スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共産党の報道各局申し入れ書

 牡蠣フライをたべながら、安くてうんまい白ワインを超左翼おじさんとぐびぐび飲みまして・・・夕飯中に盛り上がったお話。

 昨日は自民党が衆院選の報道にあたって「公平中立、公正の確保」を求める文書を在京テレビ局各社に送っていたことが「ばれ」て左翼リベラル系ネット界隈では大騒ぎになりました。
「やっぱ政権政党の自民党がこんな文書だしちゃまずいよね。報道現場が萎縮するモンね」と語る私に超左翼おじさんは「なんで?こんなこと野党だってやってるよ」とあっさりいうので、「え!だって、民主党もこんなことしたことないって怒ってるみたいだよ?」と言う私に「共産党は前からやってるよ。偏向報道しないでくれって選挙のとき文書出してるはずだよ。」と・・・

 う〜ん、この報道のキモは自民党がたぶん「はじめて文書を出したこと」なのかもしれない。政権政党が「公正中立」「一方的な意見に偏向しないこと」を求めた事はいけない事だろうか?

 共産党の申し入れ書はこれ↓だって。


総選挙がはじまりました。
この選挙にあたり、私たちはテレビ・放送各局の選挙報道に関し、放送法にもとづき放送各局が「放送原則」として自らを律している「不偏不党」「公正・公平」を貫くことを、ここに要請いたします。
……
このような時、放送各局が、選挙報道において特定の政党に偏らず、「公正・公平」を貫き、「国民の知る権利」にこたえることは、公共の電波を使用するテレビメディアとしての国民にたいする責任と考えます。その立場から、特に次の二点を要請します。
第一。党首討論をはじめ各党代表討論について──特定の政党に偏らず、公正な発言の機会と時間を保障すること。……事実上、選挙戦に入っている以上、これまでの議席をもとに、政党の扱いに格差を持ち込むことは、民主主義の原理に反します。これは公示前、公示後の選挙報道でも同様と考えます。
第二。選挙の争点、各党の政策紹介などについて──選挙で問われるのは、アベノミクスだけではなく、消費税増税、集団的自衛権行使、原発再稼働、沖縄新基地建設、「政治とカネ」など、安倍政治の全体であり、各党に問われるのは政権への立場と政策、その裏付けとなるこれまでの実績です。
以上、要請します。
日本共産党中央委員会


 自民党と同じよなこと言ってる・・・ただし、自民党は「ゲスト出演者などの選定についても公平中立、公正を期す」と「街頭インタビュー、資料映像などでも一方的な意見に偏らない」の二点が加えてあるそうだけど。これって当然のことのような気もする。
 とはいえ、街頭インタビューで聞いても聞いても「景気よくなってない」という意見しかもらえないときでも「安倍政権より」のインタビューを載せるとすれば、それ、ねつ造ですから・・でもそんな事しろって話じゃないよね。

 で、自民だけではなく、共産党も同じ事やっててもだれも批判しないんだよねえ。それは共産党がお願いの文書を出しても影響力がないからなんだよねえ。それって、ちょっち情けないような・・・でもさあ、今回は自民党が「公平」な報道と言ってくれてるんだから、そこ、おおいに使わせてもらって、安倍ちゃんに偏向した現政権に有利に傾く報道にはきっちり抗議の声を上げるとか・・どっかな。横並びで自民党が恫喝!と批判するのばかりがいいようには思えないんだけどねえ。

 でもね、私は朝日は朝日らしく毎日は毎日らしく、そして産経読売もそれらしく報道すればいいことだと思うんだけどね。横並びで同じような公平な番組やっても面白くないじゃん。
スポンサーサイト

ありがと

 あのね。裏から、かかわったら大変だからスルーした方がいいよって、昔のコメンターの方々から言われてます。私は良いんだけど、一生懸命書いて下さるのがだんだん申し訳なくなってきたよ・・

 週末に、超左翼おじさんの講演会の打ち上げでね、こんな事があったよ。超左翼おじさんに対して「もしも北朝鮮が攻めてきたらなんて言うヤツは〜」と酔いにまかせて右派を批判していた新聞社OBさんがいたのよね。私、我慢できなくてつい、「あなた、街頭でチラシ配ったことありますか?実際に面と向かって、もしも北朝鮮が~って言われた経験おありですか?」と訪ねたらいずれも「ない」とおっしゃった・・・なので、「チラシ渡した相手にそういわれたら、あなたはなんて答えるのですか?」と聞きました。でもその方はチャンと答えようとして下さらなくて、「話し合いが大事だよ」とおっしゃったので、「面と向かって、そうおっしゃるのですか?もしも北朝鮮がミサイル打ち込んできても話し合いだと?」と突っ込んで聞いた。そしたらその方の最終的なお答えが「安保があるからアメリカが助けてくれる」だった。そう答えざるをえないほどに「自衛隊があるから、個別的自衛権だから大丈夫」と言いたくないんだよね。と、さらに突っ込もうとしたら超左翼おじさんが「それもひとつの答えだから」と私がそれ以上ヒートアップせぬように止められちゃったワン・・^^。
 でも自衛隊を認めたくないばかりに、他国に攻めてこられても「話し合い」か「アメリカが助けてくれる」では、国民は納得しないし、安保はどうすんねん!!と憤る私に、超左翼おじさんは「あなたそれブログで書けば?」といってくれたんですけどね・・・
 
 一緒やと思うねん。ネトウヨ系の人がいうのとサヨクの人が言うことって、ベクトルが別なだけでさ。痛いって意味でね・・・・
 きょう、朝日新聞が在日特権について記事かいてるんですが。私は産経新聞が在日特権をどういう定義で認めているのか知りたいです。そんなに歩み寄れないほどかけ離れた話なのですか?(一応調べてみたけど分からなかったもので)
 私の友人は在日ですが、いくつもの仕事を掛け持ちしながら必死に子ども育ててね。特権とかあるんやったら、恩恵をこの友人に授けてほしいなあって思ってる。
確かに、ずるして一部に特権をむさぼってる人がいるんだということは認める。それはなくそうよ。許せない。 でもね、ほとんどの在日の方々はそんな特別扱い受けてないよ。そういう人達の耳に聞こえるヘイトスピーチがつらくて、傷つくのは「当たり前」のこと。右とか左とか関係ない。そこを語ってくれてるうちの右派コメンターを私は誇りに思ってます。
ありがとう。でも、あまりにあきれてしまうようだったら無視していいよ。あなた方の貴重な時間を使って頂くのがあまりにも申し訳ないです。ごめんなさい。

良識ある右派と左派は、ねつ造は戦略的にあかんってわかってるよ

バイク乗りの兄さんに、そろそろブログやめたら?といわれちゃったけど、もうちょっとやる・・・
ここでがんばって書いてくれてる右派系のみなさん・・・某所ブログでお玉おばさんの一味にされてる^^・・・それはあんまりやよねえ。これまでだって、私の記事の批判してくれてるのに・・右左以前の、「あかんことをあかん」というのにも色分けしないとダメなんでしょうか・・・

 コメント欄の貼り付けられた写真について。
 保守系のブログでも、この写真がそういうたぐいのものではないことを書いてはりましたよね?これは韓国の高校生の写真。土下座じゃなくて似て非なるもの「クンジョル」。・・・・こういうの、サヨクがよくやる誇張とねつ造じゃないですか?
 で、本物の広島の高校生の写真と記事をなぜ紹介しないのかな?と思ったけど、もしわたしが「こんな事実ありません!!」って書いたらもうすごく糾弾されちゃったりしそうな気がする(気のせいかな?)、ロムさんのコメント。トラップかなあ?とちょっと思った。
 広島の修学旅行の写真も土下座ではないけど、先生に言われてみんなで頭を下げさせられたのは事実。(これについてはアカンだろう!!と強く思います)公立で先生が強制的に謝罪とかさせるのはあかん。いろんな思想信条の家庭があるんだから。と思ったらこれも真実の空模様さんが検証記事書いてる・・右派だって、真実かどうか確かめてから批判したい人達はいるんだよね。当たり前だね。

ヘイトスピーチにはかばえるところはないよね。

 超左翼おじさんはいまだお忙しく、週末の講演会や左派びっくりの本の執筆にも取り組んでおり、このまま年末まで突入するのかなあ・・と思います。(身体が資本やで。ちょっとは仕事減らそうね・・・)
ふと気になったので、書いておきます。

 右派ではなく、左派こそがが朝日新聞やサヨク的過激な行動、間違ってる論を正さねばならないのと同じく、在特会のヘイトスピーチは右派に正して頂きたいですね。いろいろコメント欄でうちの記事について批判的な論考を書きながら、「在特会ヘイトスピーチにも理がある」とかばう姿(私にはそう見えますが)を見ると、なんだサヨクと同じじゃん・・って読んでいる人に思われる事ではないのかな? ダイスさんの書く内容ではなく、書き方が、左翼で頭のいい人がやってることに似てる気がしてきてます。
 ・・と言うことを遠慮がちに、でも一貫して右派の一般人さんややじうまさんはおっしゃってるのかなあと思うんですが。どっかなあ

 表にはまだ出てないけど、超左翼おじさんの朝日新聞批判って、かなり厳しいんだよね。まあ、たかがうちのブログ程度で批判する分には全然影響なんて無いけどさ、超左翼おじさんは実名出して本にするんだもの、しかも大手から・・・・大変だろうなあと思ってます。(いろいろ、影響あるかも知れない。)でも、やらねばならないって、大事なことだからって。左翼再生のために頑張ってるんだとおもう。

お返事かねて

やじうまさんへ

>「平和運動家」にはいないと思いますけど単なる「反米活動家」ならいても不思議はないでしょう。
>そしてその両者が同じテーマのデモなんかに参加してると両者を混同させて見る人が出て来ると。
>真面目な話、公共の場で過激な表現って必要なんでしょうか?
>お玉さんはどう思われます?

 お返事かねて、記事にしときます。前にも書いたように私や超左翼おじさんは法的措置ってのはだめと思ってるんですが、左翼でも法規制に賛成している人多いから(ツイッターでカウンターの人にお玉はあほかと言われたくらいです・・・)、レアな立場かと思います。

 公共の場で過激な表現はあかん。一般国民はどん引きするするし過激な団体が勝手にやってることだと思われて伝わらない。
 私は兵庫県で活動していることが多いですが、公共の場で「過激」な事はやってないよ。だから最近はチラシ配ると、子連れの人やサラリーマンの方が話しかけてくださることも多い。もちろん賛成意見ばかりじゃないよ。たまに反対の人、どちらか分からない人が意見してくださることもある。これ、大事だと思わない?過激なデモやってると、誰も近づいてくれない。怖いもの。在特会のデモなんて、怖くて声かけられないよ。戦略的に損してると思うけど、我が身に振り返って、左翼も考えたいですよね。
 私は、ブルドーザーデモに好意的でなくてね。海外の動画でブルドーザーで警官隊を威嚇しながらやってる風景を見てショック受けてたから。あれを思い出すので、日本のはほのぼのしてて、それとは違うと分かっていても、できればほかの方法がいいなあと思った。←これもきっちり左翼に怒られましたが・・・いまだ考え変わりません。強くて大きなものを持ち出すと、怒りがマックスの時に暴挙にでないとも限らないと思えるから。

 ただ、どこまでが過激なんかという話になるでしょう?線引き難しいと思うのね。それって、誰が決めるの?たしかに、在特会のえげつないシュプレヒコールを警察が取り締まってくれない事への不満や怒りはあります。目には目をのカウンターはそこか生まれたと思う。(ただし、これも書いたことあると思うけど、暴力は絶対にだめ。先に相手が手を出してもやり返せば一緒に捕まるからね。)

 左翼だっていろんな意見があります。デモが大嫌いであんな事で政治は変わらないという人もいます。反対にデモがなければもっとひどい世の中になると思っている人もいます。そうやって、いろんな人が存在できるところが日本のいいところだと思えます。
だからといって、過激な在特会のデモや過激派系の左翼運動は許せません。
 ただ、それをやめさせるのは法律ではなく、世論でありたい。実際、過激な左翼運動は世論に受け入れられずに消えていきましたよね。在特会もだんだんそうなっていきそうな気配です。
 
 あと、うそや大げさなことを言ってあおるやり方も一時は耳を傾けてもらえても、それが真実ではないとばれちゃったときに、信用なくします。これは朝日に限ったことではないです。

 いま、コメント欄は右派の人達ばかりになってます。時折イラッとくることもありますけれど・・・ま、左派に嫌われそうなことばっか書いてるんだからしょうがないです。
 でも右派にもいろんな方がいて、私とお話し合いそうな人もいるんだなって分かるのがうれしいです。なのでお玉規制はせずにずっとこのままいきます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。