スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘイトスピーチには笑顔で対抗

今日は衝動買い?してしまった豆あじとお高級な一匹100円のあじたちとの壮絶な戦いが待っておりますので、こんなんで、お茶を濁させていただきましょう・・今夜はアジづくしだなあ・・

ヘイトスピーチには笑顔で対抗だ。日韓中の若い世代が「HAPPY」を踊ってみた。




福島バージョンのときも思ったけど、こういう企画って、『伝える」力は、どんなデモよりも言論よりも効果があると思います。

良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

脱原発に変わる理由

 (超左翼)先日、ある教育者の集まりに参加し、集団的自衛権と九条の軍事戦略について講演をしてきた。私の前にいくつか教育実践の報告がおこなわれていたのだが、少し早く行きすぎたため、報告をひとつ聞くことになった。これが考えさせられる内容だった。

 大学生に対する授業なのだ。脱原発について考える授業である。先生は、何回かテーマごとに話し、授業の終わりに、原発に対する学生の態度を聞くのだ。賛成か反対か。

 たとえば代替エネルギーの可能性について授業する。もちろん可能性があるという内容だ。あるいは原発の環境問題についても授業する。しかし、そうやって授業しても、学生の原発に対する態度は、あまり変わらない結果だったという。

 だけど、ひとつだけ、学生の態度が劇的に変わった授業があった。何を教えたかというと、内部被ばく。代替エネルギーに可能性があるとしても、それまでは必要だろうと思う学生が、この問題を聞くと即時廃止になるそうだ。

 なんとなく、分かる気がする。理論的にどうこうというのではなく、何となく体の内部が侵されて、むしばまれるような感じがあるのだろうな。

 それを目の前で体験するものだから、脱原発派を増やすためには、内部被ばくの脅威を宣伝すればいいという人が勢いを増すことになる。それを伝えて、びっくりする人がいるものだから、やはりこの路線だということになる。

 じゃあ、脱原発の多数派をつくるためには、内部被ばくのことで行くのか。そういう人も少なくない。

 でも、実際この3年間、この問題はかなり強調されてきた。けれど、脱原発を政治の場面で多数にするほどの動きはつくられてこなかった。

 この問題、大きく宣伝すればするほど、逆に「誇張するような人は信じられない」という声も大きくなっていく。脱原発に変わった先の学生も、じゃあ、被ばく線量が2ミリから2.1ミリに増えることでどういう影響があるのかという次の問いになったら、また違ってくるのだろうと思う。そういうくり返しのなかで、脱原発派のなかに分断が生まれていく。

 さて、どうしたものか。考えどころだなあ。


良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ

安倍ちゃん発言の変遷

(お玉)安倍総理って、最初は憲法9条を変えたいってたんですよね。でも、憲法って、国民投票で半分以上の賛成がないと変えることは出来ないんだよ。しかも国会で議員の2/3以上の賛成がないと国民投票をおこなうことも出来ないの(憲法96条)。憲法って大事だから簡単に変更できない仕組みになっているのよね。
 それで、安倍さん考えた。国会議員の賛成が半分あれば国民投票できるように憲法96条をまず変えちゃおうって・・ところが、世論を巻き込んで大論争になって、安倍さんの味方だと思っていた人たちからも「非常識」と大反対にあいました。そもそも、憲法を改正する手続きを変更した国なんて、よそにはないんですよう。
 で、そうこうしているうちに、安倍さんは思ったのよね。国民投票で負けちゃって九条を変えることが出来なかったら、安倍さんがやりたい「よその国の戦争のお手伝い」が出来なくなってしまう・・。それで、だんだん国民投票のことを言うのをやめたのよね。
 で、次に言い出したのが「集団的自衛権」。今までず〜っと政府が憲法違反だから認められないって言ってきたのに突然「できる」ことにしちゃった。みんなびっくりしてしまって、認めたいにしても長い時間をかけて話し合って決めないとだめでしょ!って野党も国民も自民党の一部の方々もみんなで言ったのに、安倍さん、公明党さんとたった一ヶ月の話し合いで決めちゃったんだよねぇ。
 自衛隊が他国の戦争に巻き込まれるかもしれない大事な問題をたった一ヶ月ですよう!!奥さん!おどろきですよねえ・・



良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ

「暴力と実力」再論

 (超左翼)お玉おばさんからのリクエストがあるので書きます。その前に、「男組」全員が釈放されたそうで、うれしいです。

 この問題では、一般論が通用する範囲と、それが通用しない範囲があると思います。だから難しい問題なんですけど。

 民主主義社会では、言論に対しては言論で対抗するというのが、一般的なやり方だと思います。ヘイトスピーチなどに対して法規制を求めるという気持ちは理解しますが、権力(法をつくる権力とそれを執行する権力)を強化し、それに頼って問題を解決しようとすることは、つねにその強化された権力がこんどは誰に向かうのかという問題になってきます。

 権力に対する信頼性がそれなりに確立されている社会では、そういう方向がめざされるべきでしょう。だけど、日本がそれほどのところに到達しているとは、私には思えません。秘密保護法やら集団的自衛権やらがこれほど問題になっているわけですから、ヘイトスピーチの問題では権力がいい動きをするとは考えられない。

 そして、そういう程度の権力になっているのは、私たち国民が権力を監視し、コントロールする力が弱いことの証でもあります。だから、言論の自由や民主主義が脅かされたとき、法規制を強化するという方向ではなく、国民自身の言論の力で解決するという経験を積み重ね、強めていくことが大事なのだと思います。

 その国民の力は、合法的なものであることによって、世論の支持が広がり、力が強くなるというのが一般的な方向でしょう。言論の自由のない社会のことを考えても、一般人を巻き込むようなテロに訴えていては、めだちはするけれど支持が減っていって結局は力を失うわけですから、ましてや言論の自由が保障されている日本で、非合法な暴力を正当化することはできません。

 ただ、すべて合法的なものでないとダメかというと、そういうわけでもないと思われます。たとえば、沖縄の辺野古に新基地を建設するため、反対派の妨害を排除しようとして立ち入り禁止区域を拡大するということがやられています。そういう場合、禁止区域に入ることは違法なこととされるわけですが、あえてごぼう抜きされるような場面をカメラにおさめ、世界中で放映されることなんかは、アメリカ世論を動揺させ(基地建設への支持をへらし)、基地建設を断念させることにつながると思います。もちろん、こちらが暴力をふるったりしては逆効果でしょうけどね。

 ということで、やはりこの問題は難しい。だけど、考えるべきカナメとなるのは、世論の支持を得て力を強めることができるかどうか、ということではないでしょうか。


良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ

殺すとか、死ねはいうたらあかん。

(お玉)フェイスブックでも書いた記事ですけど。
 先日、娘チェリーは鶴橋へ校外学習へ行きました。おにぎりだけもって、おかずは向こうで好きなものを買って食べて、鶴橋の美味しいキムチやさんで白菜丸一個使ってのキムチの作り方教わって、それをおみやげにもって帰ってきてくれた。食べ物は美味しくて、キムチも美味しくて、たのしかったようでした。
 ただ、最初の在日の方のお話がむずかしかったと・・・時間を大幅にオーバーして50分間もお話しくださったそうです。「私は平等とか、ウソだと思っています。私たちは、友好なんて求めてないよ。一人一人いろんなひとがいるんだから、誰とでも仲良くなんて出来ない。」そういわれたことがとても印象に残ったそうです。
 「あの人、なんであんなこと言ったんだろう?」チェリーはちょっと憤慨気味で、私もせっかくの機会にそれしか伝わらなかったとしたら、とても残念だと思いました。・・・
 それで、彼女に鶴橋のヘイトデモについて話してみた。在特会というのが中心となって、鶴橋でおこなっているデモは、あんたらの行ったあの商店街の周りで「在日しね!」とか「殺す!」とか「朝鮮へ帰れ!!」とか叫ばれていること。一時期はものすごい人数で日本のあちらこちらでこういうでもがあったこと。怖くて外に出られないほどに・・・・こういう事に接してきたことで、在日の方々の怒りや哀しみは深く、それがその方のお話につながっているのではないかと・・・
驚いたことに、学校でも、その在日の方のお話の中でも、デモのことを子供たちに教えていなかったそうです。
娘はとてもびっくりして、「なんで?なんのためにそんな差別するんやろう?」
「「なんで」、「なんのため」がよく分からないんだよね。理由なんか、あってないようなモンだとおもうよ。」
娘「在日の人たちって左翼なの?」
私「違うよ。ただ、そこに住んでいるだけで出て行けとか、死ねとかバカとか言われてるんだよ。でも、確かに母ちゃんのお友だちは左翼で、そういうバカなことをやってる人たちと闘ってる。これは在日の方々だけが怒っていていい話ではなくて、日本人も怒らないとダメなの。」

 このことからしばらくして、今回の男組逮捕の報道がありました。
しばき隊の出現で、在特会のデモの様子は随分変わったのではないでしょうか・・軽い気持でデモに参加して「死ね」「殺す」と叫んでた一般の、普通の、実は気が弱いかも知れない若者たちはどんどん姿を消していった。だって、こわいもんねえ・・・自分らが叫んでいる事への抗議のデモをやられちゃった訳ですから・・しかも、在特会と変わらず柄の悪い、人相の悪い人たちも結構いらっしゃる・・・「なんだ、自由に叫べないのか、つまらん」と思った人もいたでしょうね。

 人数もどんどん減っていったのは「死ね」とか「殺せ」は公衆の面前で叫ぶんは「あかんことやねんで」を言い続けてきた結果でもあります。

 路上で、たとえやくざに対して絡んだとしても、手を出せばやはり捕まってしまうのだろうと思います。「手」でちょっと押しただけでも相手が倒れてしまえば、やはりまずいでしょうし、めがねを外しちゃったらそれもダメなんかな?とも思います。サッカーだって、たとえわざと倒れても、上手に転んで審判がレッドカードと言えば相手は退場だモンね・・・お玉母さんは一応平和主義者で理想を言えば非暴力主義です・・・はい。なので、超左翼おじさんも言うように手は後ろに組んで〜言葉だけで威嚇しましょう〜に賛成です。

 実は初めてヘイトスピーチのデモのことをニュースで見たときには、私も「法規制」すべきではないのか?と思っていました。だって、警察が何でもかんでも言論の自由っていって取り締まれないなんてなんか、やだなあ・・ってね。その時超左翼おじさんが「あなた、その考えはおかしいよ」といろいろ話してくれたんですけど・・・・たぶんそれは、今コメント欄で頑張っているキンピーたんと同じ気持ちじゃないかな?と思うので、次回以降に、記事にしていただきましょうね。 



良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ

沖縄型共闘を特殊なものと捉えない

 (超左翼)報道されているとおり、11月の沖縄県知事選挙の構図が固まってきた。現職の仲井真さんが出馬するということだが、それに対抗するのは、那覇市長を務める翁長雄志さんということで、ほぼ決まりである。

 翁長さんは自民党の那覇市議だったが、2000年から、自民、公明、民主などの支援を受けて市長をつとめてきた。自民党県連は、県知事選挙で翁長さんを支持する自民党那覇市議団を除名するので、自民党が分裂する事態となった。この翁長さんを、社民、共産、社大、生活などが支援するという構図になる。

 あくまで普天間基地の辺野古移設に固執する安倍政権に対し、オール沖縄で対抗するというかたちである。公明党の態度がどうなるか、興味津々だ。

 この選挙に向けて、劣勢になった自民党は、安倍さんの訪朝と拉致被害者の帰国とか、いろいろ手を打ってくるだろうけど、もちろん勝たねばならない。勝つ条件もそろっている。

 大事なことは、今回の選挙の構図を、沖縄に特殊なものだと捉えないことである。全国的に普遍的な要素があるものだと認識することが大事だ。

 安倍政権になって、これまでの自民党政治、保守政治というものが大きく変質してきた。安全保障ということでは、「専守防衛」という建前を投げ捨てて、「他国防衛」への足を踏みだしている。

 そのため、これまで保守の側にたっていた人々が、自民党政治にはついていけなくなっているのだ。沖縄は、そういう安全保障問題が集中的にあらわれる場所なので、全国にさきがけて、今回のような事態になったということだと思う。

 だからいま、安倍政権を不安に思う人々と、政権とか選挙でどう共闘するのかが問われている。これまでだったら、そういう共闘は、革新・左翼の側の態度は、安保廃棄で一致しなければならないということだった。国政選挙などで沖縄だけは社民、社大、共産の共闘が維持されてきたが、それは安保廃棄で一致しているからなのだということで、沖縄は特殊なあつかいだとみなされてきた。

 しかし、今回の沖縄の共闘は、安保は棚上げである。だって、自民党と組むのだから、当然だ。

 左翼が考えなければならないのは、安倍さんの強権政治をきらって自民党とは一線を画し始めた人々を前にして、政権共闘は安保廃棄が前提だという建前に固執するのがいいのかどうかということだ。そんなわけはないだろう。

 沖縄で勝利するのは当然の目標だ。同時に、そこからどういう教訓を引き出すのかが、いま左翼に問われているのだと思う。


良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ

締め切り間近!自衛隊を活かす会第2回シンポジウム

(お玉)朝起きてメール見てびっくり!!
なんやらコメント欄のお知らせがび〜〜っしり入ってた・・・
いや〜なつかしいわ。フェイスブックやツイッターのせいで、ブログのコメント欄の言論って、盛り上がらなくなってきてるんだよねえ・・・しっかし、みんな、ちゃんと寝てますか?暑さはまだまだ続きますから体力温存して下さいね。
 で、もう一つ別のアドレスにいっぱい入っていたのが「自衛隊を活かす会」第2回シンポジウムの申し込み・・・今週末なんですけど、駆け込みで申し込まれる一般、マスコミの方々がどどっと!!押し寄せてきてます・・今回は広い会場とりましたので、まだ、いけますよ~東京周辺にお住まいの方、是非ご参加下さいませ。

 なんですか、某所での批判をちょろっと見たんですけどね・・・公安スパイの泥さんや超左翼おじさんがかかわってる自衛隊を存続させる「自衛隊を活かす会」なんて「暴力的に粉砕して排除しないとダメ」なんだそうで・・・・もう、批判のされ方がウヨク的かサヨク的か在特会かなんか??わかんないです・・・はい・・こういう「有り難い」暴力的批判を受ける機会はそうそうないと思うんですが、そばで見ていて、スパイ的なかっこいい行動をしている場面なんて一度もないのが残念です・・・

ということで、再度自衛隊を活かす会シンポジウムお知らせでした~
あ、申し込みはこちらからお願いします。


↓ここをクリックしてね

自衛隊を活かす会 第2回シンポジウム申し込み

自衛隊を活かす会」(自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会)第二回シンポジウム

日時 7月26日(土) 13時45分〜16時45分
場所 千代田区立日比谷図書文化館大ホール
テーマ 対テロ戦争における日本の役割と自衛隊
お申し込みはホームページ上からお願いいたします。

第二回

良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ

暴力に対しては実力で

 (超左翼)先日、「男組」関係者8人が逮捕されましたよね。「男組」って、「ヘイトスピーチ」に対する「カウンター」をおこなう団体です。「ヘイトスピーチ」のデモに参加しようとした男性を集団で取り囲み、暴行や脅迫を加えたというのが、逮捕の容疑でした。

 これをニュースで聞いていて、昔のことを思い出しました。かなり昔、学生運動の時代のことです。

 学生運動といっても私が参加したのは70年代後半で、だいぶ下火になっていました。いわゆる過激派暴力集団も、私が入学した大学では「反帝学評」(青トロとか呼ばれていました)を名乗る人々が数名いる程度。暴力はダメだよねという合意が学生のなかにもできていた頃なので、せいぜい小競り合いという感じの時代です。

 それでも、先輩からは、過激派全盛期の話しはよく聞かされました。60年代末には、共産党の機関紙「赤旗」の主張(一般紙の社説にあたる)で、「暴力に対しては実力で」というのが載ったこともあるそうです。

 そうなんですよ。どんな暴力に対しても非暴力を貫くという建前が通用しない時代があったんですね。実力を行使しないと、自分を守ることもできないし、課題を進めることもできない場合、躊躇してはおれなかったわけです。

 でも、暴力と実力って、何がどう違うのか。外形的には、あまり変わって見えないのです。

 それに対する答は、暴力は違法で、実力は合法ということでした。まあ、暴力を加えられるわけですから、それに対して身を守るための実力行使は、正当防衛ということで合法になるんです。う〜ん。その時代は、そういうことが言えたかもしれませんね。暴力の規模もすごかったし。

 だけど、時代が下がって、つねに相手側が日常的に暴力をふるってくる時代でもなくなっていた。いわゆる小競り合いになると、その判断が難しくなってくるんですよね。

 で、実践上の問題として、私が教えられたのは、小競り合いになるような場面では(相手を取り囲むほどこちらが優勢な場面であっても)、両手はつねに後ろに回していろということでした。

 こういう場合、体同士が衝突していなくても、相手が意図的に倒れたりして、「暴力(実力?)をふるわれた!」と騒ぐことがあるわけです。そういうときに、自分は絶対に手を出してはいないということを堂々と言えなければならない。手を前に出している(相手に接触していなくても)写真やビデオが出回ったら絶対にアウトというのが、当時、教えられたことでした。

 「男組」のみなさん、私のささやかな経験です。参考になるかどうか分かりませんが。



良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ

共産党の安倍政権打倒のよびかけをめぐって

 (超左翼)今朝、バス停で会ったうちの若い社員が、こう言ってきた。「共産党の志位さんが安倍政権打倒って言い始めたそうですね」。

 うん、そうですよ、それがどうかしたんですか? その社員、喜んでいるのかと思ったら、ぜんぜん違ってた。

 「だって、安倍政権を倒して、代わりにどういう政権をつくるんですか?」「共産党は、代わるべき政権の方針を持っているんですか?」

 いやいや、私に聞かないでくださいよ。まあ、志位さんの演説のなかでは、その問題にまったく言及されていないことは事実ですけど、私には志位さんが何を考えているのか、わかるような立場にはありませんので。

 まあ、でも、これは大事な問題です。われわれふつうの市民が安倍さんには退陣してほしいよねというときと、政党がそれをいうときでは、まったく性質が異なると思います。

 われわれ市民は、ある意味、ガス抜きのような感じがあるでしょう。無責任でもいいんです。だけど、政党は、政権をめざすところに市民団体とは異なる本質的な存在意義があるのですから、政権の退陣を口にするときは、代わりの政権に言及しなければならないと思います。

 共産党にしても、以前はそういう立場だったと感じます。あくまで記憶に残る範囲での感想的なことですけど。

 たとえば、1976年ですたが、ロッキード事件で自民党政権が危機に瀕したとき、政権構想をぶちあげたことがありました。もちろん、共産党の基本方針である安保条約の廃棄ということでは、当時の政党間での一致が得られないことが明白だったので、その旗を降ろして政権共闘をよびかけたわけです。

 もっと前になると、共産党の議席はすごく少なかったということもあるでしょうが、もっと限定的な共闘を呼び掛けましたよね。1960年の安保問題のときですが、岸政権の打倒を呼びかけて(いま、そのお孫さんの打倒なんですね)、総選挙を実施するという目的に限った選挙管理内閣をつくろうと提唱しました。当時は、議席が一〇議席くらいだったからでしょうか、内閣をつくる共闘を呼びかけるにしても、すごく控えめだったんですね。

 今回、政権共闘のよびかけは、まったくありません。それが何を意味しているのか。

 まさか、方針がないということではないでしょう。だって、安倍政権を倒したとしても、いまもっとも現実味があるのは、同じ自民党の石破政権ですからね。安倍政権打倒の呼びかけが石破政権につながったとしたら、共産党も立つ瀬がないでしょ。

 安倍政権打倒の呼びかけが本物だったら、きっと数日のうちに、代わりの政権構想が出てくると思いますよ。かつての共産党はそうでしたから。

良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ

この町に暮らして

 (お玉)先日、激しい雨の中、軽自動車の下に潜り込んでいる若者たち(茶髪にピアスのちょい悪風兄ちゃん)がいて、どうしたのか聞いたらね、どうも、ネコがエンジンルームに入って出られないようだと。路上駐車中の車の主はおらず、このまま気が付かないで車発進させたらえらいことになるから・・とびしょびしょになりながらにゃんこの心配・・今から大阪へ遊びに行くそうで、おしゃれしてたのに、にいちゃんたち、偉いわ~!!。 結局近所の交番に話をして、お巡りさんが「ネコがいるからエンジンかけないで!」とフロントガラスに貼って様子見ました。一時間後には車はなくなっていたけど、にゃんこも救出された様子・・
やっぱ、ええ町やなあ、ここに住めて良かったなあってあらためて実感。


 真夏と真冬はいないけど、季候が良くなるとどこからともなく現れて、うちのマンションの前の道路に座り込んでいる、ちょっと痴呆症がかったおじいさん・・もう10年近くこの付近に暮らしているらしいけど、身なりがあまりにも粗末で、お風呂もたまにしか入っていない様子。歩行が少し困難。ずっと独り言を話している。
 最初に見たときは子供たちも私も驚いてしまった。前に住んでいた地域ではこういう人は病院や施設に入っていたとおもう。住宅街はきれいに整備されていて、こういう方の入り込む隙なんか、なかったものねえ。
 さておじいさん、毎日欠かさず新聞を読んでらっしゃり、スーパーで食事を買い求めたりもしていて、お金もそれなりに持ってるらしい・・子供たちの間では「あれは仮の姿で、実は某国のスパイなんじゃないか?」と噂されているそうです。別に警察に職質されるわけでもなく、無理矢理施設に連れて行かれるでもなく、誰かに因縁付けられるでもなく、住宅街で一人暮らせてる。こういうスタイル?が地域の人に許容されている・・・これって、結構素敵なことかも。ほかにもね、近所に大きな知的障がい者施設があることもあって、障がいを持つ方々が大きな声で歌を歌いながら駅へ歩いていたり、車掌さんのまねをしてアナウンスしてくれたり、また、毎日人混みぬいながら車いすでわんこの散歩をさせている(見ようによっては危なっかしい)一人暮らしのおばあさんがいて、いろんなお店の人がそのおばあちゃんに声をかけてあげてるの。・・・・こういう風景が町に馴染んでいるのよね。
この町に暮らせて、ほんとよかったな〜って。理屈じゃないんだよね・・・




良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

新たにこちらも~~どうかよろしくです

政治 ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。