スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争の原因をめぐって・10

 これまで書いてきたことから何が導きだされるだろうか。あくまでまだ仮説だけど。
 やはり、戦争が起きるには、あるモノに対する支配権をめぐる争いがある。モノといっても、いろいろある。

 典型的なのが領土である。そして、19世紀以降、第二次大戦前までは、その典型的なものが植民地をめぐる争いとしてあらわれていた。

 しかし、実際に自分の国でないものを「自分の領土だ」としてしまうことには道理がなく、だんだん許されなくなる。植民地が独立していくと、植民地をめぐる戦争はなくなっていく。

 それで浮上したのが、「勢力圏」をめぐる争いだ。もう領土として他の国を支配することは許されない。だから、政治的、経済的、軍事的に事実上の支配下においてしまおうとするわけだ。

 これも、米ソの冷戦が終わって、だんだん終わりつつある。アメリカの勢力圏下にあることを喜んでいるのは、日本くらいか(その日本も、安倍さんのもとで変わりつつある)。

 そしていまや(昔からと言えば昔から)、何が争いの対象になっているかというと、価値観に対する支配権とでもいうべきものだ。ソ連が崩壊し、アメリカの自由、人権、民主主義の価値観が世界を覆い尽くしたが、それに挑戦して戦争する国や勢力があり、それに対抗して、イラク戦争や対テロ戦争が遂行される。

 領土、勢力圏、価値観への支配権をめぐる争い。これが戦争の根源的な要因としてあげられると思う。

 古代ギリシャのツキュディデスは、戦争の要因として、利益、恐怖、名誉の3つをあげた。利益と恐怖は、私に言わせれば一体で、利益を得ようとして戦争し、利益を失う恐怖から戦争するという同じことだ。そして、その利益と恐怖の対象になっていたのが「領土」であり、「勢力圏」であった。そして、名誉というのは、まさにアテネが民主政のために戦争したように、「価値観」に通じる。

 そういう点では、私の分類は、古くからの戦争原因論と通じるものがある。突飛なものではない。

 ただ、これは根源的、本質的要因であっても、それだけでは戦争は起こらない。そんなことになれば、価値観の違う世界は戦争だらけである。

 そういう本質的要因を背景に、実際に、戦争に踏み切る政治指導者の決断というものは、別の角度で分析しなければならない。(続)


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

3月9日、福島市音楽堂での「音楽のつどい」のこと(その2)

メールを読み返していて、記憶のズレが判明・・福島市音楽堂を取っていただいたのは、夏でした…
そうして、大きな音楽堂でやることが決まって、以前からこのイベントに観客で良いから参加してみたいな~といっていって下さっていた、阪大物理学教授でテルミン奏者の菊池誠(きくまこ)さんに報告とお誘いのDMを送りました。
そうしたならば、お友だちのZABADAKに出演依頼してみてはどうかといって下さり…
「いえ、お金ないんですけど~~」という、いつものノリで、とにかくお願いすることに。

なんと、即日OK!!のお返事が・・うれしかった〜〜
それが8月の中旬のことでした。

後は、現地の実行委員の方々とお話しして、進行表をつくって、ま、ぼちぼち進めればいいや。・・・・
・・・・・・
・・・・・・

などと思ってぼや〜〜ッと過ごすこと数カ月・・・
なんか、違和感・・こんなにのほほんとしてて良いのかしら?
何か大事なこと忘れてないか??

音楽堂の事務局に、手続き確認のため電話。その時事務方の人に言われたことでやっと気が付きました。
「音響は外注になります」

そう、仮にもホールで音楽をする限りは必ずついてくる「音響」
これまで二回の相馬での講演会は、マイクの数と位置のこと程度にしか心配してこなかった「音響」だったのでした。
神戸のライブの時はクラブ側が初めから用意して下さっていて、何も考えませんでしたし…

「外注ってお金かかるんじゃないかなあ・・」と心配する私に左翼おじさんは
「適当でいいじゃん、大丈夫だよ~~」と軽くいった…
おじさんは、講演者として呼ばれることはあっても、地味なスタッフ経験は私の方が多いくらいだもんな・・・わかんなくてもそれは当然。

でも、私は、こう見えても何度も神戸文化ホールなんぞで、企画から関わってきたはず・・にもかかわらず、ぜんぜん音響さんの手配を考えてなかったのです。だってさあ・・・私と一緒に活動している方々って、そもそも、お芝居や文楽やクラッシックに熟知なさったその道のプロな人びとで、そちら方面はいつもお任せしていたんですよね…

あわてて、現地の音響関連会社に電話して見積もりを頂くと・・結構な金額を提示されました。(当たり前だよね)ここから、超左翼おじさんとの激論に発展…(めんどうなので、その多くは割愛しますが、)

「これまで、福島現地にお住まいの方々は皆さん無料でご招待してきた。その代わり北海道や東京、関西方面からこの企画に参加して下さるツアーのお客さんからの入場料でなんとかやりくりが可能だった。今回もそういうお話で企画を進めているのに、どうするのか。」というおじさんに対しわたくしは・・

「でも、クラッシック専門ホールである音楽堂で音響なしには絶対に音楽は出来ない。今まで神戸でやってきたコンサートの見積金額を見ても、このままでは大変な赤字になるけど、だからといって、音響さんを値切ることは出来ません~~しかもリハーサルの時間がほとんどないほどに、盛りだくさんな内容だと担当の方にいわれてます~~」

んで、おじさんは(やや切れ気味に)
「そんなにややこしいならやっぱ、いっそ体育館にするか?!」・・・
わたくし、(さらに切れ気味に)
「おい、なにをいまさら〜〜〜〜」

いえ、書けばたいした内容じゃないですけど、とにかく、しばらくは「お金」をどうするのかが超左翼おじさんとお玉おばさんの大きなハードルとなったのでした。

ま、解決方法は簡単なんですけどね。
今回は涙をのんでお一人500円の参加料を頂くことになりました…

でも、それでも千人の会場をほぼ埋めないと赤字になる計算です…・

わ〜〜怖いぞ〜〜〜〜

(たぶん、続く)

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






戦争の原因をめぐって・9

 これまで紹介してきた戦争の実例を解説しながら、ふと考えたことがあった。戦争の原因にかかわることだ。

 第二次大戦後の戦争の実例について、ワイスバードは9つにまとめたが、それはだいたい3つに整理されるのではないか。おおざっぱな整理だけど。

 1つは、植民地にかかわるものだ。②「植民地独立戦争」、③「ポスト帝国戦争」、⑦「新植民地戦争」がそれにあたる。

 第二次大戦前、列強が世界の広大な土地を植民地にしていて、そこからの解放を求める人びとの運動が弾圧され、戦争になった。現在もいくつかの植民地があるが、その独立が平和的に保証されない限り、最後は戦争になる可能性が存在する。

 2つ目は、勢力圏にかかわるものだ。⑤「国際的要素をもつ内戦」と⑥「勢力圏維持の戦争」である。これは、植民地のように、その領域を自国の一部として支配しているわけではないが、アメリカやソ連が、政治的、経済的、イデオロギー的に自分の支配下にあるものとみなしていて、そこから抜け出ようとするのが弾圧されて戦争になったものである。

 3つ目は、その他もろもろ。ただ、このなかに分類されているものも、よく見ると、植民地とか勢力圏とか、そういう概念でくくれるものが多い。

 たとえば、①古典的な侵略である。ここにある第二次中東戦争は、スエズ運河国有化を宣言したエジプトに対して、英仏が攻め入ったものであり、やはりスエズ運河は誰のものかということをめぐる争いであった。ここにはソ連のアフガン侵攻も入っているが、これもアフガンを自分の勢力圏とみなした(軍事同盟を結んでいた)ソ連による勢力圏維持の戦争だった。

 あるいは、④「継続戦争」にも同じような事例がみられる。ベトナム戦争はここに分類されているが、それも当初は、フランスの植民地支配からの解放を求める戦いだった。

 ⑧「限定的な武力行使」として、中印・中ソ戦争、アメリカのイラク・リビア爆撃があげられてる。中印戦争はカシミールをめぐる、中ソ戦争は国境線をめぐる戦いだったので、これも勢力圏争いだ。

 一方、アメリカのイラク・リビア爆撃は、どうだろうか。これは、植民地とも関係ないし、勢力圏とも関係ないように見える。

 しかし、イラク爆撃(湾岸戦争後、フセイン政権を打倒する以前、限定的に空爆を加えていた)は、ソ連の崩壊と湾岸戦争の勝利によって世界を勢力圏に組み入れたはずなのに、イラクがそれに挑戦したことへの懲罰のようなものだった。リビア空爆は、直接には、西ドイツ(当時)で米海兵隊員を殺傷したテロ事件への報復としておこなわれたものだが、これもアメリカの世界支配というものに挑戦したリビアとの争いである。

 これを勢力圏争いというのは、少し現実味に欠けるかもしれない。しかし、少なくとも、価値観をめぐって優位性を争ったものだとはいえる。その観点で見ると、中ソ戦争は、国境をめぐる争いであると同時に、共産主義陣営内部の覇権争いという側面があったともいえるだろう。

 こうして見てくると、戦争の原因について、大事なことが分かるような気がする。(続)

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

3月9日、福島市音楽堂での「音楽のつどい」のこと

いや~~超左翼おじさん、風邪ひいてても「戦争の原因」について、書き続けるバイタリティーはすごいです。
「おいおい、人の事感心してないで、あなたも福島のこと書きなさい」 と言われちゃいました・・

fukushima14jpg.jpg


私は、イベントのたびに、いつもそうなんですけど、
「こんな大きな企画になるとは思っていなかった」と嬉しいけど、
なんですか、一種後悔の念のようなものに駆られます。

震災の年に、神戸でジャズヒケシのチャリティーライブを企画した時も、最初はね、
伊勢崎さんと、出来たらいいなあ、出来るかなあ~~と漠然と、雲を掴むような話をしていたのです。

それが盛り上がるうちに、どんどん話が「でかくなって」
一緒にやろう!と言ってくださる方が現れて、
会場のめどもついて・・・
気がつくと、「へ!こんなに大きな企画になってるやん!!誰が仕切るねん!?」
てなことに発展・・・・

幸い、私なんかより企画力も行動力も販売促進力もある方々に助けていただいて、乗り切ることができました。

今回の福島市音楽堂での「音楽のつどい」
これも、気がついたら「でかい話」になっていました。

いえ・・なんせ、毎度のことですが、お金がないんです。
企画に賛同くださった、著名な出演者に「交通費出たらラッキーと思ってね。」
なんていう実行委員は、私と超左翼おじさんくらいなもんでしょう・・・

昨年夏の時点では、「どこかの学校の体育館、貸してもらえないかなあ~~」と
話していたんです。3月11日直前の日曜日ですし、なかなか思うような場所は空いてなくて・・・

それが秋になって、一昨年知り合ったお医者さん経由で、
福島音楽堂が借りれるらしい、という話になったのです。
嬉しかったです~しかも思ったよりかなりお安い!!^^

すぐ手配していただきました。
わ~~い!やったね!
すごいじゃん!!

・・・・で、そこから、もっといろいろ考えなければいけないことや、
思ったよりも、お金がかかることをじわじわ~~っと知っていくことになったのでした・・

続く


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村





戦争の原因をめぐって・8

 ⑥の「勢力圏維持の戦争」はどうだろうか。ここでは、ソ連のチェコ侵略、アメリカのグレナダ侵略が事例としてあがっている。

 そのことに示されるように、戦後、世界がアメリカとソ連の勢力圏に分割されるなかで、その勢力圏から抜けだそうとする国を、支配者であるアメリカ、ソ連が攻撃したという事例である。しかし、ソ連が崩壊し、勢力圏を維持・拡大するため米ソ(ロ)が軍事力を使うという事態は、過去のものとなった(はずである)。

 ⑤の「国際的要素をもつ内戦」はどうだろう。ワイスバードがあげているのは、第二次大戦直後のギリシャをはじめ、内戦に米ソが介入するというものである。

 これも、「勢力圏維持の戦争」と本質的には同じである。ギリシャ内戦にしても、そのギリシャをどちらの勢力圏に組み入れるかが、米ソにとって大事な問題だったわけだ。そしてこれも、冷戦の崩壊によって過去のものとなった。

 ただしかし、これを現在の世界で考えると、どうなるだろうか。中国の台頭との関係である。

 中国は、いわゆる勢力圏のようなものを持っていない。イデオロギー的に中国の傘下に入る国などないから当然である。

 しかし中国は、西太平洋全域を勢力圏にするかのような動きをしている。この海域では、現在はアメリカが自由に軍事力を展開できる状況にあるが、その能力を阻止できるだけの軍事力構築を中国はめざしている。その点では、西太平洋の勢力圏争いとでも言うべき状況だ。これは懸念材料である。

 一方、中国の目標はそういうとことにあるから、その角度でみれば、尖閣は小さな問題のはずだ。尖閣を占領することにより、その周辺で軍事力を釘付けにしなければならない状況になると、目標とすべき西太平洋全域への軍事力拡大がおろそかになってしまう。そういう点では、尖閣をめぐる日中軍事衝突というのは、不測の事態としてはあり得るという程度にとどまるだろう。

 国際的要素をもつ内戦についても、この地域では、朝鮮半島と台湾海峡の問題がある。米ソの冷戦が終わったからといって、何も問題ないということはない。

 ただ、朝鮮半島についていうと、内戦が起きるにしても、北朝鮮を支援する国際的な動きはないだろう。だから、内戦が起きないで南北が統一するような努力はすべきだが、起きたとしても短期間のものにとどまると思われる。

 台湾海峡の問題は大事である。だから、別のところでまとめて論じる。(続)

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ポストちゃんって、あそこの病院以外を想像できないよね。

一話を見ていた娘チェリーへの私の一言は、
「なにオカルト見てるの?あんた怖がりのくせに。」
パッと見、そのくらい、画面がおどろおどろしてて、こわかったです。読売テレビの「明日ママがいない」

見る気になれず、私はそのままリビングから離れましたが・・・その時点ではポストちゃんの件やら児童福祉施設の描き方が変とか、気がつかなかったけれど、翌日から、いろんな方面から批判が出ているそうですね。

今までも、学園ドラマや医療系ドラマで「今時、そんな学校ないで。」という話はたくさんあったけど、暴力教師や悪徳医師の話だったらそれはまだ、面白おかしく、そして怖くても、OKだったと思う。批判されても、「表現の自由」で無視して放映しても構わなかったんだろうなと理解できます。

でも今回はかなりあかんように思います。

「ポストちゃん」というだけで、誰でも慈恵病院の赤ちゃんポストをイメージしてしまうわけで(それしか想像できない)、里親制度や養子縁組制度がやっと、軌道に乗りつつある今、なんで敢えてそういう表現しなきゃならんのか???理解できない。

でもさ、こうやって、話題になれば、やっぱ、そこそこ視聴率とるんだよね。CMで流すのを自粛する企業も出てきているみたいだけど、業界的には視聴率取れれば「勝ち」なんでしょうねえ。

でも、これでいい方向に向かうかもしれない。これほど、里親のことや児童養護施設のことを注目してもらえることはなかった。間違った捉え方をしているドラマに対して、はっきり「違う、本当はこんなところだよ」と発信することで、以前から偏見を持っていた人達も考え方を変えてくれるかもしれない。

わたしは、施設出身だと公表している有名人の方々や、関係者の方々を応援しています。
そして、ドラマが中止が無理でも、せめて、子供たちを傷つけたかもしれないという点にたって、謝罪はしてあげてほしいな。



にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

戦争の原因をめぐって・7

 ワイズバードが分類したタイプの戦争を見ると、いろいろなことが分かる。まず、こういうタイプの戦争はもう起こらないだろうというものが見えてくる。

 その筆頭は、②の「植民地独立戦争」である。これは、植民地が独立を達成し、ほとんどなくなったのだから、当然のことである。

 ③の「ポスト帝国戦争」というのも、いまでは考えられない。②は植民地から抜けだそうとする国と、支配をしてきた帝国主義国との戦争だが、③は帝国主義による植民地から脱した後で、そのことを起源とする原因で戦争になるものだ。しかし、植民地支配がなくなって何十年もたっているわけだから、何か戦争があっても、帝国主義による支配を直接の原因とする戦争とは言えないだろう。

 では、⑦の「新植民地戦争」というのは、どうだろうか。これは、西サハラと東チモールがあげられているように、現代の植民地独立戦争である。しかし、この連載ですでにのべたように、植民地は現在、16地域しか存在していない(世界の陸地面積の0.22%)。そのうち、少しでも名前を知られているのは、西サハラとニューカレドニアだけであり、戦争のようなことが起きるにしても、ほとんど世界の耳目を惹きつけることはないだろうと思われる。ましてや、日本周辺には植民地は存在していないので、戦争が起きたとしても、それが日本の平和と安全に影響してくるようなことはない(戦争が起きるのを心配していないということではない)。

 ①「古典的な侵略」は、これまではあった。例としてあげられているソ連のアフガン侵略もそうだし、あるいは1990年のイラクによるクウェート侵略もその代表例だろう。しかし、冷戦期と異なり、そのイラクの侵略が国連の安保理や総会で一致して糾弾されたことに見られるように、国連が対処するようになってから、この種の侵略は激減している。先日の記事で書いた国連の報告通りである。ゼロになるとまではいえないが、ほとんどなくなるだろうとは言える。中国の侵略性を強調している人だって、日本全土が中国に占領支配されるなどということを現実味をもって語っているわけではあるまい。

 ⑨の「自衛戦争」は、侵略戦争がなくなるなら、その対概念だから当然なくなっていく。④の「継続戦争」は、その複合的な性格から、⑧の「限定的な武力行使」は、その限定性がゆえに、なくなるとまでは言えない。
 問題は⑥の「勢力圏維持の戦争」と⑤の「国際的要素をもつ内戦」である。これはよく考察する必要がある。(続)


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

やっと、相馬に修学旅行

 伊勢崎賢治さんや蓮池透さん、池田香代子さんたちと行った、相馬の老舗旅館夕鶴に修学旅行生が泊まったそうで、テレビに出てた。女将、嬉しそうだった。(おきれいになられて!)震災からちょうど一年後に伺ったときは、女将は普段着で迎えて下さって、津波が玄関のすぐそばまで来ていたというお話を聞かせて下さった。
それからも一般客はほとんどおらず、火力発電所など復興関連の作業員の方々が泊まっておられます。
 でも、昨年はあでやかに着物で出てきて下さった。少し落ち着いた様子で、旅館の調度品が素敵ですねえ~と私が感心していると、その一つ一つを説明して下さった。素敵な品々が津波で持って行かれなくて、ホントに良かった。と一緒に明るく話していたのです。
 夕食の折、挨拶に来て下さったときは少し涙ぐまれてて…まだまだ、普通の運営には戻れていないこと、早く観光客をお迎えしたいこと、いろいろ・・お話しされてました。

 さて震災後相馬に修学旅行生が来るのは初めてだそうです。わたしは、昨年よりも、また少し明るくあでやかなお顔になった女将の姿が、ほんとに嬉しかったです。

神戸新聞より
20日からの修学旅行で福島県を訪れる吉川高校(兵庫県三木市吉川町渡瀬)の2年生らが、東日本大震災の被災者を励ますために千羽鶴を折った。励ましの言葉を手に写真を撮影。約600枚をつなぎ合わせ、計約800人が写るポスター3枚も作った。生徒は「阪神・淡路大震災で兵庫県も励まされた。お返しをしたい」と話す。(堀内達成)

 2年生約110人は4泊5日で、福島県相馬市などを訪問する。ごみ拾いのボランティアや地元小学校との交流のほか、被災者の話に耳を傾ける学習などを予定している。

 3クラスに2人ずついる修学旅行委員を中心に、昨年12月中旬から千羽鶴とポスター作りを開始。千羽鶴を折る輪は、他学年や教職員にも広がった。

 ポスター作りでは、生徒らが冬休みに家族や学校以外の友人にも声を掛けた。励ましの言葉をボードに書いて撮影してもらった。完成したポスターは縦約50センチ、横約75センチ。「がんばろう!」などの文字も入れた。

 5歳まで伊丹市に住み、家族が阪神・淡路大震災を経験した女子生徒(17)=三木市=は「家の壁にひびが入るなど大変だったと聞いた。全国から支援をもらった。今回は私たちの番だと思う」と話した。

 千羽鶴とポスターは、相馬市で交流する飯豊小学校や同市民会館などに渡す予定。


 一部左派からは、いろいろな批判も出てきそうではありますが、敢えて言いたい。先生方、良い企画を成功出来てホントに良かったです。ありがとうございます。
この修学旅行は、ただ「ボラティア」を学ばせるためだけの企画ではない、それなら敢えて相馬に来る必要は無かったはずです。偏見、風評被害、放射能の影響・・いろいろなことを子供たちはリアルに学ぶでしょう。

三月、女将に再会できる日が今から待ち遠しいです。


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


戦争の原因をめぐって・6

 冷戦の崩壊の前と後で、国家間の戦争が発生する頻度が劇的に変わったということを手がかりに、戦争の実例を取り上げてみたい。冷戦期にはどんな戦争が発生していただろうか。

 率直に言って、日本では、歴史家が個別の戦争(とりわけ第二次大戦)の原因について書いた著作は多いが、すべての戦争を対象にして、その原因を分析した著作はほとんど存在しないと言っていいだろう。戦後、戦争というものから遠ざかったから、その現実が反映しているとすれば、悪いことではなかったと思う。いま中国の台頭によって、それでは済まされなくなっているわけだ。

 一方、海外の本では、昔から、戦争の原因を実例をふまえて分析した本は少なくない。とりわけ、「第二次大戦後の諸国家の実行」という副題をもつマーク・ワイスバードの『武力の行使』(A. Mark Weisburd“USE OF FORCE  The Practice of States Since World War Ⅱ” The Pennsylvania State University Press)は、それなりに意味のある著作である。戦争の原因別というより、性格別の分類であるが、第2次大戦後、1992年までの(つまり冷戦期の)112の戦争をとりあげ、類型化してくれている。


 ワイスバードは、戦後の一一二の戦争を、以下のように九つに分類している。

①古典的な侵略
(第二次中東戦争やソ連のアフガン介入など)

②植民地独立戦争
(アルジェリアとかインドネシアとか多数)

③ポスト帝国戦争
(帝国主義の支配から脱したあとの戦争。朝鮮戦争など)

④継続戦争
(いくつかの性格の戦争が継続するもの。ベトナム戦争など)

⑤国際的要素をもつ内戦
(大戦直後のギリシャや中国、国連のコンゴ進駐など)

⑥勢力圏維持の戦争
(ソ連のチェコ等への、アメリカのグレナダ等への介入)

⑦新植民地戦争
(モロッコによる西サハラ、インドネシアによる東チモールの2つ)

⑧限定的な武力行使
(中印・中ソ戦争、アメリカのイラン・リビア爆撃など)

⑨自衛戦争
(実例はこれ以前の八つに含まれるので、独自のものはなし)

 なお、以上の分類から分かるように、すべての戦争を取り上げているわけではない。すぐに気づくのは純粋な内戦がないことであるが、それについてはあとで論じることにする。

 され、これらの事例から、何を導けるだろうか。どんな戦争が冷戦期に闘われ、冷戦後には終焉しつつあると言えるだろうか。(続)

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

原発即時ゼロなら五輪返上って、あんた・・

お玉です
何ですか、森元総理はこんなことを言われたそうで・・・

読売新聞より
2020年東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会の会長に就任する森元首相は、18日のテレビ東京の番組で、小泉元首相が訴えている「原発即時ゼロ」について、「6年先の五輪のためにはもっと電気が必要だ。今から(原発)ゼロなら、五輪を返上するしかなくなる。世界に対して迷惑をかける」と批判した。


すごいお話です。電気がいっぱいいるから、原発即時ゼロを公約にしちゃいけないと…
何の検討も根拠も示さず(示せず)いきなりの五輪返上論、「世界に迷惑がかかる原発即時ゼロ」と言い切っちゃてるよ・

そもそも、最悪な原発事故を経験して、そこからほど近い(そう、世界的に見たらむちゃくちゃそばにあるよね)東京で開催する五輪にも拘わらず、電気がいっぱいいるから原発は動かすでは、その方がむしろ、世界に申し訳がたたないでしょうに・・と私は思うんですけどねえ。即時ゼロが出来るかどうかはともかく、なるべく省エネなエコな五輪を目指してこそ、震災後の日本でやることの意味が産まれるんじゃないかなあ・・・・


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。