スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛官募集問題の騒ぎ方

 (超左翼)集団的自衛権の解釈改憲が閣議決定された日(7月1日)、自衛隊から高校生への勧誘の手紙が来たといって、一部で大きな騒ぎになっている。まあ、重なってことが起きると、何か象徴的なような気がする場合もあるから、騒ぐ人の気持ちがまったく理解できないわけではない。

 だけど、その騒ぎ方のなかには、ちょっと行きすぎもあるように思える。何事も行きすぎがあると、理解されなくなると思うんだよ。

 たとえば、閣議決定と関連づけるのは、あまりにもクエスチョンマークだ。7月1日が高校生に対する就職勧誘の解禁日だったというだけことなのにね。こういう人は、もし6月に送られていたら、「集団的自衛権で危険が明白になる前に高校生をだまして勧誘しようとした」とかいうんだろうか。

 もちろん、集団的自衛権で自衛隊の海外派兵が問題になっているから、それを受け取った高校生が不気味に思うのは当然のことだと思う。それが拡散されるのも当然だろう。

 だけど、それをうけて、共産党の「赤旗」までが1面トップで、「18歳狙い撃ち」「おおがかりに自衛官募集」「赤紙来た感じ。こえーよ」ってやるのはどうだろうか。やり過ぎではないか。

 だって、高校を卒業する18歳を募集するのは当然だろう。別に「狙い撃ち」しているわけではない。「おおがかりに」っていうが、毎年やっていることではないか。

 こういうことをやっていると、「要するに、自衛隊は隊員を募集してはいけないということか」「護憲派は、隊員募集をやめさせることで、そのうち自衛隊員をゼロにしてしまい、結局、そのやり方で自衛隊をなくそうというわけか」なんていわれることになる。

 本当にそういう戦略かもしれないけどね。いや、まさかね。

 それと、これと関わって、徴兵制問題も浮上している。ホントに徴兵制が導入されるなら、若者にとって大事だから、そうやって宣伝したい人の気持ちは分からないではない。

 だけど、集団的自衛権が自民党にとってずっと悲願だったのと異なり、徴兵制って、ごく一部のひとがときに口にはするが、自民党全体の願望ではない。あまり煽りすぎて、「ああ、自民党のもとでも徴兵制はなさそうだ」と若者が安心するようなことになったら、結果として逆効果になるので、口にするときは慎重にした方がいいと思っている。


良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ
コメント

No title

自衛官募集の案内はがきと召集令状の区別がつかない人たちとそれへの反応 http://togetter.com/li/687954
togetterでこんなまとめができたくらいだから、けっこう、バカにされてると思うよ
私も、「たまたまじゃね…つうか、自衛隊だって、募集せな…災害救助とかでお世話になるかも知らんし… http://togetter.com/li/687954#c1525914 …」って、思ったし…
「もうさ、自衛隊の人の事、嫌いすぎ…別に、集団的自衛権、自衛隊が決めたんじゃないでしょうに…災害救助とかでもお世話になるしさぁ…そんなに嫌いなら、自衛隊をなくそうっていう政党でもつくって、政治を動かしたらいいのに…募集だってするだろ…わけわからんわ」っていうのが、そのときの感想

No title

野中さんは自身が見聞きした経験から、徴兵制という言葉を使っているんでしょうね。
戦争経験者からすれば「戦争なんだから、そういうことも起こりうる」ということなんでしょう。

でも仮に10年以上前から日本が対テロ戦争に地上部隊を送っていたとすれば、どうなっていたんでしょうかね。
アフガニスタンで殺し殺されそれが今も続いている。
さらにイラクでは「間違った戦争だった」とか言われちゃうわけでしょう。
日本はいまも総括していませんが、自衛隊員を戦場に出したのであれば、いくらなんでも総括せざるを得ないわけで、少なくとも「自衛隊員になりたい」という人は激減していたでしょうね。
だとしてもいきなり赤紙なんて来ないでしょうけど、政府は「貧者の徴兵」や民間軍事会社ぐらいは考えるでしょ。

よく思うこと…

 こんなツイートを見つけたんですけど…

https://twitter.com/akiharahaduki/status/486310292117127169/photo/1
>それにしても、オーストラリア、欧州、台湾、デモはみんな道路一杯に広がって自由に動き回る。対して日本は警官が大挙して押し寄せ不自由http://is.gd/3Wokdh 「デモは気軽にできる身近なイベント、私たちの最も大事な権利です pic.twitter.com/zxsgzFfltM

このように、「人権派」の人たちは、「日本、遅れてるー」って言いますよね。ヨーロッパが「進んでいる」ことを前提にして…。でも、海外で人を殺したり殺されたりということに関しては、戦後数十年の間は、日本はそれをしなかったのに対して、ヨーロッパの国々はそれをしてきた訳ですよね。そういうヨーロッパの国々の「体制」ってなんなんだろう?ってのがあるのですけど…。それって、本当に日本の「人権派」(そのほとんどは「護憲派」でもある)があこがれるべきものなんでしょうか?

>両軸リールさん

 サイード、『イスラム報道(増補版)』が面白そうだったんですけど、、、田舎の図書館にはありませんでした。『オリエンタリズム』ならありましたけど…。中古で買う方が手っとり早そうなんで、悩んでます。他の町に行く用事もあるから、そこで調べてみようかなぁ。

No title

徴兵制の問題、口に出すかどうかは別としてやはり気を付けていたほうがいいと思います。
集団的自衛権行使容認も1年半前の自民党政権が返り咲くまでは話題にも登らなかったが、あれよあれよという間に閣議決定に至った。どれほどの人が警鐘をならしたのか。
台風は、近づくまでは平穏な天候が急に風が吹き出すように変わるもの、世相も政局もそうだと思います。

No title

あ。
自分で「民間軍事会社」って書いて思い出したけど、自衛隊って軍法が無いから、海外に出た時スゲー問題になるんじゃないの?
そのしわ寄せが自衛隊員に行くか現地住民に行くか、、、どっちも可哀相すぎるな。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

庶民の協力を生かす制度に改編し無戸籍人・児童に教育を受けさせを経済成長に貢献させる制度に改正せよ

 誕生はお上への届けど制度のため、親が届度を躊躇う事情がある場合青少年になるまで戸籍なしで学校に行けず字も書けない大人が多いと報じられた。またこのような人たちの親は、人に所在を知られなくない為転々と住居をけるだけでなく、何十年も家でなく車で生活している人もいるという。社会制度はお上が作るもので庶民の協力を生かす制度が無いため、また貧困促進経済制度のため、この少子化防止の時代にこのような人たち...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。