スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日韓の歴史問題解決の基盤はどこにあるか

 (超左翼)この間、日韓の歴史問題について、いくつか論じてきた。この問題では、じゃあどう解決するのかということについて、両方の国民多数が納得するものを作り上げることが大事だと思う。

 日本に即していうと、謝罪など必要ないという、いま主流化しつつある右派的な人も、国家としての法的な謝罪と賠償が必要だという、左派・市民運動的な人も(韓国の多数はこれと同じ立場だろう)、両方が納得するものである。そうでないと、いつまでも問題は解決せず、争いが続くことになる。だけど、そんなことが可能だろうか。

 私は、この問題では、韓国政府の立場が解決の基盤になると考える。韓国国民ではなくて、韓国政府の立場である。

 韓国政府は、1965年の日韓基本条約を認めている。この条約は、植民地支配を「違法」だと認めるものではなく、両国間の請求権問題について、「完全かつ最終的に解決された」と明確にのべている。

 もちろん、これは条約だから、国家のものも個人のものも「解決した」と書かれていても、それに拘束されるのは国家である。条約がおかしいと思う個人が日本政府に対していろいろ要求するのことはあり得る。

 しかし、締結した当事者である政府は、条約の内容について本心ではいろいろと不満があっても、条約を守るという基本的な立場に立たねばならない。国民に対しても、「解決済み」と繰り返さないと、外交など成り立たなくなる。

 しかもこれは、「基本」条約という名称にもあるように、国家間の基本的なあり方を定めたものである。それの廃棄を求めるとすれば、戦争するぞと宣告するような性格のものなのだ。

 実際、韓国政府は、公式的にはそんな常識外れの立場をとっていない。条約にもとづき日本が支払った多額の資金が韓国の復興に役立ったことは、何回も認めてきた。

 慰安婦問題についても、この条約にある条項にもとづいて解決を求めているわけだ。植民地支配を違法と認めたわけではなく、お金についても「解決済み」とした条約にもとづいて、何らかの解決したいということである。
 これだったら、外交をリアルに見ることのできる人はもちろん、右派的な人にも許容できるのではないか。どうだろうか。

 左派は満足しないと思う。あくまで違法性を認め、賠償金を支払うべきだという左翼・市民派は多い。だけど、そういう政権を何十年かかってでも自分たちでつくって支払うというならいいけれど、慰安婦が生きているうちに何らかの解決をしようとすれば、ましてや自民党政府、それも安倍政権のもとで解決しようとすれば、外交的な常識にもとづく解決策しかないのではないだろうか。

 韓国国民も満足しないかもしれない。韓国の裁判所が植民地支配は違法という判断のうえに判決を下す可能性もあって、その場合の動揺は大きいと思う。だけど、外交の常識を踏み外すようなことは、政府としてやってはならない。韓国政府は、国民に対して毅然とした説明をすることも覚えなければならない。

 だから、日韓条約をベースにして、その枠内でどう解決するのか、そこに知恵を投入するのが、いま必要なことだと考える。アジア女性基金はそういう性格のものだったが、運動の側で問題の整理ができていなかったため、韓国以外の慰安婦問題を解決するだけに終わった。

 そういう点では、同じ慰安婦問題であっても、韓国の問題は、他とは異なる特別の対象であることへの自覚は必要である。これはさらに論じる。


良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

NHKの今後は見どころ満載です!!(モミィたん劇場の行く末)

(お玉)不謹慎かもしれないけど、笑っちゃった・・・NHK、モミィ会長さんの言動、私を裏切りません!

フジテレビより

NHKの籾井会長は、衆議院総務委員会で、理事全員に辞表の提出を求めた理由について、「役員はそれくらいの覚悟でやってほしいとの思いだった」と述べた。
籾井会長は、10人の理事全員に辞表を書くよう求めた理由について、「私の思いは、要するに、役員というものは、それくらいの覚悟でやってほしい」と述べたうえで、「辞表をもって、理事を脅すことはない」と強調した。
また、「会長も覚悟を示すために、経営委員長に日付のない辞表を出してはどうか」との質問に対して、籾井会長は「引き続き、会長としての責務を全うしたい」と述べるにとどめた。


NHK内部出身者で占める理事には辞表を求めたけど、自分は経営委員長に辞表は出さないと・・
説得力ないなあ~~~^^
私は知りませんでしたが、大企業ではこういう日付のない辞表を前もって預けるやり方って別におかしいことではないらしいですね?なんか、違和感あるんだけど・・・
でも、いろいろ変な話がこういう形でオープンになってよかったよ。
朝笑ったのは、長谷川さんの受信料支払い拒否していた話でしたけど・・毎日のスクープとあるけどそもそも「正論」に書いてはったんやから、知ってる人は知っていたわけだよねえ。

なんか、怒るというよりも私の中では既に「ネタ」になってるよ・・・・

これからどういうふうにNHKが変わっていくのかを見守るのがとても楽しみ・・
準公務員のような扱いで、安泰な企業だったNHKが、その言動、制作の企画内容などについて、昔からNHKが嫌いな左翼ではなく、受信料を支払っている国民みんなから注目集めることになったのだから・・・

どこまでモミィたんのおもしろすぎる「発言」が続くのか、それをすべて隠蔽して
モミィたんを会長の座に座らせ続けることが、政府にもNHKにも出来るのか・・ 
モミィたん劇場、見どころ満載ですよ!



良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


フランスの極右は昔の自民党の中庸

(超左翼)

 昨日、東京で、マスコミ関係者と懇談。そのなかに、パリ特派員を長くやった方がいて、面白い話を聞かせてくれた。

 彼は在任中、ル・ペンが率いる右翼政党によく取材をしたらしい。そして当初は、それを紹介するのに「極右」という言葉を使っていた。実際、いまでもそういう言葉を使っているメディアは多い。

 その右翼政党の幹部は、日本の大学で学んだこともあって、特派員の彼に何回も言ったらしい。「僕たちは、外国からの人の受け容れ規制を求めているが、その規制の水準は日本並みにしてほしいということだ。だから、僕たちは、日本では自民党と同じ水準の政党であって、極右と呼ぶのは止めてほしい」と。

 特派員の彼は、熟考して、「極右」という言葉の使用をやめた。まあ、当然かもしれない。

 それから10年。フランスの右翼政党が模範にしていた自民党が、いまや「極右」政党になっている。少なくとも、いま欧米の政府、メディア、世論は、安倍さんについて、ル・ペンと同様の政治家が日本にもあらわれたと感じ、警戒を強めている。

 昔の自民党は、もちろん保守の路線を歩んではいたが、政権政党として、どうやったら国民多数に理解されるかを考えていた。これまで論じた村山談話とか河野談話は、そういう象徴である。

 もちろん、左右が歩みよれない問題もあるだろう。だけど、アジア諸国に日本がどう向き合うかということは、実際に日本として言葉をアジアに届けるわけだから、国民的なある合意というものが必要だと思う。それでは不十分だということで、右でも左でも独自の主張はあっていいが、ある種の合意は必要である。

 しかし安倍さんは、左寄りをぶった切り、右寄りを堂々と歩むことで、国民の支持を得ようとしている。国民分断が安倍政権を特徴づける。そのなかで、天皇が、一生懸命、「国民統合の象徴」としての役割を果たそうとしているわけである。いやはや、何と言っていいか。

 いや、すごい時代になったなあ。やはりいま求められるのは、安倍さんの極右路線に対して、リベラル保守からリアリスト左翼までをどう統合するのかということだと感じる。がんばらなくちゃね。

良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ノンポリさんに伝わる言葉で話したい

 (お玉)昨日の超左翼おじさんの記事は、ツイッターで拡散されて、なんか、アクセスがびゅん!と伸びてました…いや〜〜なんか挑戦的ですモンね。河野談話は右翼の最高傑作だもんねえ…

 さて今日は私は、高校時代の友人と大阪でお好み焼き食べてました。最近私のフェイスブックやブログを見てくれるようになったんだけど、ノンポリな彼女の反応が面白かった。憲法を変えない運動をやってるという話をしたんだけど、その時に先日の皇太子のお誕生日での会見のことに触れたら、友人が言うには「憲法を遵守するって、皇太子は言ってるんだから、かえようと思うのは左翼的な考え方なのでしょう?」たぶん彼女の考えでは、天皇家を大事にするのは右派、だから天皇や皇太子が「憲法を大切に」と話してるんだから、それは右派の考え方・・・と言うことね。うちの息子が真顔でずっとそういい続けていたことと同じだワン^^

 池田香代子さんもずっとそういう話してる・・今、日本国憲法を守ろうとしている私たちは保守であると・・
 この友人にね、「お玉はどんな人たちと活動してるの?」と言われて、「気持の上では、左・・ でもなく右でもなく・・ある意味において、どちらからも嫌われてるな~~~」てなこと話したら、混乱させてしまった・・・・リベラル保守やらリアリスト左翼てな言葉、マニア過ぎて困っちゃうだろうしねえ・・・・ただ、ノンポリな彼女のような人たちに伝わる言葉で活動できる努力を続けいかねばって、改めて思った。これは私の役割(趣味とも言う)だな。

 超左翼おじさんは、またちょっと違う。先程の彼女、「ねえねえ、あのおじさんの文章は私にはちょっとむずかしい・・なんで一緒に書いてるの??」っていわれちゃった。
 目指す道は一緒。書いてる内容は天と地の差ですが、感覚的なものは似てるらしい。(過去の共通読者のコメントですけど)ま、いろんな記事ある方がたのしいじゃん。そんなに私は毎日政治ばっかり書けないので、社会面や家庭欄の話も書いていこうと思ってま〜〜す。主婦読者が増えること希望・・・これからもよろしくです。


良かったらここ↓をポチッとお願いします~~
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

河野談話は右翼の最高傑作

(超左翼)

 村山談話が右翼の芸術作品だとしたら、河野談話はその最高傑作である。右翼こそ、あがめ奉るべきものだ。

 よく、「河野談話は慰安婦を軍が強制連行したと認めたものだ」と言われる。そして、それが左右の対立軸だと思われている。

 しかし、本当に軍が慰安婦を強制連行したのだと認めたのだとしたら、その時点で違法行為だと認めたと同じことだから、やれ法的謝罪だ、やれ補償だということになったはずなのだ。だけど、河野談話が出たからといって、政府がその方向で動いたことはない。

 ご存じのように、細川政権等々をへて、自社さの村山政権となってこの問題が動き出し、橋本龍太郎首相のもとで「アジア女性基金」が発足したのである。それは、左翼から強い批判がされたように、法的な責任を認めるものではなく、補償という性格のものではなく、慰安婦に渡された多額のお金も、日本国民が出したカンパであって、税金ではなかった。

 この問題が浮上した当初、日本軍人が村に入り、いやがる女性を無理矢理連行して慰安婦にしたかのように語られた。それをもって「強制連行」のイメージがつくられた。しかし、河野談話は、その問題について、「慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たった」としている。民間の「業者」が「募集」し、女性がそれに応募したという立場だ。

 その際、「本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり」とされているが、意思に反したことを軍が組織的にやったとも書いていない。そうは書いていないが、生活に困った親がやったかもしれない。「甘言、強圧」があったとされているが、「こんなに儲けられるよ」「親が助かるよ」などと言って誘うことを「甘言」というわけだ。

 「強制」という用語は一回でてくるが、これは「慰安所における生活」のことだ。どの慰安所に行くかとか、誰を相手にするとかを自分で選べるわけではなく、イヤになったからといって帰国できるわけでもないから、ここは「強制」と言えるだろう。

 もちろん、軍の「関与」には言及されている。軍の慰安婦なのだから当然だ。慰安所をつくるよう要請したのは軍だし、その管理や慰安婦の移送をしたのも軍である。戦場なのだから当然である。

 ただ、いずれにせよ、軍が「強制連行」の方針をもち、組織的に連行したとは書いていない。安倍さんがよく言う「狭義の強制」などを認めた文書ではないのだ。それなのに、なぜ右翼のみなさんは、河野談話に「強制連行」の罪をなすりつけるのだろうか。

 そしてこの談話は、韓国も日本の左翼も、高く評価している。この談話の線を守る限り、あらたに法的責任にもとづく賠償という話は、論理的には出てくるはずがない。本来なら、河野談話についての学習運動でもやれば、国民多数も韓国も、ある程度の合意ができる性格のものなのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

皇太子のバースデー・産経新聞も朝日新聞もちゃんと報道しろよな。


(お玉)
今日は皇太子さんのバースデーだったのね。
朝日新聞社会面読んだら、皇太子が「今日の日本は、戦後、日本国憲法を基礎として築き上げられ、現在、我が国は、平和と繁栄を享受している。」とお話になったと、書かれていて、わたし的には、あ、ええコト言ってはるな、お誕生日にここに触れはるんは、さすがやなあ・・・と思ったんだけどね。ただね・・・

まさか、お誕生日会見でこれしか話していない訳はなく、産経新聞見てみると、なんか、全く別の会見??な内容が載っていた。産経は五輪や災害や雅子さまの療養や愛子さまのことなんかを語ったと書き、憲法のケの字も出てきません・・・
おいおい、朝日にしろ、産経にしろ、偏向してるなあ~~~両方載せてこそ新聞じゃないんかいな。別に皇太子の発言を評さねばならないわけでもないのにねえ・・・

全文を載せてるのは、ネット検索で上位に出てくる毎日新聞だと思うんですが、(朝日はお金払わないとネット上は読めないからわかんないけどね)これがあるべき姿ではないでしょうか?

一部だけを取り上げて大きく記事にすると、なんか、それしか語ってないかのように映るんです。これって、私らも気をつけないとね。自分に都合のいい部分だけを誇張して語り、それ以外は「なかった」かのように言わない・・この手法だと、いつまでたっても一般の方々に信頼していただけないと思うもの。

ま、朝日の場合、あとはネット上の動画配信のデジタル新聞で読めと、(ようは金払えと)書いてて、不愉快だし、産経は天皇家が憲法のお話しを肯定的にするのがよほど気に入らないのか、天皇に続き皇太子もこの部分をカットして報道・・・・皇族のお話ないがしろにしてはダメだよねえ・・・

毎日新聞 皇太子さま記者会見全文





にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

村山談話は右翼の芸術作品

 (超左翼)

この記事、ホントは、「安倍さん流右翼の問題」の5にあたるのだけど、今後は記事ごとに別のタイトルをつけることにした。同じタイトルが続くと、インパクトに欠けるものね。

 さて、村山談話である。これ、安倍さんなど右翼が破棄しようと思っていて、左翼が防戦一方である。そういう事情があるものだから、この談話は、全体として左翼的なものだと捉えられる向きがある。

 それは完璧な誤解である。記事タイトルにあるように、「右翼の芸術作品」なのである。

 だって、植民地支配の問題ひとつとってみてもわかる。村山談話がでるまで、この問題における左右の分水嶺は、朝鮮半島の植民地支配を合法だったと見るのか、それとも違法だったと見るのかだった。これは、日韓基本条約以来、ずっと左右が対立してきた問題だった。

 よく知られているように、日韓条約の交渉時、これが大きな問題となる。それを違法だったとする韓国側に対し、日本側は合法だったと反論し、結局、条約の文面では「もはや(already)無効」だとして、現在の到達からすれば違法だけれど当時は合法だったとみなせるようなものとなる。

 それ以来、ずっと左右の対立が続いてきた。右翼は、条約で明瞭になったように合法であり、韓国政府もそれは認めたのだと主張した。左翼は、条約は間違いであって、違法性を認めるべきだと声高に叫んできた。

 そういう大事な問題について、村山談話は、いっさいふれていない。そこをあいまいにしたのかというと、そういうわけでもなく、談話発表後に共産党の吉岡吉典議員の質問に答えて、当時は合法だったという認識だと答弁している。つまり、それまでの右翼の立場と変わらないのだ。実際、この談話が出たからといって、これを根拠に植民地支配の違法性を認めろという主張がされたことはない。右翼が死守すべき一線を守ったものなのだ。

 それなのに、村山談話は、左翼の私から見ても、よくできている。植民地支配に対する謝罪と反省の気持ちが伝わってくるのだ。そしていま、左翼がこれを守ろうとしている。韓国も、この談話の立場に立てと言っている。

 まさに芸術品でしょ。日本国民の多くが一致できるものなのだ。韓国だって同意できるものなのだ。この線でやっていけば、いまの日韓の争いもなくなるのである。

 右翼のみなさんに言いたい。みなさんの立場は、この談話でも崩されていないのだ。村山談話を大切にすると言っても、日本の違法性を問われることはないのだ。この談話を崩してしまったら、違法性を認めないための論理立てがなくなってしまうことになり、みなさんはかえって困りますよ。それを望むんですか?

 左翼のみなさんにも言いたい。法的な責任を回避したものであっても、心のこもった謝罪というものはあるから、村山談話を擁護しているのではないのですか。法的な謝罪じゃないと謝罪に値しないという立場と矛盾しませんか?

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

TPPで、うだうだ考えてみた…

うちの近所のスーパーがリニューアルして、ものすごくきれいになりました。お肉屋さんの経営するスーパーなので、ホルモンも新鮮!!豚骨なんかも常時売っていて国産牛肉も特売日だと破格にお安い!!(すみません、おばさんネタで・・)

昨年から参加しているTPP の会議ですけれど、まだもめていたのですね。たしか・・話し合っても日本の言い分が認められないときは、参加を見送るような話だと思ったんですが、どうも、違うのね。アメリカの譲歩案を飲む形に持って行くんでしょうか・・なんか、最初のお話と違うぞ・・


TPP、日米の溝埋まらず 22日からの閣僚会合に持ち越し


 輸入豚肉の関税を10年以上の猶予を経て最終的に撤廃・・・この案を日本側が飲むのかどうか、が今回は問題になったみたいだけど、対象品目の半分以上が未解決って、一体いつまでこの会議は時間かかるのでしょうねえ。
輸入肉の問題は、日本の生産者を守るために政治家は頑張ってはるのでしょうけれど。
 左翼的には、輸入もののお品は「本当に安全なのか?」にこだわりますよね。まあ、最近は逆に、日本のお肉は放射能が心配だから、ブラジル産のお肉を買う話をどこかで読みましたが…そのブラジル産が絶対に何の汚染もされてないって、何故言い切れるのか…私なら検査して安全確かめてる日本の食品を食べるけどなあ…(今なら福島のものが実は一番安心かもよ・)
 現地に行って確かめたわけでないものを(まして海外の品)安全だと思って、買わねばならない不安がありますよね。いや〜〜しかし、この頃海外から入ってくるタマネギとか、大きくて、安くて、助かるんですよね~~~~でも、ナマでは堅くて、辛くてお勧めできません。カレーなら良いけどね^^
 やっぱ私は安全はほどほどに気にして、美味しいモノを選ぶ消費者でいたい。

 先日どこかで見ましたが、遺伝子組み換えって、農薬の量を減らして害虫に強い農作物を開発するために出来てきたものだそうで、なるほどなあ、と思った。日本と違って、広大な土地で害虫と戦うためにはしょうがないと…海外の無農薬野菜って、日本どころでなく「上流階級」御用達だもんなあ…
 
で、安い野菜が大量に日本に出回ったとき、美味しいモノと安全なものにうるさい日本人にどこまで受け入れられるのか???ただ、外食産業はまた別の問題ですね。安くてそこそこの品が入ってくるようになれば、それは儲けにつながるわけですし。
でも、TPPを受け入れて、日本の生産者や食卓がどう変わるのか、私にはまだ具体的なモノは見えてきません。ただ、今まで守られてきた生産者の側も、買ってもらうために、いろいろな工夫が要求されるんじゃないかなあとは思いますが…


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

安倍さん流右翼の問題・4

(超左翼)

 日本は韓国に対する植民地支配を謝ったのかどうか(従軍慰安婦問題も含む)。これは大事な問題である。

 この問題、一般的な左翼の常識では、日本は反省していないし、謝罪もしていないことになっている。一方、反省や謝罪は必要ないという人たちや、日本は反省もしたし謝罪もしたのに、何回も何十回も同じことを求められていて理不尽だという人たちがいる。それらをどう考えるのか。

 私は、日本は反省し、謝罪も表明したという認識である。いわゆる村山談話や河野談話は、そういうものであると考える。いま読み返してみても心を打つ内容がある。そして、本音かどうかは別にして、その後の歴代総理も、この談話を継承するという建前である。

 これで十分かどうかには議論の余地があるだろう。しかし、それにしても、これだけの水準のものは、植民地支配をおこなった他の欧米諸国にはみられないのも事実だ。

 だから、日本の左翼は、何よりもまず、この問題での日本の立場は、世界的に見て先駆的なものであることに自信をもつべきである。そういう水準のものをつくってきたのは、戦後の左翼運動の成果であることに誇りをもつべきである。韓国の人々に対しても、それを胸をはって言うべきだと考える。

 それなのに、日本は反省も謝罪もしていないかのような批判がある。反省と謝罪の事実があるのに、何もしていないと言われたら、日本の世論だって「言い過ぎだろう」と怒りが沸騰することになる。日本の過去の行為は反省と謝罪が必要な行為だったと考えている人だって、くり返し同じことを言われたら、頭にくるだろうと思う。

 しかも、戦後の日本は、誰ひとり戦争で人を殺さないという、たいへん大事な到達を築いてきた。それを国民の多くは誇っている。それなのに、そのことを韓国や中国は評価しているようには見えないので、過去はそうかもしれないが、いま悪辣なのは尖閣の現状を力で覆そうとする中国だろうという思いが募る。

 安倍さんとか田母神さんへの支持の広がりは、こういう世論を背景にしている。だから、ただただ日本の過去の行為の悪辣さをあげつらうだけでは、ますます安倍さんや田母神さんへの支持が広がることになる。

 だから、日本の植民地支配をどうとらえるのか、戦後の日本の謝罪と反省をどう評価するのか等々について、もっと突っ込んだ考え方が必要なのではないか。次回以降、その問題を書いていく。(続)

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

たとえ左翼政権になっても「立憲主義」なんだよね。

 (お玉)例えば経済を立て直して、景気を良くして、それが現政権のお蔭だとして、だからといって、今の首相の好きなように憲法を解釈で改憲していいとはならない。その時々の政権の長が憲法を変えたいと言ったからといって、そのたびに「いじれる」ようなものではなく、そもそも、憲法は総理大臣のものではないのです…

 ここへ来て、安倍さんの「お蔭で」立憲主義が、がぜん主役級の扱いで、新聞もテレビも取り上げて下さいました。
これはうれしい!七年前、憲法と立憲主義について、例えば自民党の河野太郎ちゃんが話してさえも、だ〜れも本気で聞かなかったよね。以前、小林節さんが法学部出てるはずの、ちゃんと学んだはずの政治家が(ましてや教え子だったりする)全然分かっていない!!と怒ってらしたけれども、最近の自民党をみていると、どうも、様子が変わってきたようです。

東京新聞
「憲法分かってない」 首相解釈変更発言 与野党やまぬ批判

いや〜〜これを期に安倍さん、一気に失速か?・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・
……が多いですが・・・・・

今、安倍さんが発言云々や大雪なのに天ぷら食べに行ったこととかで、辞任に追いつめられても(有り得ませんが)じゃあ、次は?どなたが首相になるんでしょうか?
次の首相が立憲主義をよくご存じで、その上で憲法改正を挑んできたとき、それでも闘えるだけの論が、あるのでしょうか?
先程の小林節さん、昨年一緒に飲んだとき、安倍さんの下での憲法改正は認めないけど、石破さんなら応援すると、はっきり言われました。

超左翼おじさんなんか、もっと厳しい…
今後左翼が政権取ったとき(取れるンかい)、これまで自衛隊は違憲と言ってきたこととの、憲法との整合性をどう考えるんだろうね?っだって・・・・

自衛隊は軍隊じゃない・・なんてたしかにもう、通らないものねえ。自衛隊が違憲にならない様な、でも今まで通りに専守防衛でいられるような、そういう改憲は必要なのかなあ。

時の政府が左翼であれ、右翼であれ、そのたびにころころ変えることが出来ないのが「憲法」。どんな政府であれ、それを縛ってるのが立憲主義…の筈ですが、なんだか、消化不良の言葉でもあります…

とりあえず、96条を変えて議員の半数の賛成で国民投票が出来るような世の中だけはダメ。ということで・・・





にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。