スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河野談話検証での韓国政府の態度の問題点

 (超左翼)韓国政府って、慰安婦問題になると、ちょっと外交的常識を失うみたいだね。日本政府による河野談話検証のことである。

 なぜ安倍さんが河野談話の検証をして、それを公表したかというと、韓国政府とすりあわせしたものだということを強調したかったからである。自分がそれでいいと言っておきながら、あとになって態度を変えるのはおかしいだろうと、言外に韓国政府を批判しているわけだ。

 だから、韓国政府が怒るのは理解する。すりあわせしたことは公にしないとの合意もあったことだろう。日本政府の側も、そういう点では、外交的常識を逸脱しているという面がある。

 だけど、外交問題を解決しようとするわけだから、「これでいいだろうか」「いや、それはちょっと」とか、いろいろなやりとりが水面下でやられるのは当然のことである。誰もがそういうことは当然だと思っている。

 そういうことが分かっているから、河野談話で決着済みだと思っていたら、合意したはずの韓国政府が態度を翻して、問題になるのである。韓国への日本国民の不信が生まれるわけである。

 今回の態度もおかしい。日本政府が河野談話の信頼性を傷つけようとしていると言って批判していることである。

 たしかに、日本政府の意図にはそういうものが含まれる。だけど、自分(韓国)とすりあわせして、その考えを尊重してつくられたという経過が公表されているのに、ただ信頼性が傷つくというのでは、意味が不明である。「おまえの考えを尊重してつくった」と言われているのに、「信頼性が傷つく」と言葉を返したら、「おまえの考えには信頼性がないのか」と思われるだろう。なんだか、安倍さんの手のひらで、いいようにもてあそばれている感じだ。

 結局、韓国政府は、国内世論と外交常識の板挟みのなかで、自縄自縛に陥っているという感じかなあ。そこから自分で抜けだす道を見つけないと、いつまでたっても韓国の慰安婦は救われない。そして、どんどん高齢化して、救うにしても救えなくなっていく。

 河野談話の検証問題をどうとらえ、どう打開していくのか。韓国政府にとっても正念場だろう。

良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。