時には、すでに在特会らは追い込まれていて、動員力も何もかも落ち込んでいたのだ。それを周回遅れの後乗りの分際で引っ掻き回し、勝手に敵を増やし、落ち目になったはずの在特会らに息を吹き返させるとは何事か?

暴力行為を支持するとヘイト団体を付け上がらせるだけです。なんでそれが分からんかなぁ。
まあこれに限らず不法行為というのは対立勢力の格好の攻撃材料にしかなりえません。
常識で考えれば分かる事なんですが・・・

No title

憂う者さん

貴方は薩長のテロリストどもがやった明治維新を否定するのですか?
明治維新に至るまで暴力が行われなかったとでも言うのでしょうか。
会津は何で滅んだのでしょうか。
そんなに昔のことではありません。
もう少し日本の歴史を見てください。

それとヘイトスピーチを法規制したいのなら、素直にそのように主張すれば良いだけでしょ。
法規制しちゃえば、そのカウンターは消滅するのですから。
私は法規制には消極的ですけどね。

日本ですら在特としばき隊がどっちもどっち思っている人がいる状況で国際的な理解が得られるものですかね?
国内ですら理解が得られていない状況で国際的に理解が得られると思いますでは説得力が弱いのでは。

それに国際的にヘイトスピーチを法的に規制すべきという認識があるのなら法規制を行っていないという事実自体が、ヘイトスピーチを容認していると執られても仕方ないんじゃないでしょうか。

どちらにせよヘイトを撒く側もヘイトを許さないと主張する側も「ヘイトを法により規制すべきでない」という点では表向き一致していることには間違いありません。

もちろん善意の目で見てくれる人や国なら日本の実態を理解してくれるかも知れませんが、実態を知った上で物事を曲解する人や国があることも国際社会の一面でもあります。

その様な状況を考えるのなら、ただ出来ない理由を述べるだけではなく、どういう法なら受け入れられるかも考えなければならない時期にあるのではないでしょうか。

No title

キンピーさん>
>そんなに昔のことではありません。

大分昔の話ですがな。私が言ってるのは安保闘争辺りからで、そこまで昔の話をしてませんよ。
それで、共産党は今どうなってますか?大多数の人に支持されてるんですか?

>それとヘイトスピーチを法規制したいのなら、素直にそのように主張すれば良いだけでしょ。

実は私は一回も法規制の話はしてません。
暴力行為を問題にしてるからです。
私が一貫して主張してるのは「カウンターをやりたければ正攻法でやれ」
何故かこれを否定するのが貴方。正攻法でやられると何か不味い事でもあるんですかね?

No title

やじうまさん

国際的な理解では糞在特のような言動=ヘイトスピーチ=悪です。
日本社会にある糞在特の言動≠ヘイトスピーチという一部の理解が国際的にはありませんので、「どっちもどっち」が成立する余地はありませんから大丈夫でしょ。


憂う者さん

歴史を安保闘争あたりで切り取らなければならないのは、暴力の有無で事の評価をすることを普遍化・一般化できないからでしょう。
つまり憂う者さんの主張は論理的ではありませんし、未来のことを予測する上でも役に立ちません。
よって「暴力行為を問題にしてるからです。」という問題意識も意味をなしません。

>私が一貫して主張してるのは「カウンターをやりたければ正攻法でやれ」

ではなぜ糞在特が在特特権なるものの是正を訴えるのに、わざわざヘイトスピーチをすることへの批判が無いのですか?
ヘイトは暴力です。
それに対するカウンターが暴力的になるのは当然のことであって、そもそもそこを是正すれば、カウンターは存在し得ないのですから、カウンター批判する貴方にとっては好都合でしょうに。
貴方の批判対象が消えて無くなってくれるのですよ?

No title

キンピーさん>
暴力行為は一般認識として悪です。
悪をやれば義は無くなる。当たり前の理屈。
で、共産党は今どうなってるんですか?支持されてるんですか?

>ではなぜ糞在特が在特特権なるものの是正を訴えるのに、わざわざヘイトスピーチをすることへの批判が無いのですか?

どっちもどっちって何度も言ってますな。これ両方批判している事なんですけど?
キンピーさんは片方しか批判していないんですが、私は両方駄目だと言ってます。

>それに対するカウンターが暴力的になるのは当然のことであって、そもそもそこを是正すれば、カウンターは存在し得ないのですから、カウンター批判する貴方にとっては好都合でしょうに。

好都合どころかカウンター全体に取って害悪そのものでしかない。
暴力行為を行えば、在特はそれを材料に「あいつらは単なる暴力集団だ」と喧伝し、カウンター全体を胡散臭いものとされます。実際そうなってるし。
現実見てもの言って下さい。

No title

いや、在特会がそもそもカウンター。

在日特権は、朝鮮人が役所やマスコミに不当な圧力(暴力含む)でむしってきたもの、という一般認識があるんですよ。
実際、それらの不当な圧力の情報は何十年も語り継がれているでしょ(それともTVに流れない事は存在しない派?)。
だから、「特権廃止の要望は担当する行政機関へ」という流れにならないわけ。行政機関も被害者だから。
個人的な経験ならば、市役所勤めの友人から「韓国人が団体で押しかけてきて困った」という話をはじめて聞いたのは、かれこれ20年の昔の事です。
ヘイト表現だけなら、日本は韓国の足元にも及ばないしね。

この辺の検証を無視して話をするから社会が健全にならない。
キンピーさんの主張するとおり、暴力に対するカウンターは暴力になって当然(故に義が有る)とするならば、まずは在特会に義が有る可能性が発生するんです。

在日特権とやらを社会として検証しないうちは、キンピーさんの主張する義は未確定のままです。
この状態で、「どっちもどっち」という感想を持つ人々は、極めて健全な感性の持ち主でしょう。

なお、私は暴力の効用を全否定するものではありませんが、暴力によらない主張が否定されたわけでもないのに、暴力によって主張を行えば、その主張に対して、極めて懐疑的にならざるをえません。
(私自身が経験した自衛隊基地へのデモなんて、キチガイ沙汰でしたしね。)

ですから悪であるヘイトスピーチ規制に消極的な日本人という構図が浮かんで来るんでしょ。
何故悪とわかっているものを法で規制しないかを納得してもらうのってそんなに簡単ですか?

外から見る限り在特側もしばき隊側も法規制に反対という点で共通しているのですから世界からどっちもどっちと思われる充分な理由になると思いますよ。

No title

憂う者さん

>カウンター全体に取って害悪そのものでしかない。

いえ好都合ですよ。
貴方は非暴力で糞在特のヘイトスピーチを無くことができるんですよね。
そうすれば誰もカウンター活動をする必要が無くなるのですから。

>キンピーさんは片方しか批判していないんですが、私は両方駄目だと言ってます。

私は最初から法に訴えず実力によるカウンターのあり方こそが健全だと言ってるのです。
なんで批判するんですか(笑

>カウンター全体を胡散臭いものとされます。実際そうなってるし。

ネトウヨはそう捉えているようですね。
そういった記事がけっこうあります。

No title

やじうまさん

法規制に消極的なのは私個人です。
カウンターの人々の多くは法規制を訴えているのではないでしょうか。
有田氏も国会で規制しろと言ってますし。

ですからその理屈は成り立ちません。

No title

みなさん、ダイスさんの立派な主張をぜひご覧んになってあげてください。

これが糞在特のヘイトを容認する人です。
やっぱり実在するでしょ?

多かれ少なかれ、こういった特異な主張に共感する部分がなければ「どっちもどっち」などということにはなりません。

No title

>キンピーさん
>>しかしそれが一般的なのですか?
日本ってそんなに国際常識から外れた国だったのですか?

「私の妄想の中の一般国民」はどっちもどっちという意見が一般的だと思うので、もしそれが国際常識から外れているというなら日本国民はキンピーさんの中での国際常識から外れているのでしょう。
もういい加減書き飽きたのでこれぐらいにしますが、私が「世間はそう思ってますよ」という意見に「あなたの思考はおかしい。そしてあなたの妄想お疲れ様」ではなく、実際に周りを見回してください。右も左もリベラルだらけの人たちのいるところではなく、普通の街の普通の人達を見てください。
キンピーさんの思考が正しいとか正しくないとかを議論したつもりは一度もありません(私の思考がおかしいとコメントした際にそのままお返しした事はありますが)。

今の世論を見て、「どっちもどっちという考えが世論で蔓延しているのはけしからん!なんとかしてこの流れを止める方策を考えねば!」というのであるならば「頑張ってください」と思うだけで、自分は特に反論もないのです。
『どっちもどっち』という考えが良いか悪いかなんて議論は自分はしたつもりもないですし、しようとも思ってません。

同じ事なのでほぼコピペしますが
>>キンピーさんの中で「日本国民は糞在特のデモに嫌悪感とショックを受けて、どっちもどっちなんて答えは絶対に出ない」という性善説とは少し違いますが、思い込み・思想の偏りによる結論ありきですね。

No title

ふぁーすとさん

貴方は理論的な説明を避け続けています。
だから質問を続けているのです。

まず、糞在特も知らずヘイトの内容も知らない人が、カウンターとの衝突の場面だけを目撃した場合、ただの喧嘩だと思うでしょ。
しかし、ただそれだけのことです。
理由も分からないので「どっちもどっち」という判断すら出来ません。
また、カウンターは糞在特の対抗として出てきたので、いわば糞在特に寄生するように存在しているわけですから、糞在特は知らないがカウンターは知っているということも無いわけです。
カウンターを知っているということは糞在特もヘイトも知っているわけです。
その上で、「どっちもどっち」という評価を下せるのは、ダイスさんやふぁーすとさんのように、糞在特に共感する部分が無いと論理的に有り得ないのです。

ちなみに一応統計がありますが、糞在特のヘイトスピーチに肯定的な意見より、否定的な意見のほうが約3.5倍多いのです。
この3.5倍の人たちはもともとヘイトスピーチに否定的ですから、糞在特とカウンターが殴り合っていたとしても「どっちもどっち」とはならないのです。
つまり、ふぁーすとさんの考える「一般的な人々」の3.5倍の人たちは「どっちもどっち」とは考えないのですから、ふぁーすとさんの意見は一般的とはとても言えないのです。

No title

では一つだけ理論的な話を。男組の一連の「実力」行使に肯定的だという統計は出ているのでしょうか?加えて3.5倍の人達はヘイトスピーチに否定的であったとしても、それを止める為の実力行使を容認すると仰っているのでしょうか?その3.5倍の人達は行為の意図など関係なく『暴力的な行為』に嫌悪感を抱く人たちである可能性は?それであれば、『暴力的行為』に見えるものは等しく『嫌だ、支持できない』になるでしょうし、そうなるとどっちもどっちという回答は矛盾していません。

『法で止められないのだから実力行使やむなし』は、キンピーさんのご意見ですよね?

No title

あと常に色々な理論的なご意見を頂きますが、自分は初っ端から理論的なお話はしてませんよ?
普通の人達は、自分の給料が下がったとか明日の天気だとか、そういった事にしか興味はないですし、ニュースを見てイチイチ「在特会はこんな活動を・・・!」と逐一記憶してはいませんし、覚えていても「なんか危険な連中」レベルの話です。差別的な連中・・・まで覚えてればよくニュースを記憶してる人です。そもそも、自分が差別的な扱いを受けるのでなければそれほど興味もないですし。
その中で、同じようにニュースが流れ、同じように暴力的な輩が報道されれば「在特会ってのも変な連中だけど、こいつらも同じやないか」。それでテレビから目を離し、夕飯の続きを取る。そんなものです。

なので、そういう意味では確かに自分は色々勉強しているのに「どっちもどっち」と回答するのだからキンピーさんの基準において差別的な人間なのかもしれません。

キンピーさんへ

このブログに関してはカウンター側も法規制反対または消極派が多い様ですし、キンピーさんも法制化推進派をあまり知らないという事自体が日本の現状を反映してるんじゃないでしょうか。
そんな中、国政なら有田さんが自治体レベルなら橋下さんなりが反ヘイトの対策をしている訳ですがキンピーさんはそれをもって国際社会から日本が反ヘイトに尽力している国だと理解されるとお考えなのですか。

実際のところ在特やしばき隊の様な見た目は派手で個人的な売名にしかならない行為は問題をこじらせるだけでたいして問題解決の力にはならないんですから実効性を求めるなら法規制の法が有効でしょう。

様式美の様な"平和"

悲しいです。
普段から、"平和"を訴えている人たちが、典型的な民族対立・人種対立を目の前にしてもテーマにしても、出てくる言葉は、通常運転とも言うべき、何かへ批判か誰かへの非難、もしくは様式美の様な"平和"ばかり。

ほんとうにこの人たちは"平和"を望んでいるのだろうか?
何かを批判したり、誰かを非難することでしか、主張できないのだろうか?
平和が大事だと言いつつ、実際は異民族が憎しみ合う姿を良しとしているのだろうか? 
流石に誰も、"そこまではいかない"と思っていますが、行きつく先は民族浄化じみたモノですよ。

No title

私もこの一言に脱力しました。
「お玉母さんは一応平和主義者で理想を言えば非暴力主義です・・・はい。なので、超左翼おじさんも言うように手は後ろに組んで〜言葉だけで威嚇しましょう〜に賛成です」
暴力とは人を傷付ける行為です。
それは力でも言葉でも行われます。
だからヘイトスピーチは言葉の暴力です、言葉で威嚇しているからです。
相手の主張が間違っていようが、手を後ろに組もうが、言葉で威嚇しては同じなんです。
なのに自分の事を平和主義者で非暴力主義と言う。
私も悲しいです。

No title

ふぁーすとさん

暴力的な実力行使を否定している人も、ヘイトには否定的なんですから、「どっちもどっち」なんてことにはならないでしょ。
なんでヘイトスピートという不法行為が免罪されると考えるのか、理屈に合わないことを言ってるのは、ふぁーすとさんと思想を同じくする人ぐらいなもんでしょ。
実力行使に否定的なブログ主の一人、お玉さんの記事でも書いているように「もどっちもどっち」なんてことにはならず、それはヘイトの法規制への要求に向かうぐらいなもんです。

>『法で止められないのだから実力行使やむなし』は、キンピーさんのご意見ですよね?

違います。法で規制するより路上でシバキあってる方が健全だと、最初から書いているでしょ。

>自分は初っ端から理論的なお話はしてませんよ?

だったら、他者に貴方の情念は通じないのですから、貴方の思いをいくら書き続けても無意味です。

No title

やじうまさん

ヘイト禁止の法制化に向けた動きは、いろいろな集会など催されていますので多数派です。
カウンター運動をされている方々も法制化を望んでいるようですから、私が少数派なのです。
というか、私のように法制化に疑念を抱き(だから反対ではなく消極的)、「路上でやりあっている方が健全だ」なんて人はあまりいません。
私だって、ヘイトを野放しにするのか、それとも法制化をするのかという二択であれば、法制化を支持します。




ライ麦狼さん

何書いてんのか分かんないですが、

>行きつく先は民族浄化じみたモノですよ。
だからヘイトはダメなんです。
ヘイトを垂れ流すのはメディア。
ホテルルワンダでもヘイトラジオから虐殺が始まるのです。
今の糞在特ならばネットとデモですね。





まもさん

仰るおとり、言葉も暴力です(超左翼氏は逮捕されにくいと言っているだけだと思いますが)。
それを理解しない左翼は多いです。
手は出さないが言葉なら良い。
そんな理屈は通らないし、現にパワハラやセクハラが認知されているように、日本社会は言葉も場合によっては暴力となることに合意しています。
しかし、ヘイトは次元の違う話です。
単に攻撃性をもった言葉とは、悪口を含んだ罵倒であったり威嚇であったりしますが、ヘイトスピーチとはマイノリティに対する暴力でありその扇動です。
悪口を含んだ罵倒であったり威嚇なら喧嘩になったり、最悪個別の殺人事件に発展するかもしれませんが、ヘイトを放置すると最悪虐殺や民族浄化が起こります。

No title

これで最後にしときます。

大丈夫です。今のところ、激しい反対意見が来ているのはキンピーさんぐらいなので、潜在的な反対論の方がいるにしても、「こいつ圧倒的に間違ってる」まではいってないってことです。

あと理屈に合わないのはキンピーさんです。なぜ私のような結論に至るのが少数派なのか。何度も何度も何度も書きましたが、「ヘイトスピーチねぇ・・・よかないよね」ぐらいの認識の人にとって、それを駆逐するためのカウンターを同じぐらい嫌悪する思考は別に異常でもなんでもないです。「世の中の差別は絶対悪だ!それを改善する為ならあらゆる行動を取って日本から差別を根絶するんだ!!」というぐらい熱い想いなんてないですって。大体の人が「差別はなきゃないほうがいいね・・・でも暴力沙汰も見たくない。あとタトゥーとか紋付とか脊髄反射で嫌悪します」ぐらいの人が圧倒的でしょ。じゃなきゃ銭湯でタトゥーの方お断りとか書きませんよ。思想云々関係無しで「ヤクザと区別付かないし、怖がるお客さん多いから却下」って事ですから。

あと
>>法で規制するより路上でシバキあってる方が健全

すみません。キンピーさんの考えと違うものを引用してしまって。そしてこれなら、さらにほとんどの人はそう思ってないので、より一般的な意見から離れていってますね。

とにかく、本当に何度も書いてますが、聞いてみてよって話です。本当にヘイトスピーチとそのカウンターが別物だって認識をみんなが持っているのか。そして現実をキチンと見た上で、ああそうかと絶望するのか、伝え方を変えるのか、そのままいくのか。
どちらかというと感情論でこうなってるから、何か別のアプローチの仕方を熟考した方がいいですよという一市民のアドバイスのつもりだったんですけどね。

No title

キンピーさんなら映画の「12人の怒れる男」をご存じですよね。
あの映画で偏見と差別感情を持った人が登場しました。
その人に対する主人公達の行動はたしか「立ち上がって黙って背を向ける」だと思いました(記憶違いならごめんなさい)。
かっこいいですよね、老若男女誰でも出来る、明確な反対の意思表示です。
どうでしょう、ヘイトが来たら黙って背を向ける、無言で「あなたの話は聞かない」と意思表示するわけです。
「生ぬるい」ですか、でもいかにヘイトが次元の違う話しであっても同じ土俵に乗ることは無いじゃありませんか。
「男組」かっこいいですか?
「いかに正義があったとしてもあれは恥ずかしい、仲間にはなりたくないですねぇ。」というのが大多数の方の感想なのではないでしょうか。(だからどっちもどっち?)
本当にヘイトをなくしたいなら、もっとかっこよく、スマートな老若男女誰でも出来るヘイト反対の意思表示方法を示さないと、みんながついてこれないと思いますよ。

No title

ふぁーすとさん

一応こっちは統計からの推論ですし、ネットで「どっちもどっち」とか言ってるのは糞在特と親和性のある人物のようなので、潜在的には140万人いる程度です。
こういうった層は積極的に主張をするのでネットでは一見多数に見えますが、実はその潜在的な140万人の人が騒いでいるだけで、横の広がりが無く、また強い情念で思想が固まっており考えを変えることはありませんので、彼らは放置しておいて良いのです。
ようするに蛸壺状態で、どうでも良い存在。
ただ根拠の無い言説には「根拠が無い」と指摘し、デマにはデマであると指摘するだけでOK。
さようなら。
というか何度も聞いてますけど。




まも さん

ヘイトに反対するのはどういう方法でも良いんですよ。
カウンター側もアートでの主張を考えているようですし。
しかし糞在特の「お散歩(デモ後の行動のこと。個人商店に乗り込んでヘイトを撒き散らしたり、その店の客の購入商品を調べるために強制的に持ち物検査をしたり)」などの狼藉を止めるのは、男組のような活動が必要になります。
警察は止めませんからね。
かっこいいとの問題ではなく、ヘイトの実態に対して、その活動が有効かどうかです。
持ち物検査をするのに、カバンの中身をぶちまけられている時に、背中を向けても仕方無いですからね。

No title

ちょっと良いですかねぇ。
ここに書き込んでる方で、以下の発言をヘイトかそうでないかを出来れば答えて頂きたく。

https://twitter.com/geillrim/status/324876802738757634

>アメリカ人じゃん。国籍を日本にしようが、帰化だろうが、おまえの身体には薄汚い鬼畜、毛唐、蛮人の血が流れてる。そんなの日本人じゃねーよ。日本で問題を起こすバタくさい毛唐はさっさとアメリカに帰れ!これ、キミらがいつも言ってる理屈だよ。キミもアメリカに帰らないと。

http://togetter.com/li/665476

>この糞チョソン人、すごいこと言うな…。

あ、文脈まで見てからお願いします。
キンピーさんによると文脈まで見ればヘイトでは無いそうなので。
私には理解出来なかったんですが、他の方なら分かるかなと。

No title

あ~
「背を向ける」は一つの例です。
「男組のやり方では賛同者は増えませんよ、もっと誰でも賛同できる方法を考えましょう」と言いたいわけです。
わかってるんだと思いますよ、だから「アートでの主張」とかが出るのでしょうし。
男組のあのやり方が主流と思われないうちに、別のやり方を考えないと一般人の賛同者は増えないでしょうね。
それじゃマズイでしょ。
それともあれでいいと思っているの? それじゃ過去の運動と同じになりますよね。
みんなヘイトに背を向ける気持ちはあるんです、でも男組のやり方には賛成できないんですよ。
せっかく味方になりうる人達を男組が遠ざけているのですよ。
ヘイトが何をしてようが関係ないんです、カウンター側がどう一般の指示を取り付けるかです。
極端に言えば、ヘイトの暴力なんて放っておけばよい、一時は受けてもそのうち一般の支持を失って自滅するでしょう。
ヘイトが自滅する時にカウンターが同じようなことしてたら一緒に支持を失うだけですよ。
カウンターは同じことしていないなんてのは関係ありません。
同じと思われたら同じになってしまうのが世間です、どっちもどっちと思われた時点でカウンターの負けなんですよ。
私が在特の人間だったら男組は大歓迎です、爆釣!と喜んでカウンターも同じ事していると宣伝するでしょうね。


No title

>基地建設を断念させることにつながると思います。

辺野古に移転できないとなると、普天間の基地がそのまま使われるだけです
基地の能力で言えば、普天間の方が運用能力は高いですし

ぐだぐだ屁理屈言ってるけど

結局キンピーさん達男組を容認している人達が言ってることって、「お前らの発言も暴力も認めないが俺達のヘイトや暴力だけはOK♪」ってだけの事です。
表向き正義を振りかざしているだけ、暴力団や愚連隊よりも病的でたちが悪い。

鉈とAKを

>何書いてんのか分かんないですが、

わかりづらくすみません。
特定の誰かと言うより、この場にコメントされる人、ブログ主のお二人、みんなまとめて俯瞰で眺めての感想です。
まぁ、前にも別の場所で同じ感想を抱いたことはあるんですが、日本で"平和"を訴える人は、様式美というか…50年くらい変わってないモノを、なぞったり讃えたりするような思考プロセスというか……、テーマを変えても言いたいことは、"いつもの"というか……
必ずしも"いつもの"が悪い訳ではないですが、…テーマとなった物事への改善策の様なモノよりも、"いつもの"が全面に出ていると、やっぱり悲しいです。


>だからヘイトはダメなんです。
 ヘイトを垂れ流すのはメディア。
 ホテルルワンダでもヘイトラジオから虐殺が始まるのです。
 今の糞在特ならばネットとデモですね

キンピーさん、あなた自身が、ヘイトをのぞんでいるでしょう。増悪の拡大を望んでいるのでしょう。
双方がバコバコしあう事を推奨しているんでしょう。
バコバコし合い、関節を破壊する程度の、市民同士の暴力の応酬を望んでいて、西成区のような地区での暴動の誘発を望み。
それらを警察が小規模のうちに止めることはするべきでない、と発言されているのでしょう。
市民同士が殴り合う先のモノを望んでいるんでしょう…
仮に、貴方が韓国系ないしは朝鮮系の出自の方で、自分の帰属する民族に対するヘイトに、カウンターと称して暴力を行った人たちを擁護したい…その言い分なら理解できます。
だが貴方の言い分は、市民同士での殴り合いが拡大することを良しとしている…としか見えません。

あと、もしかして勘違いしていませんか、片方がヘイトだけをして、もう片方だけがカウンターをしていると・・・、今までヘイトしていた側が、ヘイトでない手段で"暴発"しないとでも、勘違いしていませんか?


ホテルルワンダを例にするなら、"「大変な事が起きたね」と言って、ディナーを再開する欧米人"と同じどころか、"ツチ族をゴキブリと表現して、ゴキブリを殺せと放送するラジオ"を、止めるなと言っているのがあなたでしょう。

でも、ルワンダを例にしてくれたのは嬉しいです。
私は、あのラジオとヘイトを同一視しています。
現在の在日韓国人・在日朝鮮人・日本人・韓国の対立を、典型的な民族紛争の一種と考えています。

No title

まもさん

男組の活動はアレで良いんですよ。
カウンターには他の運動形態がありますから役割分担でしょ。
前回コメントでお知らせした、糞在特の「お散歩」は警察も見て見ぬふりしている異常状態ですから、ああいった暴力を阻止するには実力しかありません。
まぁ、そういう事態に至ってまで「暴力反対!」という人もいるでしょうけど、その意見は尊重しつつ「はい、分かったから向こうに行っててね」というしかありません。

>どっちもどっちと思われた時点で

そういうのは、糞在特と親和性のある思想の持ち主以外に有り得ないのです。論理的に考えて。
大手リサーチ会社が調査したところ、そういう思想の持ち主は日本に140万人ほど。
そして彼らは卒業しないでそのまま死ぬまで、同じ考えで凝り固まるのが特徴らしいです。
つまり説得など不可能。死ぬまで情念の世界に浸って生きるしかありません。
もし思想的に変化が起こるとするなら、それは言葉ではなく、強烈な体験をするとか以外に考えは変えないでしょうね。
各年代にそういった層があるのですが、40代半ばに大きなグループがあって、20前後に小さなグループがあるようです。
40代の層は完全にロスジェネ世代です。
そして20前後の人は、近年の日韓関係の悪化が原因でしょう。
っで、彼らのもう一つの特色は、横の広がりを持たないということです。
彼らがデマを流しても、あまり一般の方には届かない。残念ながら。
よって彼らが「どっちもどっち」と騒ぎ立てても痛くも痒くも無いと思いますよ。


一般人

君、消えたんじゃなかったの?
>俺達のヘイトや暴力だけはOK
まず勉強からはじめましょうね。



ライ麦狼さん

おぃ。「一般人」レベルまで落ちゃうのかよ。


またブーメラン

図星刺されて反論にこまると、すぐに短文になってしまう困ったちゃんがおりますね。

No title


  最初っから短文のおバカちゃんは
  最初からずっと困ってたんだ。
  ごめんね。
  気づかなくて。
  でも、これがブーメランて言うんだよ。
  あ、言葉を知らないんだっけ。
  ごめんね。
  また追い詰めるようなことを言って。

  


  ま、(´∇`)ケッサクってことだ!
  よ!右巻きの代表者!


駄目だこりゃ(*_*)

左派が理解力がなく低レベルな人間だと一人で体現して下さってますね。
この人を見てると、左派が駄目になって行っている理由がよくわかります。

No title

キンピーさん>
>それって、「これが君たちがいつも言ってる理屈だよ」と例示されているだけでしょ。
>これをヘイトと言っちゃうと、文脈も読まずに一つの言葉を捉えてワイワイやってるネトウヨと同レベルだと思われてしまいますよ。

とりあえず続き。
文脈見ても相手に対して思いっきり言ってますな。例示でも何でもないんですが、そもそも「例示であればこういった台詞を相手に吐くのも許される」というのがキンピーさんの理屈でよろしいですね?
しばき隊創設者に到っては守るべき対象に対してヘイトかましてますし、例示どころかカウンターですらない。
キンピーさんのヘイト否定って嫌いな相手を叩くためのポーズにしか見えないんだよなぁ。

一度擁護したら、何が何でも全肯定しなければならないという特殊な決まりでもあるんですかねぇ。
どんな理由があってもヘイトは駄目でしょうに。

No title

憂う者さん

誰からも反応が無かったからといって、しつこく絡んでくるのはお止めください。

>「例示であればこういった台詞を相手に吐くのも許される」

当たり前です。
そんなこと言ったら、「斯く斯く然々といったヘイトが行われている」というニュース報道も国会での問題提起もできないじゃないですか。
例示が問題だというのであれば、法制化するにしても何を規制するのかも議論できない。

ヘイトスピーチというのは、マイノリティや弱者に対し、排斥や差別の意図をもって中傷したり、それらを扇動することをいうのです。
つまり糞在特やその周辺の団体のやっていることです。
ツイッターのコメントは「お前のやってることは、こういうことだ」という例示なんだから、排斥や差別の意図が無いことは明白でしょ。
また同じ言葉でも対象によってヘイトの評価は変わります。
例えばシナという言葉も、日本で生活している中国人を貶めるために使うならヘイトですが、人民を迫害する中国共産党に対して、あるいは傍若無人の恥ずべき振る舞いをやっておきながら、脳内の理屈を通すような、まさに魯迅が改造すべきシナ人の意味として、「このシナ俗物党がぁ!」と侮蔑の意味を込めてシナと言うのは、なんら問題が無いばかりか正しい言葉です。

憂う者さんのようなワケのわからんことを言う人がいるから、「法制化をしてしまえば恣意的に運用されるのではないか?」と思っちゃうんですよ。

No title

憂う者さん

仰ってる事はまともだと思いますし、決してどちらかに偏った意見だとも思いません。ただ、どう伝えても伝えきれないようなので諦めた方が得策かもしれませんよ・・・。

No title

憂う者さんも良かったじゃないですか。
理解者が出てきて。
でも情念から「そう思う」と言ってもらっただけですが。

つまりこれが蛸壺。
横の広がりなんて丸で無い。

そんなものが反レイシズム・反ヘイトの脅威になるわけないじゃん。

No title

人間のもっとも人間らしい特質は「想像力」だろう。つまり未来のことが予想できる力。サルはそれがない。だから猿どうしが、机の端と端をかかえて「よいしょ」と一緒に運ぶことはできない。未来が予想できないからである。

それは、例えば差別に対して差別を受けた者の心を慮る心情につながる。ヘイトに対して言葉の暴力を受ける人への思いやりがあるかどうかが、あるいは従軍慰安婦に対して彼女らの気持ちを慮ることができるかどうかが決定的に人間とサル的人間の分岐点だろう。

ここでのキンピー氏や熊毛太郎氏の発言を見ていると、反差別を高らかに掲げる者ほど差別的だって事がよくわかります。
自分としては反対でしたが、日本でも言論への法規制が必要なのかもしれませんね。

No title

キンピーさん>
>当たり前です。
>そんなこと言ったら、「斯く斯く然々といったヘイトが行われている」というニュース報道も国会での問題提起もできないじゃないですか。

凛七星がやってるのは例示ではなく「ヘイトにヘイトで返す」でしかありませんがね。
で、創設者の発言は例示なんですか?どうなんですか?あれ完全に民族差別じゃないですか。

>ヘイトスピーチというのは、マイノリティや弱者に対し、排斥や差別の意図をもって中傷したり、それらを扇動することをいうのです。

まさにしばき隊元代表や創設者も同じ事をしてるわけですが。
「どっちもどっち」どころか「同類」にまでなってる。

>ツイッターのコメントは「お前のやってることは、こういうことだ」という例示なんだから、排斥や差別の意図が無いことは明白でしょ。

「お前のやっている事はこういう事だから、俺も同じ理屈で言い返した」が正しいですよ。
で、創設者のコメントには何も言わないんですね。

ふぁーすとさん>
キンピーさんは最初から相手の事を聞く気はありません。これからも他の記事で同じ事しますよ。

相手を必要以上に攻撃するのは、自分が否定されるのを恐れているからです。
自分が正しいのならば、相手を攻撃する必要なんてありませんからね。
傍から見ると完全に自己防衛なんですが、本人は認めないでしょう。
私も飽きてきたし、キンピーさんの本性が分かったんで、もう少ししたら止める事とします。

No title

想像力とやらが有る方々に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140801-00000035-tospoweb-ent
これについてもコメントしていただきたいと思います。

No title

憂う者さん

貴方のコメントでどういう思想の持ち主がよくわかりました。
つまり糞在特とすこぶる親和性のある人なんですね。

どうぞ蛸坪にお入りください。

No title

キンピーさん

貴方のコメントでどういう思想の持ち主がよくわかりました。
つまり朝鮮人とすこぶる親和性のある人なんですね。

どうぞ蛸坪にお入りください。

No title

不満や鬱屈を責任転嫁できる情報があるとすぐに飛びついてしまう。
たとえそれが陰謀論の類のものであっても。
糞在特は言う。
「自分を邪魔する奴はみな朝鮮人だ」
「俺たちの気に入らない情報を垂れ流すマスコミも朝鮮人だ」
と。
時には捏造だって行う。
糞在特の支持者も
「キンピーも朝鮮人のお仲間だ」
と。

それにしてもなぜ朝鮮人なのか。
日本で特権を持つ外国人はまぎれも無く、外交官と米軍である。
外交官の特権は仕方ないにしても、「取り戻す」というのであれば、優遇されすぎている米軍が対象になるはずであるがそうはならない。
犯罪も多いし、日本人より優遇されているにも関わらず。
なぜか。
それは糞在特およびその周辺の団体は「特権を許さない」と言いつつ、政治的な公正を求めているのではないからだ。
というか、糞在特はそもそも在日朝鮮人より優遇されている日本国籍だから、在日を叩いたところで自分たちには関係がないはずである。
他の外国人が言うのであれば少しは理解できるが、日本国籍を持つ者が言うのはお門違いも甚だしい。
つまり叩く理由なんて何でも良いのだ。
そもそも不満と鬱屈の発露だのだから。

糞在特周辺に群がる蛆虫どもは個人の問題として抱える不満や鬱屈を、相手に転嫁することによってダメダメな自己と切り離し、そして不満・鬱屈を投影させた相手をヘイトによって激しく叩くことで自己嫌悪から自分を守っているのである。
だからデモに参加している蛆虫どもは、デモの最中も“奪われた”怒りではなく、楽しげに「たたき出せ」「沈めろ」「殺せ」「強姦せよ」「虐殺だ」と叫んでいる。
ダメな自分を切り離し、責任転嫁できる相手を見つけられて、さぞ安心したことだろう。
しかしこれは本来ダメダメな糞在特のデモの参加者や、糞在特にシンパシーを感じちゃう蛆虫に向けられる言葉。
つまり蛆虫どもの自己評価は「存在してはならない者」というこどだ。

そして投影するには似ている方が好都合。
だから米軍ではなく似ているけどチョット違う朝鮮人がターゲットになる。
これは投影性同一視といって、ちょっと心が病んでいて危険な状態なので専門医による診察をおすすめする。

No title

名無しさん

まず、自らの考えを示すべきでしょう。

No title

キンピーさん>
男組の暴力を批判したら在特会と親和性がある、というレッテル貼りですか。
ヘイトも暴力もいかんだろ、だから在特も男組も支持しない、というと在特側にされるというのは、キンピーさんが自分の思想でしか判断できないからです。
世の中には様々な価値基準があり、世間一般の価値基準が自分と合わない事もあります。
ですが、そういった部分も含めて総合的に判断しなければなりません。
量子学的でしたっけ?言葉では総合的に判断しているといいながら、世間一般の常識を無視している時点で判断出来ていないと言えます。
男組の動画を見て「健全だ」と思う人間は少数ですよ。

この辺でキリにしたいので、キンピーさんに聞きたいのは以下三つ。

1.暴力は多数の日本人に支持されると思うか。
2.男組が在特に絡まれていた誰かを助けたという事例はあるか。
3.しばき隊創設者の発言はヘイトだと思うか。

答えてもらえばそれで終わりにします。
キンピーさんがどういう思想を持っているか・・・は大体分かりましたが、それを見ている人にはっきりとさせたいので。

No title

憂う者さん

全ての質問について言えることですが、ヘイトへの認識が一般社会とかなり違うようですね。
ま、そうせざるを得ない思想上の理由があるということなんでしょう。
これもまた貴方がどういう思想の持ち主かよく分かる質問です。

1、支持しないでしょ。ただヘイトは暴力ですから、そういう認識の人からすれば男組の行為は正当防衛に当たると判断するでしょうね。
つまり糞在特のヘイトへの評価で、男組の超圧力が暴力かそうでないかが評価されます。
セクハラやパワハラを正当化し、それを何度も繰り返す汚物に対して、そしてその汚物が行政に保護されている場合、周囲の人が男組と同様に汚物を取り込み「セクハラ止めろよ、テメー」「パワハラなんてやってんじゃねーぞ、ゴラー」という行動に至ったとしても至極真っ当なことだと思うのと同じことです。

2、新大久保や鶴橋で大々的にやってるじゃないですか。
ただヘイトにシンパシーを感じちゃって、糞在特のヘイトを暴力とは受けとらない人はいるようですが、そういう変わった人には「どっちもどっち」と見えるようですね。
そもそもこのような質問自体が驚きです。

3、野間という人と私の接点はほとんど無く、その無い中でも彼の印象は悪いものでしたから、義理立てすることも無いのですが、ヘイトは、マイノリティや弱者に対し、排斥や差別の意図をもって中傷したり、それらを扇動することをいうのです。
よってヘイトではなくただの悪口です。


No title

お玉さんと超左翼さん(なんか違和感を覚える表記だ・・・w)も同様の意見なのかどうかなのかはちょっと聞いてみたいですね。
以前のブログは少なくとも保守層とリベラルの人の意見を聞いて、どちらも納得がいくような、手を取り合えるような方法はないか?という空気感のあるブログだったと記憶していますが・・・。

No title

ふぁーすとさん

情けないですね。
今度はブログ主に「愛の手を~」ですか。

だいたい差別に右翼も左翼もリベラルも保守もありません。
汚物か人間かの違いがあるだけです。
だいたい男組なんて、どうみても右巻きでしょうに。
右か左かなんてことに関係なく、ましてや保守かリベラルか、なんてことにも関係なく、人道的な観点から、あるいは愛国心から、みんなあの糞ヘイトに怒ってるんですよ。
そういう意味では既に幅広い連帯はできているんです。

ヘイトを撒き散らす糞在特のデモや、さらに個人商店や個人を攻撃する「お散歩」と呼ばれる暴力に対し、何をもって対抗しようとしているのか、まず貴方が意見を言わないと何と手を取りあうのか分かんないですよ。
ヘイトやレイシズムといったもので、虐殺が起こったことはあるけど、その国が良くなった事例なんて無いし、いわば差別は人類共通の敵であるんだから、貴方も汚物側ではなく人間側だというのであれば、まず意見を言わないと。

徹底した代行主義から、そして副作用も承知の上で法制化を訴えるのも良いでしょう。
実際カウンター運動の中にもそういった動きはありますから。
それにしても、法制化が成されるまでは、暴力が横行するわけで、それに対応する手段も必要です。
目の前で起こっている汚物どものヘイトという暴力をどうやって止めるのですか。
警察は国会で追求されても動かないんだから、貴方が訴えたところで動かないですよ。
さて、どうするんんですか?
何か意見を言ってください。
そうじゃないとブログ主も何を書いて良いのか分かんないでしょ。
少なくとも人類の敵であるヘイトやレイシズムが、男組の超圧力と「同等だ」なんて言ってる人とは一致点を見出すことは困難だと思いますけどね。

No title

おっと、
名前入ってなかったわ。

No title

えっと、根性無しでいいんでキンピーさんと議論するつもりはないです・・・。

No title

と、
自分の意見は隠しまくる、と。

No title

キンピーさん>
>1、支持しないでしょ。ただヘイトは暴力ですから、そういう認識の人からすれば男組の行為は正当防衛に当たると判断するでしょうね。

集団リンチを正当防衛だと容認する人は・・・あ、ここにいた。

>2、新大久保や鶴橋で大々的にやってるじゃないですか。
>ただヘイトにシンパシーを感じちゃって、糞在特のヘイトを暴力とは受けとらない人はいるようですが、そういう変わった人には「どっちもどっち」と見えるようですね。

実際に助けた事例が探しても見つからなかったので。
というかヘイトも暴力を振るうのもいかんと言っている。

> 3、野間という人と私の接点はほとんど無く、その無い中でも彼の印象は悪いものでしたから、義理立てすることも無いのですが、ヘイトは、マイノリティや弱者に対し、排斥や差別の意図をもって中傷したり、それらを扇動することをいうのです。
よってヘイトではなくただの悪口です。

「糞チョソン人や糞朝鮮民族主義者と言うのは差別ではない」と。・・・本性駄々漏れですよ。
これ、しばき隊も問題なしと言っちゃったから、ヘイト側が堂々と使うようになってヘイトが広がってるんですが。
無能な味方は有能な敵よりタチが悪い。

まあこれでキンピーさんの思想が明らかになったようなのでここで止めておきます。

No title

憂う者さん


糞在特のヘイトという暴力を押さえ込むためですから仕方ありません。
これがダメだというのであれば、目の前で起こっている糞在特のヘイトを止める方法を教えてあげることですね。


「1」と同じく。


「糞チョソン人」、これは悪口ですね。
私が中国共産党に対して、シナという言葉を使うのと同じです。l


ま、文脈を捉えず言葉尻にリアクションするのがネトウヨの特徴なのですが、地金が出てきたということでしょうか。
貴方が出した質問に私は答えましたが、そこでも都合よく切り取った言葉に反応しているだけです。
目の前の暴力に対し公権力も動かないときはどうすれば良いのか?
そういった現実を無視した「ための批判」でしかありません。

これで「どっちもどっち」がどういう立場から発せられているのか、ますますよくわかりました。

No title

> それにしてもなぜ朝鮮人なのか。
> 日本で特権を持つ外国人はまぎれも無く、外交官と米軍である。
> 外交官の特権は仕方ないにしても、「取り戻す」というのであれば、優遇されす
> ぎている米軍が対象になるはずであるがそうはならない。
> 犯罪も多いし、日本人より優遇されているにも関わらず。
在日外国人の犯罪は、韓国籍と中国籍がツートップでしょ。在日米軍関係者の犯罪が無いとは言わないけれど、在日米軍と他の在日外国人を比較する文脈で「犯罪が多い」と言っては事実に反するんじゃないですか(まぁ、この辺はいつもの手法ですから、今更騙される人はいないと思いますが)。

で、在日特権は有るの? 無いの?
在日米軍を引き合いに出すならば、在日外国人特権に対する検証を求める声に応じた方がスマートじゃないですか?
まとめて検証すればよろしい。
(ちなみに「検証する」という方向に合意できれば、思想信条に関係なく政府や地方自治体にマスメディアに公開された状態での検証を求めていく、という方向の運動になると良いですね。当然、無いことの証明は不可能ですから、特権が有るとする意見側から、具体的な調査項目を提案させるプロセスも必要となります。)

検証すれば、在特会がカウンターなのか差別なのか、はっきりしますよね。
これが、キンピーさんが主張するとおり「差別である」という結論になれば、こんな不毛なレスのやり取りなどしなくともすむわけです。
主張の根拠である特権が否定されれば、在特会も活動できないでしょうし。

「カウンターである」となれば、どっちもどっちと感じている方々の言うとおり「暴力は止めろ」と言えば良いでしょう(しばき隊側は、キンピーさんの主張するカウンターとしての義とやらも認められずに犯罪者確定ですね)。
いや、在特会側としては特権の周知という、目的の一部を達成しますから、デモをする必要が無くなりますので、デモ自体が収束する可能性もありますね。

在日米軍に対する特権も、妥当かどうか、集団的自衛権を容認し日米安保の片務性をいくらか是正する方向に舵を切った事ですし、検討するには良いタイミングでしょう。

在特会関連のエントリーとコメントを通読して来ましたが、
「在日特権の検証を如何にして避けようか?! そうだ! 差別のレッテルを貼ってやれ!」
って事しか言ってませんね、サヨクの皆さんは。

あと、キンピーさんも「朝鮮人と親和性がある」って言われるのは嫌なんだ。
一ファンとして、大変興味深いです。

No title

ダイスさん

在日朝鮮人・韓国人に対しては、特権と言うべきものは無いと思いますよ。
国と国との関係でそれぞれ出身国によって扱いは違うでしょうが、関係の深い国や歴史的経緯のある国に対して優遇するのはどこの国も同じですからね。
朝鮮半島出身者に対しては、元日本人なのですから、ほかの国の人と待遇が違って当然だと思います。
逆に在日朝鮮人と在日フィンランド人が同じ待遇というのはおかしいでしょ。
日本における在日特権とは外交官と米軍への特権だけです。
なんせ日本人より優遇されているのですから完全な特権です。

>「朝鮮人と親和性がある」って言われるのは嫌なんだ。
嫌とも良いとも言ってませんが、とりあえず民族の属性で判断したことなどありません。
実際、学生時代は大阪生野区で生息していましたので、好きな奴もたくさんいますし嫌いな奴もたくさんいます。
同級生も三分の一ぐらいは在日、クラブなんて半数以上が在日です。
そういう環境で育ちましたので、いちいち日本人か在日かなんて気にしたこと無いです。
仕事をやりだしてからも、日本の小中学校にも韓国の小中学校にも用事があって行くことがありましたが、正直いって韓国の学校の方が生徒の質は良かったです。格段に。
その学校は少人数だったので教師の目が行き届くということもありますけどね。

No title

> 在日朝鮮人・韓国人に対しては、特権と言うべきものは無いと思いますよ。
そう考えるのであれば、ここは手を取り合って在日外国人の特権について検証を求める働きかけをするべきじゃありませんか?
なぜ、暴力行為に義がある等と主張して、検証ではなく、デモの圧殺を主張したのでしょうか?
特権が無い(在特会の主張がことごとく否定される)という結果になれば、間違いなく在特会の活動は否定されるし、無くなりますよ。

> 国と国との関係でそれぞれ出身国によって扱いは違うでしょうが、関係の深い国
> や歴史的経緯のある国に対して優遇するのはどこの国も同じですからね。
ただし、この視点に立つならば、韓国も北朝鮮も、事実上の敵国(韓国は竹島を侵略、不法占拠中、北朝鮮は日本人拉致を実行中)ですから、優遇しないのはもちろん、他の国の方々より、厳しい扱いが当然だと考えます。
> 朝鮮半島出身者に対しては、元日本人なのですから、ほかの国の人と待遇が違っ
> て当然だと思います。
この視点においても、大東亜戦争を完遂できなかった一点において、朝鮮人の方々に申し訳なかったという感情を持ちますが、彼らの戦前・戦中と戦後の態度の違いを比較すればするほど、嫌悪感しか持てないというのが、正直なところです。
左翼勢力が北朝鮮を礼賛し、韓国を貶めるのに夢中になっていた時代に、韓国を肯定的に評価していた方々が、現在はこぞって嫌韓な事見ても、単なる私個人の感想ではないと考えます。

> 逆に在日朝鮮人と在日フィンランド人が同じ待遇というのはおかしいでしょ。
この点については同意です。
敵性国民である在日朝鮮人と明確な対立が存在しない国の国民とでは、日本国内の扱いに差があって当然だと考えます。

> 日本における在日特権とは外交官と米軍への特権だけです。
> なんせ日本人より優遇されているのですから完全な特権です。
米軍の場合は、米軍人が日本を防衛すると宣誓していない以上、特権を認めても米軍をつなぎとめておきたいという判断があったと推察します。
米軍が、米国政府の命令により日本防衛の任に付く以上、日本が特権を与える義理はないのですが、日本人の感性として「世話になっている方には、何かしらのことを」という気持ちが働いてるのです
自衛隊によって守られた平和を享受しながら、自衛官を「人殺し」と罵る(あっ、これもヘイトだよね)感性の持ち主である9条教徒の方々には、理解できない感性かもしれませんが、それは確かに存在するのです。
ただし、どの様な特権を与えようと、人間の命に吊りあうものなど存在しません。
私が「ある」とした感性・気持ちは、米軍人に対して、命に値段をつけるという意味で、大変失礼な行為であります。
在日米軍の特権廃止は、日本の防衛戦略と日本人の気持ちの納得という双方の視点から検証・廃止していく事柄であり、他の在日外国人の問題とは同列には語れないでしょう。
この問題は、この点で、集団的自衛権行使容認や憲法9条改正及び破棄とセットで議論しなければなりません。

No title

ダイスさん

相変わらず徹底した主観主義で、ごく限られた人以外とは認識を共有できそうにありませんね。
一つ歴史の事実についてお話しましょう。
日本政府として血統主義を是としているので、戦後の混乱を是正するために、在日朝鮮人に特別永住権を与える必要があったのです。
こういった歴史の事実が気に入らないなら、血統主義を止めて、日本国籍を無条件で与えるしかありませんよ。
そうなれば他の国の人も二世、三世になると無条件で日本国籍があたえられることになりますが、ダイスさんの立場ではそれは困るのではありませんか?
それと検証作業といっても、「在日特権がぁぁ」とか、ほざいてる世間知らずと違って、歴史的経緯や経験の中で「そんなものは無いよ」と分かっている人にとってスコブル退屈なので、先にイデオロギーに毒されていない様々の書物を読んで在日と交流を持って自分の目で確かめてください。
それでも何か疑問があれば、お話しますよ。

>米国政府の命令により日本防衛の任に付く以上
それはアメリカ政府が決めることで、決定されていることではありませんよ。
よって米軍に対する特権は過剰ですね。
なんにせよ少なくとも日本人より優越させる理由は無いと思います。

No title

ごく限られた人以外とは認識を共有できそうにありませんね。 ×
ごく限られた人とは認識を共有できそうにありませんね。 ○
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。