スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦争の原因をめぐって・5

 戦争の原因を探ろうとするいろいろな学説は、戦争というものが絶え間なく発生し、人間に厄災を与えてきたことを動機とする。これからも戦争がやむことはないだろうけれど、できるだけ発生を減らし、惨禍を食い止めたいという願いがから来ているわけである。

 しかし、よく指摘されているように、国家と国家が戦争するという事例は、最近、劇的に減っている。これも同じく指摘されているとおり、内戦は増加しているが、いま日本の人びとが心配するように、日本と中国が戦火をまみえるというようなかたちの戦争は、ほとんど発生していないのだ。

 そのことをリアルに示したのが、国連が2010年12月に発表した、「人間の安全保障報告2009/2010」であった。「人間の安全保障報告」は、それまでも何回か発表されたことはあるが、この報告の焦点は、戦争と平和の傾向がどうなっているかにあった。

 報告はまず、第二次大戦後に国家がかかわった武力紛争を、紛争当事者が誰であったかを基準にして、四つに分類した。①国家と国家による紛争、②植民地独立戦争(宗主国対植民地の人びと)、③国家と国内武装勢力との紛争(内戦)、④内戦に外国が介入した紛争、である。

 その上で、報告は、①と②を国際紛争だと定義する(③と④は内戦なので)。そして、この国際紛争が発生した数について、1950年代は毎年の平均が6・5件だったのが次第に減り続け、2000年から08年の平均では0・78件にまでなったことを明らかにしている。

 「なぜ国際紛争は劇的に減少したのか」──報告は、そのような見出しをたてて、原因を指摘している。そこであげられているのは、国連憲章のもとで戦争が禁止されたこと(安保理が認めた場合と自衛の場合を除いて)、植民地主義と冷戦が終わり、国際社会の緊張要因が取り除かれたこと、国際的な経済関係が密になり、戦争で資源を奪うより貿易で手に入れる方が安上がりになったこと、などを強調している。適切な解明である。

 なお、植民地がほとんど存在しなくなり、②のタイプの戦争がなくなるのは当然である。しかし、①に限ってみても、八〇年代は平均で三件であったから、大幅に減少していることに変わりはない。先ほど書いたように、日本で危惧されているのは、中国とか北朝鮮などの国家を相手にしたものだから、こうした変化には意味がある。

 ということで、いま重視しなければならないのは、「なぜ戦争は起きるのか」にくわえて、「なぜ戦争は減ってきたのか」ということである。このことは、第二次大戦後の戦争の実例を研究すれば、結論が導きだされるのではないか。私がいま書いている本の特徴のひとつは、そこにある。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

震災の日の出産

お玉です・・超左翼おじさんの順番ですが、阪神大震災から19年ということで、
今日は私が書いておきます・・・・
三年前の記事ですが、私にとっては大事な記事ですので、再送・・・



あすは息子の19回目の誕生日です。
そう、震災の翌日に神戸で生まれたのでした。
お玉ブログに以前書いたものですが、
この時期に思い出して再送します・・・

震災の日
 お玉はあのとき、ちょうど臨月、それも予定日を一週間以上もオーバーしておなかはぱんぱんでした・・
地震の揺れで張り出したおなかをさすりつつ、
中央区のかかりつけ産婦人科に電話すると、その時はちゃんと通じました。
でも当直ナースから
「カルテも何もかも散乱してしまって・・できればどこか病院を自力で探してください!!」
緊張感のある声でそう告げられ、
また、地元ラジオ局からの生々しい長田火災と被害を告げる様子に驚きつつ、なんとか北区の病院に入院することができました。
その病院もライフラインは復旧できず、ガスも水も止まった中での出産となりました。
でも、とにかく産む場所があるだけで、ありがたかった・・
 当時、マタニティー雑誌のママ記者などをしていて、理想の出産スタイルをいろいろ考えて自然分娩希望だったお玉でしたが、陣痛促進剤を使った計画分娩に変更しました。
ライフラインが止まり、交通事情が悪い中、緊急時に対応できない夜中の分娩は難しかったからです。
震災の翌日18日の午前・・無事出産。
お玉以外になんと、6人ほどが出産しました。
みんなよそからここへ移ってきた人たちです。
 お湯が沸かせないので、産湯はなく、ガーゼで拭いただけでしたので、生まれた息子は頭に血痕がついた、ちょっと痛々しい感じでしたが、何はともあれ、身が二つになってホッとしたのを覚えています。
 余震や火災や・・・とにかく何かあっても、子供抱いて走って逃げることができるからね・・・

 さて、その晩、だんだん状況が分かってくるにつれ、沢山の方が昨日の地震で亡くなったこと、
若い頃から親しんできた三宮や元町が壊滅的な被害にあったこと・・などを知りました。
心細くて、どうしようもなく、落ち着かないまま、ベッドに横になっていると、病棟のずっと向こうから歌声が聞こえてきました。

賛美歌でした。

キリスト教系列のその病院は、もともと有志によるコーラス隊があったそうで、その人たちがローソクを持って、各病棟を回っていたのでした。
不思議な感覚でした・・
今まで考えたことなかったけど、歌が心を「癒してくれる」とはこういうコトなのかな?そう思いました。

一緒にがんばろう・・うん、がんばろうね・・
そんな無言のやりとりをしたような・・
震災のあとの忘れられない思い出です。

 どこかで大きな地震があるたびに思います・・

あの被害を受けた街のどこかにいる
おなかの大きいおかあさんたち、大丈夫かな?
ちゃんと逃げられるかな?
生まれたての赤ちゃん・・大丈夫かな?
おむつやミルクちゃんと手に入るのかな?


にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

たかじんも好きですが、遥洋子さんも大好きなもので・・・



ちょっと時間があったので、こんなの作って遊んでみた…お玉超左翼専用ランキングポチッと・・・・

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

 たかじんが最後まで唯一連絡を取っていたのが、フェミニストでエッセイストで、右派論壇や右翼さんたちに嫌われていた遥洋子さんだった事がじんわりとうれしいのでした。
 昨年はとくに、遥洋子さんがテレビで辛辣に維新の会を批判していたのを感じていた。それが、昨秋以降、たかじんが「お前はもっというてええ」と彼女にエールを送っていたという話を聞くにつけ、わたしは「やっぱたかじん好きやなあ。」と実感してる。

 さて、先週の「そこまで言って委員会」。娘と一緒に見ていたけど、内容はいつもにも増して酷かったですね…あそこの話が世論かのような誘導はやっぱいやだよね。でも、見てる人も分かってると思うなあ。私が酷いという前に娘が「かあちゃん、この番組痛いなあ・・」といいました。
 前は痛いなりに面白かったけどね。どんなに無茶苦茶でも、例えば筆坂さんが出ているときは、彼にだけはじっくり話をさせるとか、そういうところも見受けられたんだけどねえ・・
 視聴率重視でやっていくうちにどんどん劣化したんだろうね。

 そうそう、いつだったか、超左翼おじさんがね、あの番組に出て、まともに話をさせてもらえる(というか論の立つ)左派系の人がいないんだよねえ・・と私が愚痴ったら、「僕が出たら絶対負けない」と言ってました。・・・そんな日が来るかもと、期待してましょう。^^

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

戦争の原因をめぐって・4

 戦争の原因について、「貧困」だとか「独裁」だとかが指摘されるという話を第1回目でしたが、その問題点を考えるうえでは、実際の戦争事例の分析が必要である。その点を探るために、まず、よく戦争の起こる中東地域のことを考えてみたい。この地域では、第2次大戦後、代表的なものだけでも、以下のような戦争が発生した。

 第一次中東戦争(1948年。イスラエルが独立宣言し、周辺アラブ諸国と戦争になる)
 第二次中東戦争(1956年。エジプトがスエズ運河国有化を宣言し、英仏が攻め入る)
 第三次中東戦争(1967年。ゲリラ掃討を名目にイスラエルが周辺諸国に全面侵攻した)
 第四次中東戦争(1973年。アラブ側が奇襲したが、イスラエルに敗北する)
 イラク・イラン戦争(1980-88年。国境紛争が名目だが、イラン革命を牽制する目的もあった)
 クウェート侵攻(1990年。イラクが国境紛争を名目に全面占領)
 湾岸戦争(1991年。国連決議にもとづき多国籍軍がイラクをクウェートから排除)
 そして、現在、私たちが目撃している戦争へとつづくことになる。アフガニスタン、イラクにおけるアメリカの戦争である。

 こうやって、具体的に考えてみればわかるのだが、少なくとも中東の戦争をふり返ると、「貧しいから戦争したのだ」と思わせるような事例は存在しない。あるいは、4次にわたる中東戦争をみて、その原因が、イスラエルは民主主義国なのに、アラブ諸国が民主化されていないから戦争になったのだという人も、おそらくいないと思う。

 もちろん、背景にはそういうものがあるのだといわれれば、そういうこともあるかもしれない。しかし、たとえば大学の入試で、これらの戦争の原因を尋ねられたとして、「貧困」「独裁」と答えれば、おそらく合格点には達しないだろう。

 大学入試で書かれなければならないのは、少なくとも4次にわたる中東戦争の遠因としては、イギリスが第一次大戦で有利な立場に立つために、バルフォア宣言でユダヤ人にもアラブ人にもいい顔をして、それがイスラエル国家の建設につながったことである。あるいは、先ほど紹介したレーニンが暴露した秘密文書のなかに、イギリス、フランス、ロシアが中東の地を分割するサイクス・ピコ協定があったわけだが、そういう大国による勢力圏思想も欠かすことのできない答えである。こうして人為的につくられた対立が、イスラエルの国家建設とか、エジプトによるスエズ運河の国有化などをきっかけにして、武力紛争に発展するのである。

 ところが、一般的に戦争の原因を問われると、「貧困」だとか「独裁」だとか、そんな答えをしてしまう風潮が、私たちの周りには存在する。理由は分からないのだが、戦争の原因を論じる世界では、戦争とか平和とかいうものが、きわめて抽象化されて思考されているように思えてならない。(続)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


3.09福島で音楽のつどいをやります。

お玉です
今年も福島へ行きます。
震災後、毎年あちらでお世話になって、講演会やシンポジウムをやってきましたが、今年は3月9日は福島で子育て中のご家族と一緒に音楽のつどいをすることになりました。

メンバーが際立って!マニアックに豪華!!です。
このチラシご覧ください。一部ではZABADAKのコンサート。
二部は池田香代子さんと福島市渡利で子育て中のご夫婦とのトーク・・・
そして三部は伊勢﨑賢治さんと福島高校ジャズ研究部とのセッション、そして大阪大学物理学教授の菊池誠さんによりテルミン演奏、で、ここに安斎育郎先生がトークで出演・・・・

余りに盛りだくさんすぎて、時間内に収まるのか不安です・・・・・・・・・司会はお玉がするらしい・・・・・・・・・・余りにも不安だ!!
友人たちからは、この手のイベントにメインで使える人材をこれほど集めて贅沢過ぎろう!と言われております。
このイベントの翌日からバスで南相馬まで向かいます・・・このバスツアーにも池田さんや伊勢﨑さん菊地さんが同行予定。行きたいな〜〜と思われる方はこちらまでお電話にてお問い合わせください。

たびせん・つなぐ 電話 03−5577−6300
お玉ブログを見た、といっても安くはなりません・・あしからず・・・

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


fukushima14jpg.jpg

戦争の原因をめぐって・3

(超左翼)

 前回書いたように、レーニンの考えに対する支持は長続きしなかった。そこにはふたつの要因がある。

 ひとつは、資本主義というものが戦争に訴える本質をもっているという見解は、社会主義は戦争を欲しないという考え方と対をなしていたわけだが、そのうちの後者がもろくもくずれたからである。この見解は、1956年のソ連によるハンガリー動乱ではやくもつまずき、68年のチェコスロバキア侵略によって、ほとんど相手にされなくなる。

 しかし、資本主義か社会主義かは別にして、ある国家が戦争にふみだす場合、経済的な利益追求が原因になる場合があるということは、いまでも否定されるものではない。アメリカがこの間やってきた中東での戦争も、やはりこの地域が世界経済に重大な影響をあたえる石油産地であるという事情を抜かしてしまうと、正確さを欠くことになろう。

 もうひとつ、『帝国主義論』の見地が支持されなくなった理由がある。それは、植民地を奪おうとしても、それが難しくなったからである。

 『帝国主義論』には、世界を植民地かどうかに区分した表が掲載されている。それによると、世界の陸地のうち植民地の面積は60・8%ということになる(本国である宗主国も含む)。中国などレーニンが「半植民地」に分類したものを含めると、じつに79%である。当時、本当に、世界中が植民地化されていたのである。

 けれども、現在、植民地はほとんど存在していない。国連による統計を計算すると、植民地(国連は「非自治地域」という名称をあたえている)はわずか16地域にすぎず、その総面積は、世界の陸地面積わずか0・22%に過ぎないのである。

 これは、植民地に住んでいた人びとが、みずからの独立闘争によって、植民地であることを拒否した結果である。この経過は、どうしたら戦争がなくせるかという問題の答えを示唆していて興味深いのだが、いずれにせよ帝国主義による植民地争奪戦争という概念が過去のものとなった事実は変わらない。

 では、この理論に代わって、何を戦争の原因と考えるべきか。この点の検討が必要である。(続)
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

やしきたかじんさん、お疲れさんでした。

お玉です
今朝はたかじんがなくなったということで、関西のテレビはどこも追悼番組を組んでいます。
お玉は20年以上前からのファン。

 ネット仲間からは嫌われているあの、右派系番組「たかじんのそこまで言って委員会」は腹の立つことも多かったけど、でも、結構真理もついていたと思う。けさ、辛坊キャスターが「あの右寄りな番組が成立していたのは、たかじんさんが実はリベラルな人で、彼がまとめるから持っていた」という内容の話をしていたけど、わかるなあと思う。ここを読んでくれてるみんなは「お玉、甘ちゃん」と思ってるかもしれないけど、実際、あそこに出演していた右、左いずれの言論人からも慕われていたところからも、うかがえると思うんだ。

何年も前、当時、ロスジェネ(かもがわ出版)の編集長だった浅尾大輔さんがあの番組に出た時、みんなハラハラしていたけど、意外なほど好意的で、いつもは辛口な右派のおっちゃん、おばちゃんが、たかじんに乗せられて、褒めまくっていたのを思い出します。


今日は、お玉の大好きだった「東京」を貼り付けて、夜もお酒を飲みながらカラオケ追悼・・
昨年秋、古いブログ仲間の民主党山口県会議員、とくらたかこさんと共にカラオケスナックでマスターのギター伴奏で歌ったのが懐かしく思い出される。うう・・・・・
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


戦争の原因をめぐって・2

(超左翼)

 戦争の原因ということで忘れてならないのは、レーニンの解明である。もちろん、有名な『帝国主義論』のことだ。数年前、日本人による本格的な戦略論の教科書として出版された分厚い『戦略原論』でも、レーニンのことに2ページほど使っていた。立場は別にして、それだけ大きな影響を与えた著作であった。

 この本は、レーニンが体験した第一次世界大戦について、その原因を分析したものである。一言でいえば、レーニンは、第一次世界大戦を、帝国主義国による植民地の再分割戦争だと位置づけたのである。

 イギリスやフランスなど、早くから資本主義になった国々は、資本主義を発達させるために必要な資源を求めて、アフリカやアジアなどに進出していった。その過程で、これらの地域を植民地としていく。一方、ドイツなど後発の資本主義国も、相次いで海外に乗り出すようになる。こうして二〇世紀を前後するころには、世界中が植民地化されることになってしまう。それでも資本主義国の野望はおさまることがなく、他の国の植民地を「自分によこせ」と求めるようになる。そのためには軍事力の行使も辞さなくなる。それまでも植民地の人びとに対しては軍事力を行使していたわけだが、こんどは資本主義国同士で、植民地を奪い合うための戦争がはじまる。

 こうして第一次大戦が起こったというのが、雑ぱくな整理にしかすぎないけれども、レーニンの見解であった。資本主義が発達し、軍事力で他国の領土を奪おうとする発達段階になったということで、それが「帝国主義」とよばれたわけである。

 なお、戦争の原因をそこに求めたレーニンは、戦争をなくす戦略として、帝国主義の打倒をかかげた。そして、帝国主義のロシア政府を打倒し、第一次大戦から離脱することになる。政権をとったレーニンが旧政府の文書を調べてみたら、他の帝国主義の政府とのあいだで領土の分割方法を定めた秘密文書がみつかり、帝国主義というものの実態が、まさに『帝国主義論』が描いた通りのものであることが、世界に暴露されることになった。

 この経過にもみられるように、レーニンの見解は、第一次大戦の原因をかなり正確にいいあてていた。一方、第二次大戦は、ファシズム対民主主義の戦争という側面があったので、『帝国主義論』だけでは説明しきれなかった。だが、膨大な植民地を領有するイギリスやフランス、あるいはアメリカに対し、ドイツや日本などが戦争をしかけたという面では、なお『帝国主義論』の有効性は疑われるまでには至らなかったのである。

 その結果、社会主義者かどうかにかかわらず、戦争の原因を資本主義による利益への衝動に求める見解が、戦後の一時期、かなり流行した。レーニンは、『帝国主義論』では第一次大戦の原因をのべたのであって、あとでのべるように、他にも戦争の原因があることを明確にしているのだが、『帝国主義論』の記述が一般法則のようにあつかわれることになったのである。

 ただ、それは長続きしなかった。(続)

戦争ってどうして起こるの?2

お玉です。
子供にわかるように戦争はなぜ起こるかを説明するという難しいことに果敢に挑戦したんですけど、(・・いやそれをしたのは、コメンターの皆さんか)超左翼おじさんの言うとおり、お玉は手近な「貧乏」というテーマから入ったんだよね。独裁者が戦争を起こすってのもわかるけど、それこそ、なんでかなあと思える。アメリカが戦争するのは国益??のためかなあ。でも、国益のためならなんで、国民殺してお金使って、最終的に儲からないと思えることをやってしまうのか、よく理解できないなあ。ちいちゃな島の利権がらみで喧嘩しているうちらの国だって、こんなしょうもないことで戦争になると思いたくないけど、「しんぱい」になる。
ちゅうことで、一応5年前の続きも天気しておきます。この記事には、右派、左派いずれからも、一生懸命なコメントがたくさん届いていたんで、それも次回紹介しようかな。


戦争が好きな人なんて本当はいないはず・・好戦的だとか攻撃的だとか・・・そういうことではなく、人を傷つけること殺すこと、そして自分が殺されてしまうことが好きな人なんて本当はいないはず・・・・
タマちゃん「おばさん、じゃあなんで、戦争って起きちゃうの?みんな戦争ってきらいなんでしょう??なのにどうして、どういう時に戦争って起きちゃうのかな?戦争をする時の大人の人の気持ってどんな風なんだろう??」
お玉「そうだよね・・戦争したらダメですよっていう大人は沢山いるけれど、でも昔からず~~っと、世界中のどこかで戦争は起ってる・・紛争っていう名の戦争も起ってる・・・」
タマちゃん「どういうお気持ちで戦争って起しちゃうんだろうね・・」
お玉「むずかしいよね。例えばタマちゃんはお友達が持っている、とびきりすてきな世界に1つしかないお人形をどうしても欲しくなったらどうするかな?」
タマちゃん「う~~ん、世界に一個しかないんだったら、がまんする」
お玉「そうだよね、おばさんもそうする・・・では家に食べる物がなくて・・・でもお友達の家にはいっぱいの食べ物があってね・・・・どうしてもどうしてもひもじくて、死んでしまいそうで・・そんなときどうする?」
タマちゃん「お友達にお願いして食べ物を分けてもらう」
お玉「もしも・・どんなにお願いしても、分けてくれなかったら?」
タマちゃん「う~~ん・・・・」
お玉「むずかしいね・・・・・じゃあほかの話ね・・・例えばある場所(A国)の人がお隣の場所、B国の方がなんだか日当たりがよくて、いろんな植物が生えていて、すてきだな~~って思ってね。それでA国には、なんでだか食べる物が全然育たないのね・・みんなお腹を減らして、死んでいく人までいるの・・・・
 でもその代わり、A国にはとっても喧嘩の強い勇ましい人がいてね。ある時B国にあそびにいったついでに、その人は「A国のために食べ物を分けてくれ」ってお願いするんだけれど・・・・A国 の人のために分けちゃうと、今度はB国の人の分が足りなくなってみんながお腹がすいてしまうの・・・・だからB国の人は「嫌だ」って答えたのね・・・それでA国のその強い人がB国で暴れて、脅かして、そうしてA国のみんなでB国に居座っちゃうの・・・・それでね・・・そのせいでそこにいられなくなっちゃったB国の人は、国を出て行ってしまうのね・・・」
タマちゃん「それって戦争なの?なんでB国の人は食べ物を分けて上げないの?どうしてA国の人は暴れないで、もっとお願いしてみなかったの??」
お玉「おばさんもそう思うけれどね・・ヒョッとしたら、もっと時間をかけてねばり強くお願いしたら、B国の人は食物を分けてくれたかもしれないし・・・もっとほかの国に助けを求めることも出来たかも知れないよね・・・」
タマちゃん「うん、もっといろんな人にたすけてって言えばいいのにね」
お玉「それとね、この追い出されたB国の人は、それから何十年何百年たっても、昔のA国の理不尽さを覚えていて、仕返しに来るかも知れないよね・・・・・その時はA国はそんな昔のこと、忘れ去ってしまっていて、自分たちは何も悪いコトしていないのに、どうして攻められねばならないの??って思うかも知れない。こうなってくると一体誰が本当に悪いのかなんてわかんなくなっちゃうでしょう?」
タマちゃん「お玉おばさん、そのお話はわからなくもないけれど、でも戦争をするのはいけないことなんでしょう?どうしたら戦争っておこらなくなるの?」
####コメント欄へ書こうと思ってくださる方々へ・・
どうして戦争はおこるのでしょうか・・そしてどうしたら戦争っておこらなくなるのでしょうか・・・持論展開ではなく、そして、単なるお花畑ではなく・・・小学4年生、タマちゃんにわかるように書いてくださいね。などと、お玉自身がご覧のような稚拙な説明しかできなかったのに、みんなに聞くのもどうかとは思うけどさ・・・・
目線は小学校4年の子にわかるように。
けっして怖いお兄さん、おじさんが難しい言葉を使って長文を書いたりなさいませんように・・・(それならもっと違う設定でこの話書くんだから)

戦争の原因をめぐって・1

(超左翼)

 そうですねえ。なぜ戦争は起きるのかをめぐって、お玉さんとブログで応酬したのは、もう5年も前なんですね。時が経つのは早いです。その分、年をとりました。うう。

 あのときはびっくりしました。だって、お玉さん、戦争の原因は貧しさじゃないかって、そういうところから議論を始めたんですから。

 もちろん、貧しい国と戦争する国が重なり合っているのは、動かしがたい事実です。アジアではアフガニスタンとか、アフリカではソマリアとか、世界の最貧国(後発開発途上国)の名前を思い出せば、そう思ってしまうのは当然かもしれません。

 国連自身が同じことを考え、開発途上国を富ませることによって、戦争を防ごうとしたのも事実です。マクドナルドが出店するくらい豊かになれば戦争しないなんてことが、まことしやかに言われた時期もありました。

 だけど、貧しい国でも、戦争していない国もたくさんあるんですよ。ブータンとかね。だから、貧しいから戦争するというのは、事実と異なる。

 それに、国連が開発を援助して、少し富が増えても、戦争がなくならない国も少なくなかった。それどころか、富めるものと貧しいものの格差が拡大するような援助の仕方をしてしまって、国内対立が激化し、かえって戦争が長引いた国もありました。

 一番の問題はアメリカでしょ。世界でもっとも豊かなアメリカが、世界でもっとも多く戦争しているわけです。貧しい国は戦争するという「理論」の正反対の現実があるわけで、それを説明できないのでは本質的に欠陥があると言わざるを得ないんです。

 まあ、戦争の原因ということでは、それ以外にも、いろいろな「理論」があります。独裁原因説とかね。これは、第二次大戦で、独裁国だった日本、ドイツ、イタリアなどが戦争した事実を説明できるし、いまでも最有力な考え方です。

 だけど、これも、民主主義国であるアメリカが戦争する現実との間で、矛盾があるわけです。その矛盾を説明するために、この「理論」は、人権を大切にする民主主義国だから、人権を蹂躙する後進国をやっつけるためには戦争するのだということにするんです。だから、民主主義国は戦争しないというのではなく、民主主義国「同士」は戦争しないという「理論」になるんですけどね。

 難しい問題です。これから少しの間、書いていきます。(続)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。