スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石破さんは手強い

 (超左翼)と私も思います。自民党の総裁選において党員投票で安倍さんに勝っていたわけですから、国民目線から見て支持が流れやすいことは証明済みですし。

 集団的自衛権の問題では、安倍さんのように「限定容認」という姑息なやり方はとらないので、公明党を抱き込んだりするのは簡単ではないでしょう。国民世論を突破するのも難しいと思います。

 だけど、石破さんに近いかたから聞いた話によると、彼は今回の与党協議についても、公明党に配慮して棚上げすることを提示していたそうです。時間がかかっても、国民世論を説得し、公明党を説得し、その上で推進するのが彼のやりかたです。

 そのやり方では自分の任期中にできないかもしれないということで安倍さんが怒った。そして、ホントだったら幹事長が代表をやるのが筋でしょうが、高村さんを与党協議における自民党の代表にすえたというわけです。それで安倍さんと石破さんの確執がふかまっているというのが、現在につながる事情でしょう。

 石破さんは、集団的自衛権のこともよく理解しています。地球の裏側まで行くのだという石破さんの発言が批判されますけれど、集団的自衛権というのはそういうものですから、石破さんが特別に悪いことを考えているわけではなく、世界の常識を言っているだけなのです。

 また、集団的自衛権には本音と建前があることも、ホントによく理解している。右翼であれ左翼であれ、集団的自衛権というのは同盟国を助けるものだということから一歩も出られない人が多いです。しかし彼は、今年はじめに出した本のなかで、誰であれ(中国であれ)、攻撃されたら助けるのが集団的自衛権だと明言しています。実際にそういうことはしないでしょうが、この問題にそういう建前があることは分かっている人です。

 そうやってよく分かっているから、首相になったら、安倍さんのように名前を歴史の残したいためとにかく強行するというのではなく、堂々と攻めてきたでしょう。集団的自衛権の建前はそれなりに意味のあるものだということくらいでは国民合意をつくったかもしれません。

 まあ、内閣改造がどうなるにせよ、石破さんの去就は注目ですね。石破さんが党と内閣の役職から外れたら、どこかの9条の会に呼んでもらって、護憲派と討論するなんてどうでしょうか。仲介してもいいです。

良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

石破さんは、よりマシではなく最も強いラスボスになり得る人。

(お玉)私は犬猫モルモットも大好きですが、子どものころからイグアナ系トカゲさんやカエルさんも大好きで・・あの何とも言えない人をバカにしたような、それでいて愛情に飢えている子どものような瞳が好きなんですよね・・

だから(このだからは使い方としてまずいだろうか・・)石破さんのお顔の方がハッシュパピー系安倍さんのお顔より好きです。


いぬ

 人間としての魅力をどちらに感じるかと言えば、イメージがネットの中の「ウヨク」っぽい安倍さんよりも、ストレート正統派右翼な石破さんのほうです。

 自衛隊に対する愛情も安倍さんよりも石破さんの方が強いと思うし、もしも石破さんなら、集団的自衛権についてもっと明確な説明を国民にしているだろうし、こういう安倍さんのようなセコイやり方で、拙速に閣議決定する様なことはなかったろうになあとも思います。

 さて、左翼の中には石破さんは、リベラルに近いから安倍さん倒すために石破さんを応援しないと・・と思っている方がいるようです。これ、危ない・・
 石破さんは安倍さんとは違う。総裁になったらきっと本気で全力で憲法改正に向けて取り組むと思うんだよね。正攻法で国民投票の是非を国会ではかり、国民投票をやると思う。今どころでなく、もっともっと力をつけないと、今度こそ、負けるかも知れない・・・安倍よりも石破さんの方が「まし」ではなく、石破さんの方が「最強」な敵、ラスボスなのです。


いぐ
良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ

続・NHK 60年目の自衛隊

 (超左翼)お玉さんに言われてネットで見ました。とってもいい番組だったんじゃないでしょうか。

 私の知っている左翼のなかには、これを見て疑問がふくらむばかりだったと言ってる人もいます。たとえば、集団的自衛権を行使する軍隊に変貌しようとしているときに、それにまったくふれていないのはけしからんとか。

 だけど、十分にふれていましたよね。最後、自衛官が集まった場面で、集団的自衛権について質問され、何人かが答える場面がありました。誰もがこの問題に関心をもっていることが伝わってきました。

 もしかして、自衛官が集団的自衛権を堂々と批判する発言をしていないからけしからん、と感じている左翼がいるとしたら、それはおかしいと思います。もちろん集団的自衛権はけしからんものですが、政府が何かを決定しようとしているときに、自衛隊がそれに反旗を翻すようになったら、それこそ軍隊の暴走でしょう。自衛官というのは、個人がいろいろ思っていても、そういうことはしてはいけないと思います。そういうものであってこそ、もし護憲派が政権につくようなことがあった場合も、自衛隊の政治的中立が保たれるわけですから。

 それと、お玉さんが引用している発言もありますが、幹部自衛官が、誰も殺さず、誰も殺されず、任務を終えることに感慨をのべている場面がありました。これも、憲法九条のある日本の自衛隊という感じでしたよね。

 まあ、空想の世界なんですが、もし大臣をやらせてもらえるとすると、何大臣を望みますかと問われたら、私は迷わず「防衛大臣」です。優秀な自衛官とともに、憲法九条のもとでの自衛隊をつくりあげてみたいと、実は本心で考えていた時期もあります。笑われるでしょうけど。

 だけど、護憲派の政権ができて、自衛隊を忌み嫌う人が防衛大臣になったら、とってもガマンできないです。護憲派の政権なんかできないというのが、世の中の「常識」でしょうけど、それは本当にさびしいなあ。


良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ

NHK 60年目の自衛隊

(お玉)はい、ひさしぶりです。
福岡に行ったりお盆だったり、台風だったり、大雨だったりと
しばらくここへ書かない間にツイッターでデモの話したり、フェイスブックで戦争のことを話したりと、大忙し?で、相反してまた〜り過ごした8月前半でした。

先日、NHKスペシャル「60年目の自衛隊 現場からの報告」を見ました。
感想として、よくここまで撮影するのを許可したなあと、感心しました。
幹部候補生達へのインタビューもよかったし、彼らの上官の話もよかった・・・
「大いなる精神は静かに忍耐する」という言葉を引用した上官の話が印象的でした。
他にも「戦う覚悟を持って戦わない」「究極にはこの国を二度と戦火にさらさないこと」と銃を持ち訓練をする幹部候補生達の前でそう話すのをみて、こういう事を訓練で話せるのは9条を持つ日本の自衛隊だけだよねと感心したり・・・

が・・放送直後に番組に対する左翼側のお怒り記事を見つけてしまって、あっという間にその批判を支持する方々のコメントや「いいね」がたくさんついているのを「なぜ??」という思いで見つめてました。・・そのときは私も酔っていたので、私の見方が変なのか??と思ってちょっと気持を塩漬けにしていたんだけどね。
あらためて超左翼おじさんにもこの番組見てもらった・・・・彼の感想も私とおなじで「いいじゃん」でした。で、あらためて批判されていた記事を探したんですが・・みつからん・・・酔ってた私の見間違いだったのだろうか・・・
でも、褒めてる記事も見あたらないので、とりあえずここに書いておきました。オンデマンドで再放送見られますので皆様ぜひ!!


良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ

「美味しんぼ」を「赤旗」がとりあげない理由

 (超左翼)先日、放射線防護学などの専門家数名が集まる場所にいって、いろいろ議論してきた。そこで話題になったことのひとつが、「美味しんぼ」のいわゆる鼻血問題について、報道機関がどうとりあげてきたかという問題だった。

 「美味しんぼ」の立場に賛成するにせよ反対するにせよ、きわめてホットな問題で、報道機関なら絶対に無視できない問題である。ところが、共産党の機関紙「赤旗」がこれをとりあげていないということで、その場でいろいろ議論になったのである。

 集まったなかには「赤旗」と親しい人もいて、記者が弁明する理由を開陳してくれた。内部に「美味しんぼ」の立場に賛成する人と反対する人がいるので、統一的な見解をもてないため、報道そのものを控えるというのが、その理由であった。

 しかし一方で、同じ放射線被曝の問題で、賛成と反対が分かれるような問題であっても、「赤旗」が報道していることもある。放射線被曝はすごいことになっているというような内容だと、その真偽があまり問われることはなく、チェックがあまりされないらしいのだ。「この報道はおかしいだろう」と意見を出したところ、「すみません。あまりチェックしないまま報道しました。これからは大丈夫です」という弁解があったそうだ。

 こういう問題について、議論になった。「政党だから、意見の分かれる問題で、「こっちが正しい」と言ってしまうと、別の立場の人の支持が離れるので、仕方ないよね」という意見もあった。他方で、科学を標榜する政党なのだから、たとえ一部を敵にまわすことがあっても、「真理」を追及すべきだという意見もあった。

 実際、意見が分かれる問題ではどちらの側にも与しないということになると、変なことになるんだよね。たとえば、安保条約なんか意見が分かれるのに(というか、最近は、支持する人が圧倒しているが)、共産党は「廃棄」一本槍である。

 自分のアイデンティティを貫くということと、政党だから政権を獲得するためにアイデンティティを脇におくということと、そのバランスは難しい問題だよね。

 でもこれは、共産党だけの問題ではない。私だって、自分のアイデンティティはあるけれど、そのアイデンティティは、国民多数の支持をえなければ実現できないということもあるから、バランスを考えなければならないしね。

 こういうことで悩むこと自体が楽しいことでもある。未踏への挑戦だから。


良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ



週末までおりませぬ。後はよろしく。

たぶん、ネット見る暇がほとんどないので、「お行儀よく」「知的レベル高く」「かっこよく」「品よく」コメント欄で遊んで下され。(うん、むちゃいってるとわかってます)

台風接近中ですが、今から福岡へ・・すでに新幹線が一部運転見合わせとか・・
たどり着けるのだろうか・・・



良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ



ネット言論いろいろ

 (超左翼)このブログを開始するにあたって、お玉おばさんと少しだけ意見が対立したのは、コメント欄の扱いだった。私はずっとフルオープンでやってきていて、それを貫きたかったのだ。

 一方、お玉さんは批判的なものでもできるだけオープンにしてきたが、同時に表に出さないのもあって、その基準は、批判に「愛」があるかどうかというものだった。これって、私なんかよりはるかにブログ経験のあるお玉さんだから可能になるものだと思う。出さないのを納得してもらうワザ?

 これは私にはとってもできそうになかった。コメントを読むだけでも大変なのに(あまりに多くて忙しいときは読まないし)、それを出すか出さないか判断するなんて、考えただけでも身震いする。これまで人生の転機に一度か二度、ストレスを感じたことがあったけど、日常生活でストレスなんてあり得ないでしょ。

 ということで、何を書かれても私はストレスになりません。いろんな人がいろんな見解を発表していることは、私に対する批判であっても大切だと感じます。どうぞ自由にコメントしてください。

 なお、この間、ヘイトスピーチとカウンターのことが話題になっていました。そのきっかけの記事が「暴力に対しては実力で」というものであったことで分かると思いますが、この両者を同列に論じてはならないというのが、私の基本的な考え方です。

 国際法にたとえると侵略と自衛ということになるでしょうか。これって、外形的には同じように「武力の行使」なんです。国連憲章で一般的に武力の行使は違法だとされています。だけど、自衛の場合には、外形的には武力の行使であっても、その違法性が阻却されるということです。

 もちろん、じゃあ違法性が阻却されるからといって、何をやっても許されるわけではありません。まず、相手の武力行使を外交的にやめさせる努力をやって、それではダメだと分かった時だけです。さらに、相手の武力行使をやめさせればそれでいいのであって、さらに追撃することも許されない。

 この点で、「男組」は、自分たちでもいろいろ反省することがあるとのべているわけで、その方向での努力をしてほしいと思います。

 だけど、何というか、目の前で違法行為があるわけですよ。それが侵略であったり人種差別であったりするわけです。それに対して、暴力には反対だからといって、侵略を許すことがないように(自衛の措置は当然だと考えるように)、目の前の人種差別を許すということも、あってはならないと思います。

 だから、この問題は、どっちもどっちというものではなく、違法行為と闘う側が、その手段をどう鍛え、国民多数の支持を得ていくのかという問題だと思います。

良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。