スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺すとか、死ねはいうたらあかん。

(お玉)フェイスブックでも書いた記事ですけど。
 先日、娘チェリーは鶴橋へ校外学習へ行きました。おにぎりだけもって、おかずは向こうで好きなものを買って食べて、鶴橋の美味しいキムチやさんで白菜丸一個使ってのキムチの作り方教わって、それをおみやげにもって帰ってきてくれた。食べ物は美味しくて、キムチも美味しくて、たのしかったようでした。
 ただ、最初の在日の方のお話がむずかしかったと・・・時間を大幅にオーバーして50分間もお話しくださったそうです。「私は平等とか、ウソだと思っています。私たちは、友好なんて求めてないよ。一人一人いろんなひとがいるんだから、誰とでも仲良くなんて出来ない。」そういわれたことがとても印象に残ったそうです。
 「あの人、なんであんなこと言ったんだろう?」チェリーはちょっと憤慨気味で、私もせっかくの機会にそれしか伝わらなかったとしたら、とても残念だと思いました。・・・
 それで、彼女に鶴橋のヘイトデモについて話してみた。在特会というのが中心となって、鶴橋でおこなっているデモは、あんたらの行ったあの商店街の周りで「在日しね!」とか「殺す!」とか「朝鮮へ帰れ!!」とか叫ばれていること。一時期はものすごい人数で日本のあちらこちらでこういうでもがあったこと。怖くて外に出られないほどに・・・・こういう事に接してきたことで、在日の方々の怒りや哀しみは深く、それがその方のお話につながっているのではないかと・・・
驚いたことに、学校でも、その在日の方のお話の中でも、デモのことを子供たちに教えていなかったそうです。
娘はとてもびっくりして、「なんで?なんのためにそんな差別するんやろう?」
「「なんで」、「なんのため」がよく分からないんだよね。理由なんか、あってないようなモンだとおもうよ。」
娘「在日の人たちって左翼なの?」
私「違うよ。ただ、そこに住んでいるだけで出て行けとか、死ねとかバカとか言われてるんだよ。でも、確かに母ちゃんのお友だちは左翼で、そういうバカなことをやってる人たちと闘ってる。これは在日の方々だけが怒っていていい話ではなくて、日本人も怒らないとダメなの。」

 このことからしばらくして、今回の男組逮捕の報道がありました。
しばき隊の出現で、在特会のデモの様子は随分変わったのではないでしょうか・・軽い気持でデモに参加して「死ね」「殺す」と叫んでた一般の、普通の、実は気が弱いかも知れない若者たちはどんどん姿を消していった。だって、こわいもんねえ・・・自分らが叫んでいる事への抗議のデモをやられちゃった訳ですから・・しかも、在特会と変わらず柄の悪い、人相の悪い人たちも結構いらっしゃる・・・「なんだ、自由に叫べないのか、つまらん」と思った人もいたでしょうね。

 人数もどんどん減っていったのは「死ね」とか「殺せ」は公衆の面前で叫ぶんは「あかんことやねんで」を言い続けてきた結果でもあります。

 路上で、たとえやくざに対して絡んだとしても、手を出せばやはり捕まってしまうのだろうと思います。「手」でちょっと押しただけでも相手が倒れてしまえば、やはりまずいでしょうし、めがねを外しちゃったらそれもダメなんかな?とも思います。サッカーだって、たとえわざと倒れても、上手に転んで審判がレッドカードと言えば相手は退場だモンね・・・お玉母さんは一応平和主義者で理想を言えば非暴力主義です・・・はい。なので、超左翼おじさんも言うように手は後ろに組んで〜言葉だけで威嚇しましょう〜に賛成です。

 実は初めてヘイトスピーチのデモのことをニュースで見たときには、私も「法規制」すべきではないのか?と思っていました。だって、警察が何でもかんでも言論の自由っていって取り締まれないなんてなんか、やだなあ・・ってね。その時超左翼おじさんが「あなた、その考えはおかしいよ」といろいろ話してくれたんですけど・・・・たぶんそれは、今コメント欄で頑張っているキンピーたんと同じ気持ちじゃないかな?と思うので、次回以降に、記事にしていただきましょうね。 



良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ
コメント

No title

怒りは強制されるものではないではないでしょう。
日本人も怒らないとダメというか、糞在特に日本を汚されているのですから、祖国を愛しているなら自然と怒りが湧いてくることですからね。

それとやはり暴力は技術の問題です。
ただ暴力を行使すれば不利になるケースが多いというだけのことで、その都度有効な暴力をあり方を考えれば良いだけです。
ついでに言えば非暴力は暴力が内に向かっているだけで、極論すれば集団的自衛権行使容認に抗議して焼身自殺を図った人と方向性は同じです。
非暴力は暴力と無関係なんかじゃなく、例えばある集団として非暴力をルール化してしまえば、それは集団内の他者に対しての強烈な暴力の行使です。
それを話し合いで決めようが、そこには何らかの強制性が働いているわけで、「自分も暴力を行使している」という自覚が無いと、暴力への歯止めが希薄になります。

国家という最大の暴力を背景に法規制を訴えるのも、非暴力という暴力を行使しているのだという自覚が無いのも、最も怖しい暴力を引き起こすのではないでしょうか。

「地獄への道は善意で敷き詰められている」
この言葉は、不純な目的を持つ者が言い訳のために使う言葉ではなく、また自称リバタリアンどもがイキガッテ使う言葉ではない。
とかく表面的に綺麗事をいう左翼ほど警戒しなければならない言葉です。
目的に対して手段が有効であるなら、暴力も悪も自覚した上で行使を躊躇ってはいけません。
男組(旧シバキ隊の一部)の彼らは「超圧力で行くんだ。それを暴力と受け取るかは知ったこっちゃねー。逮捕上等」と、彼らの言う超圧力をかけたことで、糞在特の参加者が減っていったという評価があるなら、それは目的に対して手段が有効であったということです。
「手段の正しさ」で評価されるのは、退潮に歯止めがかからない左翼の内部と、小学校までです。

Black Korea (1991)

で、この件の解決策って何でしょう?

私は、司法による鎮圧・逮捕を希望しますが、あくまで小規模な内にとどめていて欲しいからです。
しばき隊が動く前に、大阪府警がヌルかったので、小規模とはいえ市民と市民が衝突する状況になったと判断します。

原因や解決策の模索としては、ロス暴動やクロナラ暴動・5.13事件などとの比較でしょうか
不景気・貧困・犯罪・集団・街の構造とうの要素を加味して、あれこれ対策を講じなければ好転はしないのでしょうかね?
まずはやはり、景気でしょうか? 
トルコのクルド人問題も、景気が良くなる事とイラク側での自治区の形成で、だいぶ落ち着いた例もあります。

旧ユーゴのチトーの様に、景気をよくするだけでなく、都市開発でコミュニティの分散、民族主義者の摘発、などもありでしょうか?


とりあえず、Ice Cube のトラックを流しながら、色々夢想してみます。
しかし、「we'll burn your store, right down to a crisp.(お前の店をカリカリになるまで黒焦げにしてやるぞ )」って和訳も、何か違和感感じますね。
クリスプって、そんなに焦げんだろ…自分の場合だとバター(ラードとマーガリンで代用)が多いのかなぁ~

在特の参加者が減ったのは逮捕者やら有罪判決が出たからだと思いますけどね。
もちろんしばき隊側がそれを認めちゃうと自分達が無意味な暴力を振るったことになりますからそれは認められないでしょうけど。

というかお玉さん的には「悪い奴」なら取り囲んで脅して何かを止めさせるってのはありなんでしょうか?
そうだとするとしばき隊と在特の本質的な違いって何なんでしょう?

No title

>人数もどんどん減っていったのは「*ね」とか「*せ」は公衆の面前で叫ぶんは「あかんことやねんで」を言い続けてきた結果でもあります。

まさに男組が同じ事言ってるんですが・・・
さらに暴力まで振るってますから批判しているわけです。
「暴力によって言う事を効かせる」、これヤクザやテロリストとどう違うんですかね?

>なので、超左翼おじさんも言うように手は後ろに組んで〜言葉だけで威嚇しましょう〜に賛成です。

威嚇と言うと語弊があるような。
言葉だけでというのは賛成です。それこそ正攻法ですから。
ただし、大勢で一人を取り囲んで脅すような真似や下品な言葉は使用してはなりません。
一方は下品な言葉で怒鳴り散らし、一方は冷静に訴える。世間はどちらに味方するでしょうか、という事です。

No title

やじうまさん

逮捕されたのは4年前ですよ。
刑が確定したのもほとんど3年前です。
そこから認知度もデモ参加者も増えていきました(殉教者効果?)ので、逮捕・有罪は関係無いですね。

確か去年くらいにも小競り合い起こして双方が逮捕されてたような?
後、キンピーさんの言った逮捕以降も京都の学校に対するデモは減ってないんですか。

No title

やじうまさん

小競り合いということは、カウンターの出現が影響しているのではないでしょうか。
でないと、四年前の逮捕と小競り合いの逮捕とでは何が違うのか説明が必要になってきますし。
普通は敵対勢力との小競り合いで逮捕者が出れば、盛り上がるもんですからね。

>京都の学校に対するデモは減ってないんですか。

民事で糞在特の学校付近の街宣活動は禁止されているでしょ。
次は最高裁ですが、一審も二審も同じなのでひっくり返ることは無いと思いますよ。

だからしばき隊の暴力だとお玉さんの言うところの気弱で何となく運動に参加した人間にしか効果がないんじゃないですか。
だから小競り合いが今でも起こってるんでしょ。

京都の場合、しばき隊のカウンターがなくても裁判所の命令ひとつで学校周辺でのデモはなくなったんでしょ。
最高裁でそれが確定すれば在特がそこでデモをすることは今後永久的にないでしょうし、いくらバカでも他の学校で同じような行為をすれば同じ目に遭うことも理解するでしょう。

京都の例は法による規制が非常に効果的である一例だと思いますが。

No title

やじうまさん

>京都の例は法による規制が非常に効果的である一例だと思いますが。

半径200m以内、そして糞在特に対してはそうでしょうね。
でも子供の行動範囲ってそれだけじゃないですよね。
しかも糞在特以外の団体が出来ればまた同じことではないですか?
今度ももっと狡猾にしてくると思いますよ。

裁判での闘いが無駄だとは全く思いませんが、常に事後的限定的で、それを事前にカバーする法規制となると、これまた何にでも適応されそうで危ない。
やっぱり社会として糞在特のような言動は「受け入れ無い」ということを示し確認することの方が重要でしょう。

京都の判決はヘイトスピーチを規制する法で下された判決でないですよね。
だからこそ範囲や対象が限定されているのでしょうけど、にもかかわらず法が下した範囲内においての効果はカウンターなど比べものに成らないじゃないですか。
どれだけカウンターをしても根絶出来ない行為を法は力の及ぶ範囲に限れば根絶出来ています。
法の及ぶ範囲が広がれば根絶出来る範囲も広がるのが道理だと思いますが。

No title

やじうまさん

根絶ってのはやばいですよ。
蛆虫にも蛆虫なりの理があるのですから、少数になっても生きる権利はあります。

それよりも民衆の中で揉まれて、ヘイトを容認しない社会を作り保つことの方が健全です。
容易に誰かに頼ってはいけません。
そもそも私たちの社会の問題なのですから。

ここからの展開でも分かるように
http://otamachousayoku.blog.fc2.com/blog-entry-122.html#comment300
「どっちもどっち」という主張がどのような思想を根拠としているのか、明白になってきましたが、こんな蛆虫どもでも発言の機会ぐらいは与えてやらないと。
その上で、論理的でもなくオーソライズもされていない身勝手な決めつけで実力の行使主張したり、殺害をも示唆するようなことは「ダメですよ」と、示すことが日本社会の健全性を保つ上では必要です。
じゃないと、日本人はルールで決められなきゃ不法行為を止めることができない下等な民族なのか?と思われちゃいますから。

ヘイトスピーチ防止を法制化することを否定する国なんてないと思いますし、どこの国が法制化を下等などと言う可能性があるのでしょう。
ドイツのナチスに関する言論を規制するものも法制化されたものですが、ドイツ国民を下等などと等級づけしたがる下劣な国の話は聞いたことがありません。

逆に法制化しない方が本気でやる気がないと思われる可能性が高いと思うのですが、過去に法制化したことで法律に頼らなければルールを守れない下等な民族などと言う評価を得た国があったのでしょうか?
出来れば実例をあげて教えて頂けないでしょうか。

No title

やじうまさん

日本人はガバナンスが崩れても自らを律することができる人々であったはずです。
西欧とはレベルが違う。
それと同等になることは恥でしかない。
私はそう思っています。

日本人がそう思うことが欧米人の理解を得られていなければ本気を疑われるだけです。
人は多くの場合、自分を基準にして物事を考えますので法制化しないことでヘイトスピーチ廃絶への本気度を疑われることになりそうですね。

No title

やじうまさん

私は最初から消極的と言っているだけで、法制化に反対しているわけではありません。
ただ日本社会としてヘイトは許さない、法制化するまでも無いほど日本社会は健全であるという方向に行くのが好ましいと言っているだけです。

もし良かったらヘイトスピーチ法規制に対するブログ主さんの意見を聞いてみたいですね。
当然ながら法制化にもメリット、デメリットがありますからその辺も踏まえて論じていただけるとありがたいです。

No title

そりゃ、法制化されたらサヨク活動なんて大半がアウトだもんね。
法制化に賛成するわけがない。
> 法制化するまでも無いほど日本社会は健全であるという方向に行くのが好ましい
> と言っているだけです。
良い価値観だと思いますが、健全の指標が「俺様の好き嫌い」しかない方が、発言者じゃありがたみが半減だな。
(なぜか別エントリーではコメントが投稿できない…)

バコバコすると

よくわからないのですが、キンピーさんの言う
ヘイトを受け入れない社会は、市民がバコバコし合い、何人か死人が出ることで、その反動でなしえる
と考えて良いのでしょうか?

No title

ライ麦狼さん

http://otamachousayoku.blog.fc2.com/blog-entry-122.html
こっちに何度か書いてます。


ダイスさん

今日も妄想炸裂ですね。
元気が一番です。

No title

いえいえ、キンピーさんの域にはまだまだです。
どうすれば「共産党は民衆のための軍隊」なんて考えられるのか…(なぜか、あっちにはコメントできんのです)
やはり特定宗教に入信しなければ、無理ですかね。

ま、暑い日が続きますので「元気が一番」は同意です。

No title

あ、
よければうちの9条教に入信を認めますよ。

No title

ありがたい申し出ですが、この歳で親を泣かすような真似はできませんので、9条教だけはご遠慮させていただきます。

No title

ダイスさん

うちは他とは違って、正真正銘の宗教なのでご利益付きです。
気が変わったらいつでもお申し出ください。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。